デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


ひらめきの月曜日
 
山手線の売店員さんおすすめお菓子調査


 

  なんとなく口がさみしかったり、ちょっと小腹が空いたりしたとき、駅の売店でお菓子でも買おうと思うことがある。何がいいかな、と陳列された商品を見るのだが、なかなか決められないことが多い。

 それはきっと、駅の売店ならではの密集した陳列に圧倒されているからだと思う。狭いスペースにこれでもかと並べられた数々のお菓子たち。

 うーん、どれがいいのか決められない。ならば、店員さんにおすすめのお菓子を聞いてみればいいのではないか。というわけで、山手線を一周して、おすすめお菓子を買ってみました。

小野法師丸



レコメンドお菓子求めてキオスク巡り

  世の中に物を売る店は数あれど、駅の売店というのはその中でも圧縮度が高い店だと思う。


ちょっとした城だ
規則正しさが美しくもある

 限られた広さの中に多種多様な商品が凝縮。段々と積み上げられたスポーツ新聞には、様式美のようなものも感じられるのではないか。

 そんな売店の中でも、特に整然としているのがお菓子のコーナー。キラキラと輝くお菓子たちがずらっと並んでいて、どれにしたらいいのかわからない。

 普通のスーパーにはこれ以上の品揃えがあるだろうが、スペースに余裕があるためか駅の売店のようには圧倒されない。小さいところにギュッとなっているのがクラクラさせるのだ。


下半分が結構こわそうな顔に見える山手線

 どうしよう、何か買いたいけどどうしたらいいのかわからない。今回は山手線の各駅を回って、店員さんにおすすめのお菓子を聞いて買うことにしてみる。


そもそもそんな質問して答えてくれるんだろうか

 まずやってきたのは秋葉原駅。しかし、今回この調査をしてみるに当たって、心配なことがあった。駅の売店員さんにこんな質問をして、教えてくれるんだろうか。


最近買ってないなー

 やや心配しながら聞いてみたところ、「そうですね、おすすめはポッキーです!」と明るくサクッと答えてくれた。

 定番ながら、そう言えば最近買ったことはなかったポッキー。嫌いだという人があんまりいないお菓子だとも思う。この手の定番お菓子系はおすすめ品として手堅いところだろう。



 山手線は29駅あるのでどんどん見ていこう。続いては神田駅、なのだが…。


あれ、閉まってる
週末は休みなのか!

 売店はホームにあったのだが、取材した土曜日は休業日。駅の利用者数などにも関連しているのだろう、なんとなくいつでもやっているというイメージをもっていた駅売店だが、ちゃんと休みはあるものなのだ。



東京駅は営業中
定番お菓子の別バージョン

 続いての東京駅の売店は元気に営業中。ここでもおすすめを聞くと、すぐに「キットカットのバナナ味が新製品ですよ」と教えてくれた。

 なるほど、新製品をおすすめとするパターンか。言われてみれば確かに気になる。逆に、言われなかったら手が伸びなかったような気もする。


でかいの1本タイプなんだね

 袋の中には予想以上に黄色く、大きなキットカットが1本。味や香りも確かにバナナ。形状といい、食感こそ違えどバナナを食べてるような気分にもなった。



ビックカメラに寄るのは我慢しました
今回屈指のでかさ

 有楽町駅でおすすめしてもらったのは袋入りのミニドーナツ。「これなんか大きくってお得よ」と推してくれたのだ。

 定番性や新製品という基準ではなく、でかさ。確かに結構な大きさの袋にたっぷり入って、105円というコストパフォーマンスは高い。店員さんもおなかが空いていたのだろうか。

 自分でもお菓子を買うときには量を意識しがちなので、このリコメンドには共感を覚える。切符や線路など、電車を意識したパッケージも駅の売店っぽさを感じさせていい。



(キオスクなしのため通過)



男性の店員さんは少数派
なんだこれ

 続いての浜松町は店員さんが男性だった。今回の調査で男性店員だった駅はわずかに2駅。お菓子のおすすめというと、どちらかと言うと女性店員の得意分野という気がするのだが…。

 と思って聞いたところ、実になめらかにいくつかの品をおすすめしてくれた。今回最も流暢に教えてくれたという、先入観からすると意外な結果になった。

 複数のおすすめの中から、選んでみたのは「おからだから」というお菓子。新製品中心の店員さんチョイスの中でも、一番謎を感じたからだ。


これはうまいよ

 おからを使ったクッキーであるらしい。食べてみる。……なんだこれは、ものすごく濃厚な味わいだ。カントリーマームを5倍くらいしっとりさせた生地から、ジュワッとバターや甘さがしみ出てくる感じ。

 これはおいしい。やはりこれもおすすめされなかったら買わなかったであろうお菓子だが、いいものを教えてもらったという気になった。さて、どんどこ行きましょう。


つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation