デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


フェティッシュの火曜日
 
ハンズは庶民に仮面舞踏会マスクを開放する


ハンズ渋谷店を一番上から一番下まで全部見ていったら何時間かかるでしょうか?

当サイトデイリーポータルZではへんなものを作ることが多く、よく東急ハンズにお世話になっている。

そんな折、ハンズの人が渋谷店を案内してくれるらしいから行こうと誘われた。

ガイド付きハンズツアーだ。なじみ深いお店でもちがったものが見られるにちがいない。

今日はそんなハンズツアーでひろったハンズコネタ(※)を中心にお送りします。

※念のためですが、ハンズコネタといっても公式なもんでなくて、聞いた話とか、おっ、と思ったこととかを勝手に書いてます

大北 栄人



渋谷店はほぼ本店

最初に副店長の青木さんに渋谷店全体の概要を聞かせてもらった。

ハンズには本店という形態がなくて、でも一般的にはこの渋谷店が本店のような感覚。

渋谷店自体は昭和53年にオープンして商品数は約110,000点。これは東京ドームを1点とすると、なんと東京ドームが110,000個入ることになる驚くべき数字だ。


「やってみたかった」以外のなにものでもないグラフ

話をこじらせてすいません

青木さんの話では「渋谷のはじっこにある立地も、渋谷の縁側にあると思っている」というのもおもしろかった。縁側の暖かいところでなんか作ってるイメージだそうだ。おお、なんとピースフルな。


話が終わるやいなや、それよりこのカメラがすごいんだ、と私物を見せてくれる副店長。モノが、モノが好きすぎる…とびっくりした。

 

ということで回ります

一番上から案内してもらったので順に見ていくが、このハンズ渋谷店は7B〜B2Cまで24フロアある。もう、端折るとこは端折っていってどんどんいく。

 

7F
6F
5F
4F
3F
2F
1F
B1F
B2F

7Fから順番にみる  >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation