デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


ロマンの木曜日
 
世界一長い髪はどれくらい大変か


 

テレビで世界のびっくり人間特集なんかをやると、世界一長い髪の人が必ず出てくる。 そして長いが故に大変なことになってる生活も放送される。

単純にうわー生活大変そうだなーと思う一方、 長い髪の人はだいたい日本社会とはだいぶ違う国の人だったりするので、 日本だったらどういう生活になるのかとも思う。もっと大変or楽なのか。

世界一長い髪のカツラを作って体験してみよう。

小柳 健次郎



世界一長い髪は6.2m

そもそも世界一髪の長い人は一体どれくらい長いのか。 調べてみると、ギネス記録保持者はベトナムの男性で6.2mもあるそうだ。 これはキリンの身長よりも長い。


これぐらい。

こんなふうに垂直に固めればキリンを超える高さになるわけだからやっぱり尋常ではない。 そりゃ生活大変だって。

ちなみにその男性、実はつい先日お亡くなりになったそうだ。 しかもその時点で6.8mとさらに伸びいたそうだが、そこまでやろうとすると後で泣きそうなので、 ギネス認定の6.2mを目指すことにします。

 

6mのカツラ職人

目指す長さが分かったところでカツラ作り。 とはいえカツラの正しい作り方なんて知らないので手探り状態である。とりあえず髪は毛糸でいいだろうということで 毛糸玉を買ってきた。


大量に仕入れなきゃ!と勇んで買いに行き予想外の高さに怯んで2個だけ購入。
好ましくない物まで写り込むほど引いて撮影してようやく3m。

 

6mは長いよ

部屋の中でメジャーを3m伸ばしてみて、6mというのは相当長いことをかなり実感する。 いま住んでる部屋の倍あるのだ。もし世界一長い髪の人とルームシェアしてたら ジャマでジャマでしょうがなかっただろう。


なので毛糸を折り返して計る。

折り返して計るとちょうど6m。ギネス記録は6.2mだから20cm足りないわけだが、計ってると毛糸がふにゃっとなってしまう誤差にその20cmは含むことにします。

計ったら毛先を合わせ一本の糸にして、
他の糸と合わせていく。

これを毛糸尽きるまで繰り返します。
まるで畑仕事。

毛糸玉一つでこれだけ。

 

突然ですがここで間違い探しです

毛糸玉一個で出来た量の少なさに驚いたが、実はいままでの写真の中で重大な間違いがありました。それはどこでしょう。


はいここー!

ここで糸の端を合わせて一本の糸にしてたけどそれだと3mしかありません。

なんてわざわざ言う必要もないほど当たり前のことだが、恐ろしいことにこの時の自分は何の疑問持たず 6mの糸を半分にして一本の糸にしちゃってたのだ。しかも最後まで。気づいたときにはさすがにびっくりしました。自分に。


そして慌てて解こうとして絡む。
やっぱり泥沼に。

このままでは毛糸玉一個(642円)がムダになる!そう慌てて糸を解こうとしたら案の定絡んだ。もうこれが自然現象であるかのごとく解こうとすればするほど絡んでいく。

それでいて絡ませようとしたら解けたりせず余計に絡むから世の中矛盾だらけだ。


絡んだ糸と格闘中。

結局あきらめてもう一個の毛糸玉だけで髪の毛を作る作業を続けることにしました。

全然長さが違う。

つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation