デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ

土曜ワイド工場
 
ローテンション・ラーメン作り


とある寒い日、仕事も終わらず、買い出しに行く気にもならず、冷蔵庫をのぞいた時であった。
あったのは、豚ひき肉。
野菜は、ネギだけ。あとは乾物の、ソーメン。
「ラーメン食べたい…」と思っていたので、その材料で、似たようなものを作った。肉入りにゅうめん、みたいなものを。
これが、意外と美味しかった。
「むむ、ラーメンには、うまみ調味料が大量に入っているらしいけど…、これに、うま調入れたら、結構ハイテンションな、よりラーメンに近い『ほぼラーメン』が作れるんじゃない? 家で作れる、テキトーなラーメンって、ステキじゃない!?」
と、ふと考えてみたのだが…。

大塚 幸代



ひき肉とうまみ調味料など購入。今回は、鳥ダシも作ろうと思って、鶏皮も買ってきた。

参考資料、ご家庭用ラーメンの袋のスープの材料表示。醤油、豚脂、塩、砂糖、野菜、うま調…なら用意したので、簡易版でやってみる。

まずはポークエキスと豚脂だ。小鍋にテキトーな量のひき肉を入れ、煮る。野菜エキスを出すために、ネギの青い部分も一緒に入れてみた。

15分ほど煮て、脂の浮いたスープに、塩、砂糖、醤油、ついでに日本酒をたらし、煮て、スープ完成。

麺は中華麺を使用した。

見かけ的には、かなりラーメンっぽいのだが。
今回は、自分の舌があんまり自信がなかったので、食いしん坊の友人・Aさんに試食に来てもらっていた。

……どうでしょう。ラーメンっぽくない? 豚しょうゆ味。
「まあ、食べられなくないし、そこそこ美味しいけど、ラーメンじゃないねえ。和風な味がする」
うわ、日本酒がいけなかったのかな。中華風にするのってどうしたらいいんだろ。
「でもラーメンって、中華じゃないし、ルールあんまりない食べ物だけどねえ」
そうね。
「これ、スープの味がローテンションなんだよね。中華麺より、にゅうめん入れたほうが合う気がする」
そうか。こんなに脂が浮いてるのになあ…。


では、ハイテンションにするために、うまみ調味料を入れてみよう。
うま調使用はラーメン業界では常識らしく、『ラーメンバンク』という専門誌もあるくらいだ。

どうかしら。
「味がまるくなったかな…?」
確かに、うま調入れるとハイテンションーになるー! ってイメージだったけど、むしろこう、まあまあまあ、と、無理矢理まとめたような味になるねえ。
「まとまったよねえ。食べやすくはなったけど、粉入れるところを目で見ちゃうと、少々萎えるね…」
でも、確実に、普段食べてるものに、たくさん入ってると思うけどね。
「んー、気持ちの問題かねえ」


人工的にダブルスープも作ろうと思って、カツオ風味のほんだしもぶっこむ。

どうでしょう、これ。
「かつお、強過ぎだね」
多く入れ過ぎたかな。スープ足したんだけど。確かにねえ、ほんだしって味強いのよ、妙に。
「何を入れても、ほんだし味になるよね」
もっと味の濃いもののペースには、便利なんだけどね。スープでも、味噌あじとか…。
「まあ、私はどっちにしても、Wスープって好きじゃないんだけどね。肉なら肉、魚なら魚の味が好き!」
え、そうなの!?


安い鶏皮から鶏油を作って、塩を足し、超シンプルな鶏そばも作ってみた。

見かけはわりと完璧なんだけどなあ。

どうですかね。私はけっこうイケると思いますけどね。素直な鶏のスープが。
「美味しいけど、正月みたいな味がしますね」
んー、鳥ダシのお雑煮と、素材が煮てるからかなあ。
「これも、素朴な味だから、麺が中華麺じゃないほうがいい気がする。細い中華麺か、にゅうめんだなあ。もしくはゴハン」
ゴハン入れたら雑炊になっちゃうじゃない。雑炊にしたら、普通にうまいと思うけど。


お約束、こちらも、うま調を入れてみた。

「やっぱり、まとまった味になるねえ。ガツンとした味にはならないけど」
まるい味だなあ。でも、この構成だと、入れなくていいかな…。
「そうね。ま、豚も鳥も、両方とも、食べられるけど、ラーメンとは別の料理だねえ」
ラーメン、味にこだわらなければ、簡単に作れると思ったんだけどなあ。
「いや、家で作る価値はあると思うよ。ラーメン苦手な人でも食べられそうだし。ローテンション・ラーメン、とでも名前付けとけば?」
ローテンション…すか。


豚+鳥のラーメンも作ってみた。味が広がって、結構美味しかった。

ハイテンションになれなかった

そんなわけで、うまみ調味料でハイテンション味にすることが出来なかったし、
友人にはイマイチ不評のまま、試食会は終わったのだが、なにげに自分では気にいっている。
少なくとも、家で作る袋入りラーメンよりは、個人的には好き…だ。添加物が入ってないせいだろうか、ボヤーッとした味が、なんというか、安心するのだ。
プロのラーメン屋さんにかなうワケがない。でも「もどき」なら作れる。作れるぞ。
興味ある方は、作ってみてください。レッツ・ローテンション!!


 
 

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation