デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


フェティッシュの火曜日
 
ケーキのロウソクはなんでもいいわけじゃない


お祝いのケーキにはロウソクが付きものだ。しかし同じロウソクだからといって、どんな種類のものでも構わないというわけではない。このあたりについて再確認していきたい。

櫻田 智也



標準的なロウソクの場合

というわけで、お誕生日を再現すべくケーキを買いにいったのだが、わたくしの財布の中身の事情等あり、おもいのほか誕生日っぽくないケーキになってしまったことを予めお詫びいたします。


イチゴが入っていることがせめてもの抵抗

それでも偉いのは、例のロウソクを立てることで、やっぱりお祝いっぽくなるということだ。


「なってない」とか言わないように

絶対ひとりでやってるパーティーだな、これ。まあ、それはいい。
ところでケーキを買って「ロウソクをください」といったら、『無料のネームプレートも付けますか?』と訊かれたので、付けてもらった。


実際の誕生日はとっくに過ぎてます

自分の名前を書いてもらったのだが、店員さんに「ぼくの名前です」と告げたわけではない。ロウソクを5本もらったから、5歳のともやくんのお誕生日だと考えたにちがいない。「お祝いのわりに小さいケーキだな」と、セコい大人に思われてはいないだろうか。また余計な心配事が増えた。

さて、ケーキには上のようなカラフルで螺旋状になっている比較的小さいロウソクが定番なわけだが、誤ってそれ以外のロウソクを使ってしまった場合についてみていきたい。

 

その1 ロウソクが白い


好きだったもんね、甘いもの

これはダメだ。悲しい事情がありそうでダメだ。
「お誕生日おめでとう」ではなく「ありがとうご先祖さま」だ。


神妙

部屋を暗くした際が神妙すぎる。要合掌だ。誕生日なのに。
こうなると盛り上がるパーティーも盛り上がらない。さんざん昔話をしたあとに、「いやね、しんみりしちゃって。泣いたらなんだかお腹すいちゃった。お寿司でもとろっか」みたいな感じになってしまう。


なお、仏壇のロウソクではないので 口で吹き消しても大丈夫です

ちなみに白いロウソクが似合うお菓子はないかとさがした結果、みつかったのが、


最中

どうだろう、このしっくり感。2つ重ねて中央の餡を剥き出しにし、ケーキっぽくしたことも功を奏している(誰も気づかないだろうから自分で言ったぞコノヤロウ)。


百話おわったら消すんだよね

ちがう、ハッピーバースデイの歌がおわったら消すのだ。

誕生日のケーキを買ったつもりが帰って開けたら最中が入っていた。そんなときには白いロウソクで切り抜けていただきたい。泣く子も黙るとおもう。


むしろ最中にカラフルなロウソクは 主役の神経を逆撫でするので注意

 

その2 ロウソクが長い


長けりゃいいってもんじゃないぞ!

つい感情のこもったキャプションをつけてしまった。なぜだろう。
しかしこれはダメだ。火を消すときに顔とケーキが離れすぎて記念写真が撮りづらい。


増やしたら余計ダメだ

ケーキっていうより化け物だ。フジテレビの化け物だ。

 

その3 ロウソクが長くて太い


長くて太けりゃそれでいいのか!

失礼、また感情的になってしまった。

さて、カラフルで螺旋状のロウソクだがサイズがでかい。これに関しては、大きすぎて今回買ってきたケーキにはとても立てられなかった。ふはは、ざまあみろ!


サンドウィッチには刺さった

で、悔しかったのでサンドウィッチに立ててみたら、立った。 かなりの迫力である。しかもロウソクが立っていることによってサンドウィッチがショートケーキにみえてきた。「サンドウィッチにロウソクを立てたらケーキ」コネタだ。

カスタード・ストロベリー・モカの3種のクリーム (正しくは玉子・ハム・ツナ)

というわけで、ケーキを買ってきたつもりが帰って開けたらサンドウィッチが入っていた。そんなときには巨大なロウソクで敵(主役)の目を欺き、乗り切っていただきたい。


出番を終えた皆さん

つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation