デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


ロマンの木曜日
 
筑波大学が広すぎる

一面緑だ

実は筑波大学は現在の僕の妻がかつて働いていたということもあり、当時はかなり頻繁に訪れていた。でもいつも入り口付近で彼女をピックアップして学外へ出ていたので、今日歩く道はほとんどはじめての景色だ。


木漏れ日が気持ちいいです。

それでも大学を縦断する道は一本なので迷うことはない。ただ、その道を一歩踏み外すと足元がふわふわしていて(腐葉土)迷う!と恐怖心にあおられる。

街路樹が巨大なのももちろん学内を広く見せている要因だと思うのだが、その先にいちいち未開っぽい土地が広がっているのがすごい。


ここどーこだ(答え:筑波大学)。

街路樹が巨大、と書いたが、歩いてみるとそれよりも森の中に道を通しただけであることを実感する。森の中に建物建てた、というか。

さっきも書いたとおり実は今日、筑波大学出身のライターお二人と待ち合わせしているのだが、さっき加藤さんに電話で「今周りに何が見えるか」と聞かれたので素直に「何も見えません」と答えた。


次々と現れる沼。
なのにまだ緑が足りないという。

牧場らしき場所。
かと思うとどーんとビル。

広いけど車の練習しちゃだめだ。

手の入っていない土地は何に使われている風でもないのでなんといえばいいのかわからないのだが、まあ「土地」だ。


土地。蓮舫に見つかったらぜったい仕分けされると思う。

ようやく端に到着

途中で写真を撮ったりしていたので多少のロスはあったと思うが、大学を端から端まで歩いたらざっと1時間半くらいかかった。いやほんとどんだけ広いのか。


ここが端。すでに日が傾きつつある。

加藤さんからはさきほどの電話で「じゃあ僕もそっちの方に向かいます」という言葉を聞いてから30分以上会えていない。そしてこれから先も会える気がしない。本当に人を途方に暮れさせる広さだ。


< もどる ▽この記事のトップへ つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation