デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


ロマンの木曜日
 
天かすが主役な日があってもいいだろ?


いろいろ異論もございましょうが、記事中の呼び名は基本「天かす」でいかせていただきます。

以前「一番凄ぇのはかき揚げなんだよ」という天ぷら界の中でもあまり顧みられないかき揚げを食べ比べた記事をやりました。しかしアレ以上に注目されない揚げ物もある。それは…天かす、もしくは揚げ玉。「揚げ物」というジャンルに入れていいのか謎だけども。「かす」と自分で名乗っちゃってるアウトロー感もいいぜ。「揚げ物界の野良犬」「揚げ物はぐれ軍団」みたいな呼び名で。自分で呼んでるわけじゃないだろうが。

無料ならとりあえずガッツリ入れてるのだけど、ふと考えてみると店による違いを気にしたことはなかった。きめ細かさや味は店によって違うのだろうか…。最高の天かすは何処か決めたらいいんや!

大坪ケムタ



油の濃さとサイズはいろいろ

かき揚げに比べると、天かすは無料入れ放題の店もあれば、たぬき××などの有料店もありと、公平にジャッジするのはちと難しい。今回は無料店を中心に回ることにした。まずはチェーン系さぬきうどん店・楽釜製麺所。

 

1軒目:楽釜製麺所

前回のかき揚げ調査ではブ厚いかき揚げでインパクトを残したけれど、天かすはどうか?


うどんそば競争地帯・新宿歌舞伎町では後発ながら大型店舗。


その天かすは…お、揚がったゴボウがころりと混入。


天かすにおいて毎回あるとは当然限らないジョーカー!それが具の端っこ。茶柱、もしくは冷や麦の色付き麺に当たった時のようなラッキー感!今回調査した店の中で唯一混入してたのがここでした。

さて肝心の天かすですが、粒自体は比較的大きめでしっかり油の味が濃いもの。大きいとつゆに混ざった時に外側しんなり、中がカリッとして美味しいんですよね。


麺のコシとカリコリ感がいいんですよ。


ちなみにゴボウは単体で食べると…苦かった。でもつゆにつけるとほどよい甘みと混ざり合って良し。サイズの凸凹した粗い感じと腰のあるうどんが相性よく、油度の強さも含めて無料でこれだけ濃いうどんを体験できれば文句ないでしょ。車でいえば4WDだな。ほどよく粗い男の天かす!

ふと考えたのだけど、最初から小エビや人参の切れ端の具がそれなりの量混ざった天かすって売れないかなあ。家で作るうどん・そばがちょっと豪華に!個人的にはお好み焼きに入れたい!商品名は「混ざってそうで混ざってない少し混ざってる天かす」でどうだ。パクリかそれじゃ。

 

2軒目:はなまるうどん

さて続いては東京におけるさぬきうどんチェーンの開拓者・はなまるうどん。ここが東京進出の際「天かす入れ放題」を普通にしなければ、現状はなかったかもしれない。天かすファンはあらためて感謝だ!


もはや王者の風格。

先の楽釜に比べると比較的均一のサイズですね。


天かすというより揚げ玉と呼ぶのがふさわしいような「玉な感じ」。食感はほどよくクリスピーで、うどんとほどよく混ぜつつ食感を楽しむのがよろしいみたいで。

小粒なのでスルスル食べられます。


油の風味は比較的さっぱり。ヘルシー指向の揚げ玉…ってことはないんだろうが。車でいえばプリウスあたりかな。上品かつ安心な味わい。

 

3軒目:そば処・吉野家

さて続いてはかき揚げの時には出なかったチェーン系そば屋。ってそば屋と言っていいのか、ここの場合。


「そば処・吉野家」とうたってるんだからそば屋でいいよね。

ゴロっと大きい粒もあるけど、基本的には細かい。


おなじみの牛丼の吉野家の色違いモデル…ではなく、十割そばを売りにしたのが「そば処吉野家」。もちろん牛丼もあります。十割だけにそばはコシがあってお好きな方にはたまらんはず。

で、天かすですよ。先2つのようなさぬきうどん系チェーンは「天かす取り放題」がほとんどですが、関東をベースにした立ち食いそば系チェーンで食べ放題は希少。ほとんどが「たぬき××」や別料金だったりする。


入れ物は紅ショウガと同じなのが吉野家テイスト。
粒は極小なのが多いです。こう見ると生ショウガぽい。


その中で珍しく取り放題な吉野家。ちなみに牛丼同様に紅ショウガも取り放題だ!こちらも味自体ははなまる同様にさっぱり系(天かすなりに、ですが)。ここだけもりそばで食べたのもあるんでしょうが、小粒なのもあってそばに絡んでくる。車でいえば庶民的な感じがマーチかカローラって感じですかね。

 

4軒目:いわもとQ

そして最後、せっかくなので一件だけ天かす有料のお店も行ってみました。最近自分の周りで評判の高い立ち食いそば屋、その名は「いわもとQ」。


店の数は少ないですが、ラジオ番組等でも話題。


そばも美味いけれども、揚げたての天ぷらがまた美味い。でも有料とあって天かすはまだ投入したことなかった。よい機会だしちょっと食べてみたい。と50円で追加!


天かすではなくあげ玉。カスではない!という誇りか。
しかもサクッサクですよ!


冷やしそばにトッピング。

粒は大きめ。つゆに浸ってる部分がまた美味そうな。


しっかり存在感のある大きめ天かす、いやあげ玉。麺に絡めて食すと…おお、カリッな部分とつゆに浸って柔らかくなった部分のハーモニーや良し!油の風味もしっかりしてて、あげ玉を入れた!という実感がある。車でいえばレクサスあたりか。ちょっとラグジュアリーなあげ玉感。

4件の天かす/揚げ玉を巡ってみたけれど、サイズ・油の質感はそれぞれ。まあ同じチェーンでも行くタイミングや店によって違ってもおかしくないので今回の評が毎回当てはまる…とは思えない。それこそ小エビみたいな具が混ざってたりすることもあるかもしれない。

無料なら当然、有料ならちょっと考えつつこれからも天かすとは積極的に付き合っていきたい。ジャパニーズ麺界の名脇役として!

具はなくても心は豊か!偉くなくても正しく生きる!

ジャパニーズ・テンプラ・ダスト?(適当英訳)

考えてみると、天かすって日本だけのものなんでしょうか?中華やイタリアンなんかで使ったりしないのだろうか。今度家でスパゲティとかやる時に入れてみたい。さらに凝りたい人は松本さんの記事を参照。て他人頼みかい。


 
 

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation