デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


ロマンの木曜日
 
ペンキ書きの案内板はどれだけ正確か


このペンキ案内板の正確さにせまります。

ペンキ書きの案内板、と言って分かってもらえるだろうか。
右を見て欲しい。この昭和の香り漂う、IT時代に逆行した案内板のことだ。東京都内の随所に設置されているが、これを見ると逆に道に迷う、というジンクスが僕にはある。なぜなのだろう。
今回は撮り集めたペンキ案内板を徹底的に研究し、Web地図を比較してその正確さを検証してみた。

加藤まさゆき



もう一度ペンキ案内板を説明します

今回の記事で僕が取り上げたいのは、以下のような、パソコンで作られた小ぎれいな地図ではなく、


デジタル技術。これは認めない。

ましてや、地方自治体が設置している正当派な案内板でもなく、


これも認めない。明らかに正確すぎる。

以下に示すような、ペンキ書きの案内板である。


これこれ。このカオスな空気の案内板です。

駅前に限らず都内の随所に設置されており、子供の頃から僕を惑わせてきた。僕はこれを見ると必ず道に迷う。なぜ迷うのだろうか。
ぼんやりと原因は分かってはいたのだが、これを明らかにするために、ここ半年ぐらい、都内で案内板を撮りためてきた。その結果、主要な原因は以下の3つに集約されるのではないかと気がついた。
以下で説明していきたい


こういうのが、普通は書いてある。

1・現在地が書かれていない

普通、案内板の中央には、こういう現在地が書いてあるのだけれど、ペンキ案内板には書いてないことが多い。もしくは書いてあっても分かりづらい。

下に示すのは、JR飯田橋駅の近辺に設置されているペンキ案内板だが、この地図のどこに現在地があるか探してみてほしい。


さあ、「現在地」はどこでしょう。

右隅に現在地。「本ヅ」ですよ、「本ヅ」。

正解は地図の右下のすみっこの方、青矢印と赤字で示してある。
表記は「現在地」ではなく、「本ヅ」である。すごいインパクトだ、「本ヅ」。
しかも、付近を流れている神田川が青色で書いてあり、青矢印と神田川の違いが一瞬には分からない。
とまあ、このように現在地がかなり分かりづらく、知らない土地で見ても、そもそも自分がどこにいるのか分からないので、なかなか参考にならないのだ。


これなんかだと、右下15°あたりが北向き。

2・北が上を向いていない

普通、知らない土地に行くときには、事前に地図で一覧するが、そのとき見る地図はたいてい北が上だ。しかしこの案内板は、通りに合わせて、変に斜めに置いてある。
気を利かせてなのだろうけれど、これが事前に脳内で構成してきた地図情報と齟齬をきたし、僕を混乱におちいらせるのではないだろうか。


歌広場が探したくて、この地図を見る人はいるのか。

3.スポンサーっぽい商店名が無意味にでかい。

製作費のスポンサーとなったであろう商店の表示がやたら大きいのも、この案内板の特徴だ。

例えば左の案内板は、渋谷駅近辺で撮影したものだが、付近にもっと公用性の高い建物はいくらでもあるはずなのに、「清水とき・きものアカデミア」と「公文式」のアピールの強さがすごい。公文式にいたってはロゴまで丁寧に再現されている。

このあたり、大人の事情なのかもしれないが、案内板なんだし、もう少し公共性の高いものにはならないんだろうかと思っている。

と、これ以外にもいくつか気がついた「迷う理由」はあるのだが、その前に、たくさん観察しているうちに発見した面白い点を、次のページで紹介していきたいと思う。


つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation