デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


チャレンジの日曜日
 
よく目にするけどちゃんと見たことがないもの


よく目にするけれども、そういえばちゃんと見たことがないもの、というのがみなさんにもあるのではないだろうか。
たとえば、駅にある自動改札の機械とか、タクシーの料金メーターのように、身近だけれどもよくは知らないというもの。
そういうものを、よく見てみようというのが今回の企画だ。

工藤 考浩




まずは屋根の上のあれ

最近は地上デジタル放送への切り替えで注目をあびることが多くなってはいるものの、いちど屋根の上に上げてしまえば、ふつうは間近で触れることはなくなるのがテレビのアンテナである。

街の景色には欠かすことのできないこのテレビアンテナであるが、みなさんは近くで見たことがあるだろうか。
見たことがあるという人は、一戸建てを新築したことがあるかちょっと変わり者かのどちらかではないだろうか。


よく見かけるけどね

買った

かくいう僕も、テレビアンテナを間近で見たことはない。
あれはいったいどうなっているのか。

というわけで、買ってきた。


社内は予想以上の反応

驚かれた

ビックカメラで買ったUHFアンテナを会社へ持ち帰ったら、「あら、本当に買っちゃったんだ」という空気で僕は迎えられた。
あらかじめ企画意図を説明しておいたはずなのだが、オフィスにテレビアンテナの入った箱があるというのは、確かにかなりの違和感だ。


こういう箱に入っているということも知らなかった
きっちり収まっている

組み立てましょうか

電気屋さんで店員さんに「テレビアンテナでいちばん安いのください」というと、室内アンテナを勧められた。
都内ならこれで十分ですよ、ということなのだが、僕がほしいのはそれではない。
屋根の上にのせるやつだ。
僕がそういうと、このアンテナが出てきた。
3,460円という値段は想像していたよりもずっと安い。
ただ、これだけでは屋根の上に立たず、他に取り付け金具が必要だ、ということを何度も説明された。
今回は屋根の上にのせるのが目的ではないので、取り付け金具は購入しなかった。

外箱には詳しい組み立て方が書いているので(そう、テレビアンテナは組み立て式なのだ)、さっそく組み立ててみよう。


マストはマストアイテム

アンテナは、魚の骨のようなアルミパイプでできているが、そのメインアイテムは下の写真の、このボックス部分であるようだ。
ここからアンテナ線を引いて、テレビへとつなぐのだ。


これがアンテナの心臓部らしい
カパっと開くようになっている

つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation