デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ



コラボ企画
 
めんつゆのチョイがけをいろいろ試してみた
ドーンと1リットル入りを買ったけれど、もう半分なくなった。

編集部の古賀さんから、ヤマキのめんつゆを使った簡単な料理の記事を書かないかとのメールをいただいた。噂の「チョイがけ」というやつですね。

何品ぐらいかと聞いてみたら15品以上だそうで。古賀さんは私を太らせたいのだろうか。

正直にいうと、めんつゆといえば、天麩羅か麺類くらいでしか使ったことがないのだが、ものは試しといろいろ作ってみることにした。

(text by 玉置 豊

記事の途中ですが、古賀です!
ヤマキ「めんつゆ研究所」では本日6/8より「秀逸レポートコンテスト」がはじまりました。
ブログで参加できる「チョイがけ研究員」の記事のなかから優秀な記事に賞(オリジナルめんつゆトロフィーなど! なにそれ! 欲しい!)が出るそうですよ。
デイリーポータルZでもこの「秀逸レポートコンテスト」を応援すべく、今回玉置さんにチョイがけを試してもらいました。
(2010.6.26追記)このキャンペーンは終了しました。



チョイがけでなぞかけをしてみよう

チョイがけというのは、ヤマキのめんつゆをいろいろな料理にかけることで、今までにない新しい味を楽しむことが可能らしい。

なるほど、いろいろなものにかける訳だな。

かけるといえば、流行りの「なぞかけ」だろう。


二年前の写真を引っ張り出してきた。どうも、たまっちです。

ということで、「ヤマキのめんつゆをかけまして」ではじまる、チョイがけなぞかけを考えてみた。

気になる料理をレッツクリック。


冷やしトマト 焼きホタテ たぬ奴

ごめんなさい、三つでギブアップ。

なぞかけのボキャブラリーが足らずに、イマイチうまいこといえていない部分も多々あるが、料理がうまいことは保証しよう。めんつゆ、予想以上に料理の応用範囲が広そうだ。

しかし、いくつかチョイがけなぞかけを作ってみて、めんつゆを使った料理はいくらでも思いつくことはわかったが、なぞかけをつくるのが難しい。

なぞかけは諦めて、別の方法で攻めてみたいと思います。

チョイがけ俳句レシピでどうだろう

めんつゆを使った簡単な料理といえば、以前やっていた「俳句レシピ」と相性がよさそうだ。

俳句レシピとは、5・7・5の言葉に乗せて、料理のレシピをなんとなく伝えるもの。これならオチとか考えなくてもいいから、めんつゆとの組み合わせ次第でいくらでもできそうだ。


看板だけ差し替えました。学生時代の俳号はめるへん(本当)。

ちなみに「めんつゆ」の文字を入れると時数が足りない場合が出てくるので、いわなくてもめんつゆをかける前提で詠んで、そして試していただきたい。

茹でオクラ 焼き海苔 チンかぼちゃ
焼きナス ツナレタス 茹でモヤシ
エビ焼き イカそうめん だし
大根の浅漬け 大根のキンピラ トマトスープ
アサリの酒蒸し 魚肉ソーセージ炒め から揚げ
そぼろ 麻婆豆腐 豚バラ煮

どの料理もあえてめんつゆだけでシンプルに仕上げたが、もちろんさらに醤油や砂糖などで味を調整すれば、より好みの味が追求できるはず。しかし、これらほとんどの料理はめんつゆだけで過不足ない味に仕上がっているように思う。

もし仮に「これから一週間、調味料はめんつゆしか使ってはいけません」といわれても(誰に?)、あっさりクリアしそうな守備範囲の広さがめんつゆにはある。めんつゆだけで作るお弁当というのも余裕でできそうだ。

わかったこと

めんつゆ料理をだだっと作ってみて、いくつかわかったことがあった。

  • だいたいの料理で醤油の代わりになる。
  • 味が繊細な素材には醤油よりも合う場合がある。
  • 料理に使うにはちょっと甘いかなと思ったが、その甘さがうまかったりする。
  • めんつゆ原液の味を覚えれば、使い方はいくらでも思いつく。
  • ダシをとらなくていいから楽。
  • いったん使いだすと、もう何にでも使うようになる。
  • 簡単な料理はヘルシーなものが多いので太らなかった。
  • めんつゆみたいな釣竿があれば、狙う魚に合わせていろいろな竿をかわなくてもいいのに。

今回試したどの料理もおいしかったけれど、おすすめを三つあげるとすれば、意外性の面から考えて、たぬ奴、麻婆豆腐、豚バラ煮だろうか。

今後、私が「めんつゆみたい」っていった場合、それは最上級の褒め言葉として受け取ってください。

例:今日の君の働き、めんつゆみたいだったよ!


小噺で締めます

大学の同級生で山木さんという女性がいたのだが、卒業してから数年が経った頃、人づてに蕎麦屋に嫁いでいったという話を聞いた。

「山木だけに蕎麦屋との相性はピッタリってか」と膝を叩いた。

この記事を書くにあたって、山木さん(旧姓)と久しぶりに連絡をとったのだが、めんつゆとツナ缶、塩コンブを入れて炊いたご飯がうまいそうだ。

ちょっとマニアックなので載せなかったけれど、フキを煮たのもうまかった。

ヤマキ「めんつゆ研究所」では「秀逸レポートコンテスト」を実施中! チョイがけレシピを思いついたらぜひともこちらへ
(2010.6.26追記)このキャンペーンは終了しました。



 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation