デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


はっけんの水曜日
 
昔あつめたVOWネタを振り返る


当時の自分が試される。

80〜90年代にかけて、街で見つけたヘンな看板や、面白いチラシを集めていた。いわゆるVOWネタだ。

今、それを見返したら果たして面白いのか。

引っ張り出して並べてみた。

ほそいあや



休み時間に回し読みした。
VOWという本

有名だが一応説明しておくと、宝島社の出している「街でみつけたヘンなモノ」を集めた本だ。
読者投稿型となっており、採用されると担当者のおもしろいコメントとともに掲載される。
当時、もし載ってたら興奮で鼻血だしてたと思う。


お気に入りの「大沢誉志幸」と「民宿げんしろ」

 

皆がおもしろいチラシをくれる

90年代はVOWを読みあさっていたが、パソコンが普及してからは、おもしろ画像というものが書店に行かずとも好きな時に好きなだけ見られるようになった。
そして、気付けばVOWの新刊をチェックする事もなくなっていた。

6年くらい前、当時パソコンを持っていなかった友人から「あなたが好きそうなものをみつけたんだけど、VOWネタまだ集めてる?」と手渡されたのがこれだった。


住宅のチラシ。

友人はこの「イージジーライダー」という所を指さして大笑いしていた。

「年寄り扱いすんじゃない」と言いつつジジイを謳っている。

確かに面白いけれど、これを私のために取っておいたと言っていた事のほうがなんとなく面白い。高校時代からくだらない事で大笑いをしてきた友人なだけに、いつまでも変わらない感じがありがたかった。

そしてそれからほどなくして、今度は職場の同僚のカナザワさんが「これ取っておいたから、折ってある所を見てみろ」と言って一冊のフリーペーパーを差し出してきた。


どんなオペをするつもりだよ。

美容整形の広告だった。「私にお任せください」とダブルピースをする院長。自信満々をアピールしているのかもしれないが、これを見て安心する患者さんがいるのかは謎。アバンギャルドな手術が待っていそうだ。

こんな感じで、面白広告が手元に集まるというよくわからない幸運にめぐまれているわけだが、たしか90年代もそうだった事を思い出した。もちろん自分で見つけたものもあるが、私がVOWネタ好きな事を知っている友人や家族が、ヘンな広告や看板を見つけては教えてくれた・・・ような気がする。

 

探してみた

90年代前半、私は高校生だった。宝島社のVOWは全盛期で、自分もネタを見つけては「投稿しよう」と意気込んで集めていた。
しかし、集めたものを見返しては、本当に面白いのかよくわからなくなってしまっていた。そして自信のなさから、ひとつも投稿することはなかった。
でももったいなくて捨てられなかったし、投稿してないので手元にあるはず。


あったあったこんなの!という感激。しかし青春のコレクションがこれか。

90年代に私が面白いと思ったものたちとの再会

あった。集めておいて投稿しなかった珠玉のネタたちが。

さらっと目を通すが、18年くらい前なので面白さの感覚以前のなにかがつかみにくい。 そして強烈な懐かしさがこみ上げてきた。その感情がなければただのゴミだ。

時代の相違もあることだし、VOWネタになっているかどうかわからないけれど、一つずつ紹介していきたいと思います。
問題は、長い年月をまたいでいるので、自分では面白いのかどうか麻痺していてわからないということです。

 

外国人モデル

通販のカタログの切り抜き。「アウトドアでのスポーツ観戦の防寒用に」と書いてある。
パッと見た時のマヌケさは覚えている。外国人を使っているのがかえって不憫さを強めている気がした。
じつはこれは、その後のVOWにも載っていた。自分が自信なくて送るのをやめたネタが載っていたので、少し自信が出たのは言うまでもない。


コメントにも「外国人モデルがかわいそう」とあった。今の私は見慣れすぎて何とも思えない寂しさ。

そして、外国人モデルの広告でこれでもかというほど衝撃的だったのがコレである。

表現しているのが「ピエロ」なのか「キレイ」なのか不明。イヤリングの巨大さにより恐怖に拍車がかかる。

流行の違いといえばそれまでだが、あの頃の美容関係の広告はおかしなものが多かった。日常にパリコレを取り入れるような場違いな感じというか、前衛的な思いきりのよさが漂っていた。

でも、当時からこれを保管しておいたということは、やっぱり飛びぬけてヘンだったのだと思う。

あと、こういったアンルイス顔のモデルさんは最近見かけなくなったが、90年代の初めまでは多かった気がする。眺めていたらだんだん20年前にいるみたいな気分になった。

 

テレクラのティッシュ

90年代といえばテレクラである。お金をかけずに作られた広告が多いので、たまにすごくヘンなものがあったりする。


「夏・・・・ヤバチック」!!

いやいや、おかしいだろ。その顔は何を伝えようとしているの?コピーもノリノリに狂っている。そしてテレクラのティッシュのチラシを抜き取って大切に取っておく高校生の自分というのもなんか嫌だ。

 

ハイテンションテキスト系

文章の勢いだけで攻めてくるもの。全体的なイメージは普通なので見逃してしまいがちだが、よく見るとテンションがおかしい文章が書かれているのだ。


「スーパーレモン」のあとを追って沢山のレモンキャンデーが発売されましたよね。
一見普通だが裏をみると。

すべてを変えて、お口にせまる。oh・・・・・・・・・・!

これの好きな所は、商品名をローマ字にしてかえって分かりにくくしているところだ。
ちなみにコレを買ったのは中学2年の頃だったが(その頃だけあった酒屋で買ったので覚えている)、よく聴いていた音楽はTUBEだった。少し似てるような気もする。
よくわからないけど、バブル全盛期ってこういうかんじなのかなと思った。

次は、学習塾のダイレクトメールです。


ある日届いた封筒。
ギョッピン!!って何?

みんな警戒

当時塾を探していたこともあって、DMのたぐいは一応目を通していた。しかし母はこれを見て「ギョッピンなんて書いてあるから、ここはやめたほうがいいかもね」と言っていた。こんな事書くから、開封前から門前払いを食らうのである。

「花びら塾」というのも気になる。ハイテンションな雰囲気は伝わるけれど、勉強をしに行く場という事を考えると不安を感じて当然だと思う。全くキライじゃないけど。

 

どんよりした写真。
写ルンですで撮影したもの

当時はデジカメがないので使い捨てカメラを使っていた。
写りが悪くても補正できない。教室で撮った写真もダークな色合いばかりだった。こんな青春だったっけ、とちょっと悲しくなるほどだ。

VOW用の街ネタもごらんの通り、白黒写真みたくなっている。


天気わるすぎ。

これは父が見つけていたく気に入っていた床屋だ。
「写真とってこいよ」と促され、一人で雨の中撮りに行った事を覚えている。花冷えで寒かった。
なぜ天気の良い日に行かなかったのか。
こんなにかわいいのにもったいなさすぎる。

その後一年くらいで塗り替えられてしまった。

次は、母が「駅のホームに誤植がある」と教えてくれたもの。
私は利用しない駅だったので、母に写ルンですを渡して撮ってきてもらった。

遠くてわからない!

さてどこでしょう。と問題になりそうなほどわかりづらい。正解は、こちらです。

ワーピロ

母はコレを見つけて意気揚々と報告しに来たのだ。
家族ぐるみで一体何をやっていたんだろう。
でも正直、こういうことに協力的な家族には感謝していた。

以上(もっとあるかもしれないけど)、80〜90年代に集めた自分なりのVOWネタでした。

 

おまけ

大人になってから香港で買った靴下。

まったくワケがわからないせいでもったいなくて履けず。

今後も集めます

さすがにもうVOWに投稿をしようとすることもないと思うが、デイリーポータルZには「コネタ城」があるので、こうした収集も無駄にせずにすむのだ。素晴らしい事だ。今後も目を光らせて行きたいと思います。

これはネタではなく子供の頃からの宝物。

 
 

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation