デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


はっけんの水曜日
 
人より猫の多い居酒屋


指名しなくてもつきます。

東京の猫の町「谷中」に「猫が13匹いる居酒屋」があるらしい。

おおまかな情報をたよりに探してみると、たしかにその店は存在した。

ほそいあや



調べても出てこない

数カ月前、友人にそんな店があると聞き、ネットなどで調べたが全く手がかりが出てこなかった。友人も詳しくは知らないらしく、おおまかな場所の地図を送ってくれただけだった。
だいたい飲食店でそんな事が許されるのか?色々とナゾが深まる。


谷中霊園のそばらしい。ここから猫が通いつめているのか?

 

猫にさそわれて

ある日、裏の方の細い道を歩いていた時だった。一匹の猫が前を横切り、反射的に目で追うと小さな横丁に入っていった。その横丁の入り口に立つと、猫の匂いが鼻を突いた。もしかして。


こっちこっち。

 

みつけた

猫が入っていったのは小さな飲み屋だった。まだ昼間で営業はしているかんじではなかったが、引き戸が半分開けられ猫が数匹出入りしている。入り口にはキャットフードが盛られている。ここに間違いない。

おかみさんが奥で作業をしていたので営業時間を聞いてみると「店は6時くらいからやってるけど、猫がいるから私は朝からここにいる」との事だった。朝ご飯をやるために早朝に家を出てくるらしい。

 

日をあらためて訪問

その日は場所の確認ができた事に満足して帰った。正直言うと、そんな店があったら半分夢みたいな話だと思っていたので、つきとめただけでやり遂げた感がみなぎってしまった。いやだめだ、レポートしなくては。

後日、友人を誘い訪れた。開店直後だったがすでに常連さんが3人ほど飲んでいた。

こういった小さな店はいちげんさんはなかなか入りづらいけど、ここに限って言えば「猫が好きならウエルカム」の雰囲気が漂っていて安心する。


急に色めきだつ猫。

お刺し身の準備中でした。

いたるところに猫がいる。

猫たちは思い思いの場所を陣取り、寝たり人間にちょっかいを出したりしてのびのびと暮らしているようだった。
これらの猫はもともと谷中霊園で拾ってきたり、交通事故にあった猫を面倒みたりしていたらしい。
3、4つ離れた駅まで病気の猫を引き取りにいったりもするそうだ。
今では全ての猫に名前と首輪を付け、去勢避妊手術を施しているので、通い猫ではなくちゃんとした飼い猫だそうだ。
保健所も公認で「(猫の世話や手術を)いつもありがとうございます」と言われているらしい。

よくみると猫。

冷蔵庫の上に荷物を置くと猫が怒るらしい。

もちろん触りながら飲めます。

どの猫も初めての人を怖がらずに接するので、接客業を心得ているのだと思う。

店の奥には急な階段があり、そこを猫が上ったり下りたりしているのを気になって見ていたら、「上にも他の猫がいるから見ておいで」とおかみさんが促してくれた。


どれどれ。

つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation