デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


チャレンジの日曜日
 
男子のみぞ知るトイレの注意書き


ここに込められたヒミツのメッセージ

雑誌小学何年生から、ネットのニュースが飛び交う今までどれだけ女子のヒミツがテーマの記事を見ただろう。

でも僕は男子のヒミツという記事をあまり見たことがない。タイトルに目がとまることすらなかったのかもしれない。本当にないのかもしれない。女性誌にしか書いてないのかもしれない。

男子のヒミツと言えば、男子便所だろう。日本全国どころか世界中にあるのに、女性専用車のように異性を入れることを頑なに拒むあの空間。

あの空間の男子だけの便器の上に、注意書きがいろいろ書いてあるのを女子のみなさんは知っているだろうか。

きっと女子の知らない世界に違いない、と勝手に思い込んだ僕は、誰もいない男子トイレで、便器の注意書きを撮りまくった。

ライスマウンテン



男子たるものはみ出すべからず

なぜに男子だけの便器の上に注意書きがあるかというと、当然男子は立って用を足すために、ちょうど用を足すとき、目の前に見えるように注意書きがあるのだ。

その注意書きは概して、水がはみ出ぬよう、はみ出さぬよう、便器により近寄って用を足せ、というものである。


もう一歩前へお進みください。こう書いてあるのは非常にわかりやすい。理由は後述。

一歩前へいつも御利用いただきありがとうございます。

そこで、もう一歩前へ踏み込んだ上で、やることをやりましょう、と書くわけである。

ところで今までの写真では、注意書きの上に銀色の線がある。この上には狭いスペースがあり、ここに飲みかけのジュースの缶を置いたり、雨の日は傘をひっかけたりできるわけだ。便利!



上のスペースとは別に傘かけが横にあるタイプのトイレもある。
「傘」シールが貼ってあるが、ステッキ使いのジェントルメンが使ってもいいと思う。

空気を読め

日本人は、正面きってモノを言わず、曖昧な表現が好きだ。空気を読むことが体に馴染んでいる。

そこで空気を読めといわんばかりに、便器の前で感謝の意が書かれたシールが貼られたトイレがあり、しかも上記の「一歩前」表記よりもそれはメジャーなのである。



ありがとうございます

ありがとうございます、でわかる僕は、やはり日本人だと思う。

ThankYouや謝謝だったらピンとこない僕もやはり日本人だと思う。

と思いきや、ニーハオトイレが有名な中国にも、この類の空気読め注意があるのである。


「もっと寄って近づいたほうが便利ですよ。モラリストになれますよ」

「前への小さな一歩が、モラルへの大きな一歩」
詩っぽくなっているあたり、さすが李白、杜甫を生んだ国である。

「ここを綺麗に使っていただき感謝いたします」

自動ではない

今まで紹介したのは、用を足した後、自動的に水が流れるタイプのトイレだ。今や都会では、自動型のが普通になってきたことから、ボタンを押して水を流すタイプはマイナーになってきた。

そこで少数派となったボタン型トイレの上にはこう書かれているのである。



「使用後は水を流してください」

中国で見つけた、自動ながら「使った後は水を流すこと!」の張り紙

「自動で流れるので触れないでください」日本の反対を行く逆説のトイレである。

男女平等バンザイ

ほかにも少数派だが、便器にゴミを捨てないでください、というのはある。男子の大きい方の便器にもこの文言はあるので、きっと女子のほうにも書かれているかもしれない。

いわゆる男女平等である。


年季の入った味のある文字だ。

このトイレでもゴミ捨て禁止が書かれている。
中国の最新公衆トイレはセンサーあり、液晶テレビあり、絵画あり、別ベクトルで頑張っている。

注意書きの怪

トイレは衣食住とならんで大事な要素だ。でもこのページで紹介したモノを含め、公衆トイレの注意書きは定型すぎて味気ない。

無いものを作ることがいいビジネスなら、僕は公衆トイレ用の注意書きタイルを作るビジネスはありではないかと思った。相田みつをプロデュースとか良さそうだ。東急ハンズに置いてあってもいいんじゃないか。

トイレビジネスの夢が広がった。

なんとなく、さすがつくばだ。

 
 

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation