デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


ちしきの金曜日
 
サッポロ一番は味ごとに麺がぜんぜん違う


 

 (斎藤 充博



サッポロ一番が好き過ぎて気づいてなかった

僕の好きなインスタントラーメンはサッポロ一番だ。
そして、たぶん世界中ほとんどの人が、サッポロ一番が大好なはずである。もしそうじゃないんだったら、そうあるべきだと僕は強く願う。


こんなおいしいものを、みんなが好きでないはずがない

さて、そんなサッポロ一番だが、スープの味ごとに麺も違っているらしい(メーカーのホームページにそう書いてあった)。

今まで気づかなかったが、言われてみると、あ!たしかに!と思う。何しろサッポロ一番が好き過ぎて、逆に味わって食べたことなんてない。


好きだからこそ味わない。サッポロ一番と僕の信頼関係である

「キミの目の色がどんな色だったかなんて思い出せなかったが、ボクは世界で一番キミの目が美しいってことは知っている」みたいな歌がある(エルトンジョンの『your song』)。僕は「そんなことって現実にありえるのかな」と思っていたが、サッポロ一番に対してはあった。大好き過ぎて、ディテールを検討していなかったのだ。サッポロ一番から恋を学んでしまった。

 

それでは麺をじっくりと見てゆこう

さっそく、家に常備してあるサッポロ一番「味噌」「醤油」「塩」「豚骨」の袋を開けてみた。


こうして並べてみておどろく。乾麺の状態からして、ぜんぜん違う。

さらに全部茹でてそのまま食べてみた。それでは一つ一つ行ってみましょう。

 

サッポロ一番「塩」は清楚だ


パッケージの具にエビとチャーシューが両方載ってる。意外と豪勢な喰い方を想定されているのだ
その中にはきっちりと折り畳まれた麺

乾麺の状態では、4種のサッポロ一番の中で一番縮れていない。乾麺の織りなす模様がきれいなのだ。そこからどことなく「整然」というイメージが湧いて出て、さらには「清楚」と褒めたたえたくなってきた。机の引き出しの中とか、筆箱の中身とかがきっちりとしているタイプのサッポロ一番である。


怪我したとき、サっと素早く絆創膏を出してくるようなタイプのサッポロ一番だとも思う

 

茹でたもののをそのまま食べてみると、ツルツル具合が他のものに比べて頭一つ抜けている。これは中華料理屋で食べるタンメンの麺のイメージに、かなり近い。


塩…ストレートでツルツル

 

サッポロ一番「味噌」は荒々しい


ちゃんとレンゲを用意してあるのが素敵
こっちはかなり縮れている

サッポロ一番の「味噌」は、乾麺の状態で「塩」よりもだいぶ縮れが強い。


並べてみるとわかるだろう。味噌の方が荒々しいのだ

なんというか、味噌麺が描き出す模様は日本海の荒波のようでもある。塩よりも味噌の方が海っぽい、なんていう現象はたぶんサッポロ一番の中でしか起こらないんじゃないかと思う。

読者の方は「それがどうした」という風に感じると思う。ただここは、日本海に見えてくるくらい僕は乾麺を凝視していた、ということを認識しておいて欲しいなと思います。


並べるとこの中で一番ぐちゃっとなる

味噌味の麺は、塩味の麺からツルツル感をなくしたような味がした。ちなみにどちらも麺は丸っこい。

メーカーのホームページを観てみると、味噌味の麺は楕円形で、塩味の麺は円形、と書いてある。そういわれるとそうとしか思えなくなってきたので、メーカーのホームページなど見るべきではなかったかもしれない。


まっさらな目で検討しないと、この記事を書く意味が無くなる

味噌…太めで縮れあり。断面は楕円形らしい

 

サッポロ一番「醤油」は内弁慶


この箸で麺をちょと持ち上げた構図のうまそうなことといったら
そして麺からは醤油の匂いがプンプンする

サッポロ一番醤油味の乾麺は、サッポロ一番の中で一番特徴的と言える。醤油が麺の中に練り込んであって、この状態でも醤油の匂いがプンプンするのだ。色も他の麺と違って、若干茶色がかかっている。


 

茹でた麺は、かなり平べったくて、ツイストが入っていた。塩や味噌を食べた後だと、平べったい部分がペランペランで、なんだか頼りないような気がする。

びっくりすることに、乾麺の状態であれだけしていた醤油の匂いは無くなっていた。食べている最中に醤油の味を探してみたのだが、なかなか見つからない。

さっきまでの個性的で主張的な香りはどこに行ってしまったのだろう。仲間内では騒がしいが、知らない人の前ではめっきりおとなしくなってしまうタイプの人のようだ。


茹でられておとなしくなってしまったサッポロ一番醤油ラーメン(僕)

なんかこういう部分が僕の性格に似ている、と思う。まさか自分がサッポロ一番醤油味にそっくりなんて、やってみて初めて気づくこともあるものだな、と一々感慨深い。


醤油…とにかく匂いが強い。麺は平たい

 

サッポロ一番「豚骨」


豚バラを使ったと思しきチャーシューがガンガン主張してくるパッケージ
ウェーブが他のものに比べてだいぶ強い

最後は豚骨。豚骨だけあって、麺がちゃんと細い。なんで今までこういうことに気づかなかったんだろうか。


他の麺と比べてわかりますか?細いんです

口の中に入れるとこの細さが一発でわかるのだが、デジカメ写真では今いち伝わりにくい。目視で確認できないというのは不安だ。

食べた時に僕が確かに感じた「すごい!細い!」という驚き。

それは、サッポロ一番を食べているイキオイでそんなふうに思ってしまったんじゃないのか。そんな風にいぶかしまれても仕方がないよな、という気がする。


とか主張しても、その主張自体のテンションがあやしい。こういうことは世の中にままある

豚骨…明確に細いんだけれど、写真で伝わらないんだよなあ

 

つけめんの様にして効率的に味わってみた

麺とスープを入れ替えるとこうなる

さて麺の検討をやってみると、どうしてもやってみたくなるのがスープと麺の入れ替え。

既に当サイトでは袋麺とスープの入れ替えは大々的に行われているのだが(こちら)あえてサッポロ一番に限定してやってみました。

そして、その結果は、こちら。


またとてもキレイな結果に。あと、サッポロ一番塩ラーメンのスープって意外と排他的な味がするな、と思った。

サッポロ一番の麺とスープは不可分。そして驚くべきことに、露骨においしくない組み合わせも結構あった。そんな繊細な組合わせのバランスの元にサッポロ一番は成り立っていたのか!

新しい組み合わせの発見は出来なかったが、僕はこれで良いと思う。僕たちがいつも食べているサッポロ一番はすでに高度に完成された食べ物なのだ。

見て食べてみたら、かなり明確な違いがあったし、麺とスープの相性も非常によく考えられていたものだった。
ここまで来ると、今までその違いを気にかけていなかった僕がなんだか恥ずかしい。

サッポロ一番が本当に大好き、というなら麻雀の盲牌みたいに「目をつぶって触っただけでなんの麺か当てる」くらいのことはできた方が良いんじゃないのか、とも思う。

しかし、そんなことは誰も望んではいないのだ。今まで通り普通に食べれば良いか。

これは豚骨

 
 

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation