デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


土曜ワイド工場
 
まちなか「同い年」探し



おれら、同い年。

先日、誕生日を迎えて35歳になった。

35年ということは、忘れた頃にやってくるオリンピックがなんと8回分だ。ちょっとした歳月だと思う。

たとえば35年前に作られた物というのは今どうなっているのだろうか。まったく自分と関係ない物でも、同じ年月を重ねているとわかれば、なんとなく親近感わくかもしれない。

35歳にして自分探しの旅に出ることにしました。

安藤 昌教




先日、35歳になった。

その日はなんとなくうれしかったので遅くまでビールを飲んで寝たのだが、次の日に体がどうしようもなくだるかった。別に35歳になったから急に酒に弱くなったというわけでもないのだけれど、いろいろな面で衰えを感じるのも確かだ。

今、衰えって打つのに少し恐怖をおぼえた。

身のまわりの物は35年経つとどうなるのだろうか。自分と同い年の物が今でも現役で使われているとわかれば、それはうれしいし自信につながると思うのだ。

逆にもう時代遅れと言われてゴミ扱いされていたりしたら悲しいので急遽「夏の動物園めぐり」とかに企画変更するかもしれません。

同い年、各種

まず最初に向かったのはこのコンビニ。


牛乳がうまいコンビニでおなじみ、ローソン

ローソンの日本第一号店が開店したのが僕の生まれた1975年なのだ。僕の一番好きなコンビニが同い年だなんて、うれしくてこれからもますますからあげクンばかり食べてしまいそうだ。

加えてローソンで買ったこのお菓子たちも実は同い年だ。


公園のベンチで撮ったらチョコが溶けました

きのこの山とハイチュウ。どちらも1975年に最初に発売された。僕も子供の頃から慣れ親しんできたお菓子なのだけれど、まさか同い年とは思わなかった。


むかし200円もしたっけ?
昔は真ん中にラインが入っていましたよね

うまい。35年経ってもうまいものはうまい。

よかった。正直この企画、廃墟みたいなのばかりが集まったら、おもしろいけどへこむだろうなと思っていたのだ。もうあまり体力がない、むやみにへこみたくないのだ。


35歳になった日、オフィスで食べるきのこの山よ

歴史と年齢は等価ではない

しかしきのこの山もハイチュウも、発売から35年経ってはいるが、製造から35年経っているわけではない。使われているチョコは35年前はカカオにもなっていなかったはずだ。刻んだ歴史は同じだが、厳密に同級生とはいえないのだ。

というわけで、リアル同い年のもの探し、続けます。


つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation