デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


はっけんの水曜日
 
ハンザキ祭りでハンザキ山車をひっぱってきた


これがハンザキ=オオサンショウウオである。念のため。

世界最大の両生類、オオサンショウウオ。かつての和名は「ハンザキ」といい、今でも中国地方の山間部ではそう呼んでいるという。ハンザキ…まるで妖怪の名前みたいだが、あのユーモラスな姿とあいまって、何か郷愁をそそるものがある。

さて岡山県は真庭市、湯原温泉。ここで年に一度、8月8日に「はんざき祭り」が開かれる、ということを昨年知った。

ハンザキの祭り…いったいどんなんだ。しかも巨大なハンザキの山車が登場するらしいぞ。何だそれは。以前ハンザキみたいなハンバーグを作ったハンザキ好きの私としては、これは絶対行かねばならないと誓った。この日をどんなに待ったことか。

乙幡 啓子



まず往路だけで1ページ使います

確かに、この日を1年待っていた。がしかし、いざ行くという段階になって「あー、今年は、やめよっかなー…」なんて怠惰な考えも沸いてきてしまうのだった。

なぜか。それはここ東京からの交通の便である。そして結局同行者がなく、ひとりで行ったのです。祭りに。それは余談として。

順を追って説明しよう。
まず岡山に向かう。それはいい。新幹線なら3時間ちょっとだ。今回は都合上、寝台列車を使ったので8時間半かけているが、寝台に乗れて楽しい、苦になんてならない。と、このときは思う。


乗るたびに自分でもあきれるほど必ず撮ってしまう、出発の一杯。
翌朝6時半、岡山着。桃太郎像前で寝てる人多数。

岡山駅に早朝着いたはいいが、ここから路線バスに乗り換える。出発は8時ごろ。まだ1時間半ある。

喫茶店でモーニング。これで30分消化。
けっきょく乗り場で待つ。未知のバスは何だかわくわくする。

中鉄バスで、ここから2時間かけて勝山というところまで行く。方向としては、岡山駅からだいぶ北上し、鳥取県との境まで近づく形だ。

乗客の数は、半分に満たないくらい。いったいこの中の何人が「ハンザキ同好の士」なんだろう。ハンザキ好きは見た目ではわからないものだ。


ザ・夏休み。
すばらしくきれいなJR中国勝山駅。ここでいったん到着。

ここ勝山が目的地ではない。中国勝山駅で降ろされたあと、真庭市コミュニティバス「まにわくん♥」(原文ママ)に乗り継ぐ。

岡山からずっと乗ってきた女の子3人組、彼女らも終点勝山まで往復のチケットを買って乗ってきたので「お、もしやハンザキファンですかい?」と親近感が沸きかけていたのだが、運転手さんに「このバスで蒜山まで行きますか?」と聞いていた。蒜山とは、湯原温泉の先にある高原リゾートである。ハンザキ関係者では全くなかった。


ずんずん山に分け入っていく。
本当にこの先に、温泉と祭りが存在するのか。不安な表情である(再現写真)。

30分後、やっと湯原温泉に到着。
雲が輝いている。

前日22時に東京駅を出発して、目的地である湯原温泉には11時前くらいに到着。もし新幹線を使ったとしたら、東京駅を9時ごろに出たら到着は15時過ぎくらいか。こう書いてみると別に何でもなく思える。

が、事前に調べたところ、岡山からのバスはどうやら1日4本こっきり。勝山から湯原温泉への道のりも、土地鑑がなくペーパードライバーなために漠然としたまま計画せねばならず、不安だったのだ。

バスのチケットの買い方やコミュニティバスの降り方とか、こまごまとしたブラックボックスもあったが、なんとかたどり着いた。ひさびさに不安だらけの行程が、逆に楽しく思えるが、こんな風に遠くから来る観客って果たしているのかどうか。

たどり着いても、街の様子は何だか妙だ。


つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation