デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


フェティッシュの火曜日
 
海の中に立つ電柱


地上の電柱がつづく先は・・・あれ?

タイトルで言っているままの風景を、間近に見られる場所があるという。
海の中に立つ電柱の正体を確認しに行ってきた。

ほそいあや



こんなことになってる

説明するよりまず先に見てください。


青い空、青い海、グレーの電柱、・・・ええ?

沖のほうまでずうっと電柱が続いている。海の底に街があって、水没してしまったのだろうか。

海から電柱がにょきにょき生えているのを初めて見たけど、美しい。

なにかエラいことになっている光景だが、もちろん海底に街はない。どうやら、はるか沖にある建物まで電力を供給しているようだ。

 

電柱への行き方

じつはテレビ番組「空から日本をみてみよう」で紹介されて気になっていた。場所は、千葉県木更津市の金田海岸。



より大きな地図で 海の中に立つ電柱 を表示

電柱は「龍宮城ホテル三日月」のすぐ裏にある。駐車場の前の道を右へ。
川沿いに海のほうへ。

ここで注意しなければならないのは、ホテル三日月に入らないようにする事。入ってしまうと温泉は楽しめても電柱を目前で見る事はできない(建物の中から見ることはできる)。
河口のそばに橋があるので渡り、釣り船が停泊している道を入っていく。

これは電柱じゃありません。

どんどん進んでいく

陸の電柱をたどるように歩いていく。

電線は陸から受け継がれて、海へ。

最初は冗談みたいな風景だと思ったが、ずっと見ていると一枚の絵を見ている気分になった。ざばーんざばーんと波に打たれながらそびえ立つ電柱はどことなくストイックで格好良い。

意味があってここにあるというのがまた良い。

 

工場もみえる

格好良いといえば、工場も見ることができる。天気の良い日は富士山も見えてかなり気分爽快。


元気よく白煙を吐いている。

電柱と平行するアクアライン。

工場とアクアラインと富士山と電柱。東京湾って飽きない。

対岸に、横浜のヨットの帆の形をしたホテルがみえる。横浜側には電柱はあるかしらと考える。

以上、変な電柱の話でした

ただ海に電柱が生えているというだけの景色。それだけなのだけど、彼らにはなんともいえない哀愁が漂っていた。格好良さと物悲しさは背中合わせなのかもしれない。
この日は晴れていたが、海が荒れている時も見てみたいと思った。


 
 

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation