デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


はっけんの水曜日
 
夢のモクズガニ捕り


モズクガニではなくてモクズガニですよ。

私以上に食材採集に熱心な友人から、「モクズガニを捕りにいこう」というメールが来た。

彼は以前トングでのイシガニ捕り(記事参照)を教えてくれた恩人で、いつも季節に応じた海遊びの新しい境地を開拓している、パイオニア精神あふれるナイスガイだ。敬意をこめて先輩と呼ばせていただこう。

先輩の教えてくれる遊びにハズレなし。ということでモクズガニを捕りに行ってきました。

※川によってはモクズガニの採取に、入漁券等が必要な場合があります。

玉置 豊



モクズガニと私

モクズガニといえば、編集部安藤さんが沖縄に住んでいたころにトングで捕まえた記事を読んで(記事参照)、心底うらやましかったのを覚えている。


この記事を読んで、すぐにでも沖縄旅行にいこうか本気で悩んだ。

その記事は「僕は食べずに逃がした。」という締めの一文で終わっており、まだろくに会ったことのなかった安藤さんに対して、「この人とはうまくやっていけないだろうな」と思ったものだ(今はうまくやっています)。

そんな思い出を踏まえて、モクズガニを捕まえて食べたいと思う。

モクズガニは河口にいるらしい

パフィーの「渚にまつわるエトセトラ」にあわせて、「カニ〜捕りいこう〜、カニ〜捕りいこう〜」と歌いながらやってきた場所は(カニ捕りのときは必ず歌う)、千葉県を流れる小さな川の河口。なんでも秋になると、普段は川の上流に住んでいたモクズガニが産卵のために河口まで下りてくるらしい。

この場所は先輩が狩猟仲間と何度もいろいろな場所に足を運んで探し当てた秘密の場所だ。地元でもないのにこういう場所を探し当てる行動力と情報収集力がすごい。


トングじゃなくて網でとります。

数日前に通過した台風の影響で、少し水かさが増えた川の護岸をライトで照らしながら歩く先輩。

「ちょっと濁りが強くて見つけづらいかな」といいながらも、探しだしてカニ歩き15歩くらいで、早くも目的のモズクガニ、いやモクズガニを発見した。さすが先輩。リスペクト、リスペクト。


護岸にへばりつくモクズガニ。この場所にモクズガニがいると知らなければ、絶対にその存在に気がつかないだろう。

ほらそこにもカニがいるという幸せ

遠くからではなんだかよくわからなかったが、近くで見ると、なるほどカニだ。私が生まれ育った埼玉の川には、こんなでかいカニはいなかったので大興奮。

先輩が見つけたモクズガニだが、失礼して私が網を入れさせていただく。網ですくうというよりも、網に追い込んで捕るイメージらしい。


やっぱり最初の一匹が一番うれしいよね。

ゆっくりと網を近づけたのだが、危険を察知したカニが陸へと逃げだした。そこに足を伸ばして方向転換させると、今度は自ら網の中へと入っていた。カニゲットである。


爪や足には藻がモサモサと生えている。なるほどモクズガニだ。モズクガニでもいいような気もするが。こういう持ち方をすると挟まれます(挟まれた)。

一匹目を捕まえた興奮が冷めないうちに、カニを網に入れたまま川縁を歩き、今度は自分の目で見つけたカニを捕まえた。

さすが先輩が指定した場所、日時だけあって、憧れのモクズガニが5メートル間隔くらいで私を待ち構えてくれている。ザリガニ捕りならよくあることだが、体がこぶしくらいあるモクズガニでこの出会い率。秘境か。


ほらカニが僕を待ち伏せしているよ。

そしてカニ大漁

初めてamazoneを利用した時、欲しい本が検索するたびに次々見つかって興奮したものだが、今日のカニ捕りはなんだかそれに近い気分である。

カニ捕りはamazoneと違って料金を支払わなくていいのが素晴らしい。これは先輩にラーメンでもおごらねばバチが当たるな(と思ったがおごるの忘れた)。


先輩からモクズカニの持ち方を習った。ザリガニの持ち方を習う子供の気分。

ここで捕れるカニは私から見ればどれも立派なものばかりなのだが、先輩は以前別の川で、胴体が猫くらいある大きさのカニを取り逃がしたことがあるらしい。「タカアシガニかと思った」そうだ。

他の人の話だったら眉唾ものだが、先輩の話なのだから本当なのだろう。それ、大発見の新種だと思う。


左がオスで右がメス。

自分が捕った分(上の写真)だけでなく、先輩が捕ったのも全部もらってしまった。今シーズンはもう食べ飽きたので、捕るのだけがしたかったらしい。

ちなみにこのカニ捕り、こんなことをやっているのは我々だけかと思ったが、地元っぽいおっちゃんが何人か同じように捕っていた。

たくさん捕るにはタイミングが大切らしく、捕りはじめてから一時間もすると、モクズガニは深場に潜ってしまったのか、ライトで見える範囲からいなくなってしまった。

魔法が解けたような、不思議な気分になった。

そして玄関にあらわれたタランチュラ

たくさんのモクズガニを家に持ち帰り、とりあえずクーラーボックスに入れたまま玄関に置いておいた。密閉すると酸欠になりそうなので、ちょっとだけ隙間をあけておいたのだが、それが悪かった。

翌日、朝ごはんを食べていたら、玄関から私がモクズガニ捕りにいったことを知らない妻の「タ、タ、タランチュラがいる!」という日本国内ではありえない叫び声が聞こえた。南米か。

急いで玄関にいき、指差す方向をみて、そう叫びたくなる気持ちがよくわかった。


こりゃ驚くよな。

先輩へのラブレター

拝啓 先輩へ

次はタコが捕りたいです。

敬具

カニミソ最高。

 
 

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation