デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


ロマンの木曜日
 
牛肉豚肉鶏肉を混ぜて丼を作る


どうしてこのメニューがないのだろう

親子丼という料理がある。説明するまでもないけど、味つけしただし汁で鶏肉と野菜をを茹で、最後に卵でとじてしまう料理。鶏のうまみと甘辛いだし汁が絶妙に絡まって、とてもおいしい。

似たような調理法で、牛肉や豚肉を使った牛丼、他人丼(開花丼とも呼ぶ)という料理もある。

これらすべて、味つけはだし汁、砂糖、みりん、醤油、日本酒で、分量がやや違う程度(牛丼は卵でとじないけど)。

それなら、牛肉豚肉鶏肉の3種類をすべて使ったら、3倍うまい丼ができるのではないか。

萩原 雅紀



親子牛他人丼

さて、趣旨は上のリードですべて書ききってしまったので、さっそく料理を開始します。

まずは近所のスーパーからエントリーした肉の皆さんのご紹介。


サービス品であっても牛肉買うのに少し緊張する
安心の味と価格、豚肉小間切れ
激安の広告品、若鶏胸肉

調理法は簡単すぎて、ここにわざわざ書くのも恥ずかしいくらいですが、各肉をてきとうな大きさに切って、玉ねぎもてきとうに切って、味つけしただし汁に入れて弱火で煮るだけ。

だし汁の味つけも各家庭でいろいろあるとは思いますが、ここでは二人分として、肉が各50g(計150g)、玉ねぎ半分、卵2コに対して、だし汁100mg、酒と砂糖が大さじ1、みりん大さじ2、しょうゆ大さじ3くらい。ちょっと甘めです。


禁断の組み合わせがいま現実のものに
新しい宇宙が誕生する瞬間か
フタをして数分煮ます

肉に火が入って玉ねぎがしんなりしたら、溶きほぐした卵をかけて、半熟くらいに固まるまでフタをしてさらに弱火。


さすがに卵かけてる瞬間は撮影できなかった
フタをすればいい感じで半熟に

卵が好みの固さになったらでき上がり。ごはんを盛った丼の上に乗せて、お好みで七味をかけて、いただきましょう。


グルメリポーターが半熟で喜ぶのを見て辟易しつつやっぱり半熟で浮かれてしまう
男の料理なので盛りつけは気にしません
料理写真はもっと精進しないといけないと自覚してます

生まれて初めて見る牛肉、豚肉、鶏肉が渾然一体となった小宇宙。名前は「親子牛他人丼」とつけてみました。親子なのに他人。

材料切るところから始めても20分くらいでできてしまいましたが、肝心のお味の方はというと、これが、また、何というか、いやいや、すごく、...普通。普通においしい。

それぞれの肉の食感が違うので歯触りは楽しめるけど、単独のときより3倍うまいかと言われるとどうだろう。1.023倍くらいはうまいかも。宇宙かと思ったら太平洋。


ひき肉はどうだ

割と大きいままの肉を一緒にしてしまうと、水面下では鶏肉の淡白さ、豚肉と牛肉がそれぞれ持つ獣臭さ(単独だと食欲に繋がるのだけど)がお互い突っつき合ってプラスにならず、かと言ってそれぞれうまみも持っているのでマイナス分を補填し合って、表面的には平穏な丼になってしまうのだと思いました。

それならもうひとつ、ひき肉を混ぜたらどうだろう。3種類の肉を混ぜて捏ねてハンバーグを作るのは、以前にライター高瀬さんがトライしていたので、ここは濃いめに味つけしたそぼろを作って、そぼろ丼にしてみようと思います。


というわけでひき肉も買ってきた

そぼろも、わざわざ載せるまでもないほど簡単ですが、あっという間に記事が終わってしまうのも困るので写真を載せます。

分量は2人分で、ひき肉それぞれ50g(計150g)、酒と砂糖が大さじ1、みりんと醤油が大さじ2、すりおろし生姜が少々。

ひき肉を色が変わる程度に軽く炒めたら残りの調味料をすべて入れ、弱火でじっくり煮込んでいくだけ。


そういえばあらかじめ炒り卵も作っておいた
ほぐしながら軽く炒めて
色が変わってきたら調味料を投入!
ひたひたですが、このまま弱火で煮詰めていきます

そうして、約10分煮込んだものがこちら!(という展開、最近の料理番組でもあるのだろうか)


ぐひゃあーうまそう!!
あまりにうまそうなのでアップにしてしまおう

さっきまであれほどひたっていたのに、いつの間にか水分が飛んで、味の部分だけが凝縮されて3種類の肉と絡み合っている!これはうまそうだ!早く食べたい!

逸る気持ちを抑えつつ盛りつけて、いただきます!


丼の向き失敗した!

これは文句なくうまい!

味を濃いめにしたせいか、生姜を強めに効かせたせいか、獣臭さもまったくなくて、肉のうまみは凝縮されてて、たぶん間違いなく単独のそぼろよりうまい!

固めで歯ごたえもある牛肉、固めだけど崩れやすい鶏肉、柔らかめの豚肉と、それぞれ歯触りが違うのも分かって、そしてそれぞれおいしい。

肉界のスターを集めたこのそぼろ、各国のスターを集めたサッカーチームになぞらえて、銀河系丼と呼んでもいいのではないでしょうか(飛躍しすぎ)。

そぼろうまい

本当は親子牛他人丼がメインで、そぼろはおまけだったのですが、食べてみたら完全に銀河系そぼろ丼が主役級のうまさでした。

いつか、ラムとか馬肉とか鯨肉のそぼろもくわえた、偶蹄目そぼ...いや、ほ乳類そぼ...いや、脊椎動物そぼろを作ってみたいと思います。

6種類くらい混ぜたい

 
 

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation