デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


ちしきの金曜日
 
新橋の異常な居酒屋「加賀屋」に潜入


カエルになって暴れるマスター

東京の新橋にある「加賀屋」という居酒屋がすごい。

僕はこのお店を3年前くらいに知った。それ以来、気に入って何度か行っている。しかし、ここを一言でどう表現したら良いのか、未だに言葉が見つからない。

今回は加賀屋初体験の方4人と一緒に行ってきました。

斎藤 充博



入り口は地味

加賀屋はJR新橋駅から徒歩5分のところにある。この辺りは居酒屋の激戦区だ。週末になれば酔ったサラリーマンでごったがえす。

そんな激戦区でも、自分のペースで、全く独自の営業を貫き通しているのが「加賀屋」である。


これが店の入り口

看板には、「ほのぼの料理」、それから三匹の動物が描かれている。そして看板の右の獅子舞も、多分加賀屋のものだと思う。

とくになんてことのない入り口だ。この看板がこれから起こることの伏線になっているなんて、誰が考えるだろうか。


20人くらい入る小さな居酒屋。席は全部座卓

内装も別に変わったところは無い。ちょうどここまでは、普通の居酒屋だと思う。

今回の参加者が全員席に座ったところで、店のマスターが「あー、それじゃ、始めちゃっていいっすかー」と、ぶっきらぼうに聞いて来た。


頭にオシボリを載せたアンパンマンが出て来た。始まる

アンパンマンがオシボリを持って来てくれる

全員がオシボリをとると、マスターは奇声を上げてアンパンマンをお客の方に振り回す(恐い)。そのあと特になんの説明もなくアンパンマンを下げていった。


何も知らない参加者の反応は唖然と半笑い

 

メニューはジャポニカ

加賀屋の料理メニューは全て「コース料理」となっていいる。単品での注文はできない。そしてこれがメニュー表。


ジャポニカ学習帳(さんすう)

なれなれしい1050円コース
しんみりした2100円コース

「ダーン」みたいな2650円コース
静かに「こわれたい」と語りだす4200円コース

このメニューに文句を言いたいことはたくさんある。しかし、肝心なのは、何が出てくるのかさっぱり分からないことだ。マスターに聞いても教えてくれそうにないので、とりあえず4200円の飲み放題コースを選ぶ。

そして、参加者の方にコースをオーダーしてもらったら、「オーダーに感情がこもっていない」と3回やり直しさせられた。


いい大人がオーダーして、理不尽に怒られる

 

毎回必ずこういうやり取りがあります

「加賀屋」という居酒屋をどう説明したら良いか分からなかったので、とりあえず序盤の流れを、そのまま書いてしまった。

読んでいる方は、なんでこんなことが行われているか、よくわからないと思いますが、実際に何度か来ている僕もよくわかりません。


つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation