デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


はっけんの水曜日
 
回転寿司のネタを見ないで食べて当てるゲーム


けっこうわからないものですよ。

人間が感じる味というのは、かなりの割合を見た目に左右されているのだという。食べる前に見た目ですでに「新鮮でおいしそう!」とか「脂がのっている」とか、その味を判断しているということだ。

では味覚だけに頼った場合、どれだけ正確に味を判断できるのだろうか。

回転寿司で目を閉じて食べて、それがなんのネタか当てるというゲームで検証してみたい。

玉置 豊



かっぱ寿司で対決だ

このゲームの舞台に選んだのは、近所にあるかっぱ寿司。値段による味の違いという要素を省くべく、105円均一の回転寿司を選んでみた。

対戦相手に立候補した編集部の工藤さんは、週に一度くらい、なにかいいことがあると回転寿司にいくという強豪だ。また弟が回転寿司店に勤めていたことがあり、いろいろと裏話も詳しいのだと豪語している。


服装が全体的にかぶった。

迎え撃つ私はというと、回転寿司は大好きなのだが、家族で行こうとすると「一歳児に食べられるものがない」という理由で却下されるため、最近はなかなかいけずに寿司に飢えている。

また日本さかな検定の現時点での最高位保持者(まだ二級と三級しかない)としては、魚の味判定で負けるわけにはいかない。負けたらさかなクンの物まねは封印しようと心に誓って勝負に挑む。


メニューの表面は、食べなれたネタが並んでいるので、まず間違えることはないとは思う。
裏面の軍艦系は普段頼まないので間違えるかも。このほかに季節のメニューがいくつかある。

 

ルール説明

このゲームをするにあたって、一応ルールをつくってみた。

  • まず先攻と後攻をじゃんけんで決定。
  • 守備側よりネタを指定し、守備側はそのまま、攻撃側は目隠しをして一貫ずつ試食。
  • 攻撃側はメニューを見ながら食べたと思われるネタを発表したのち、守備側より正解発表。
  • 五回戦(合計10皿)で正解の多いほうが勝ち。

回りくどい書き方をしたが、ようするに交互に目隠しして食べて、ネタがなにか当てていくという話だ。


あいこが三回くらい続くと、なんだか照れくさいですね。

じゃんけんに勝った私は、先にネタを選ぶ後攻側を選択。

どのネタを選ぶかが勝敗のキーポイントになってくるのだが、まずは勝ち負けの問題よりも、うまそうなのが回っていたという理由で、焼サーモンをチョイスしてみた。


回転寿司といえばサーモンでしょう。
脂コッテリに香ばしそうな焼き色がうまそう。北海道出身の工藤さんにとっては、サーモンは得意分野だったか。

サーモン系は他にも、とろサーモン、普通のサーモン、玉ねぎの乗ったサーモンと合計4種類あり、適当に取った割には、かなり難易度が高いかもしれない。


つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation