デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


ちしきの金曜日
 
買い物袋から出てる青いネギが恥ずかしい


駅で持っていると意外とみんな見るんですよ

先日、隣街のスーパーで野菜を買って、電車に乗って帰った。

そしたら、電車の中でスーパーのビニールバックを持っているのが、なんだか恥ずかしくなってきたのだ。

とりわけネギの頭ががニョキっと出ているのが、恥ずかしかった。

そういう話です。

斎藤 充博



どこから恥ずかしくなるんだろう

確かに電車の中で、スーパーのバッグから野菜をはみ出させている人ってあんまりいない。周りにいないのが恥ずかしいのか。それとも電車だから恥ずかしいのか。

徐々に探ってゆきたい。まずは近所のスーパーから。


まだ全然恥ずかしくない

何の問題もないです。当たり前の風景。
前に電車に乗った時は恥ずかしかった…それでは乗りものつながりでバスはどうか。


まだ大丈夫

全然恥ずかしくない。このあたりはまだ日常の風景だ。
…ただ、いまこの原稿を書くにあたり、画像を改めて見るとこの仁王立ちのポーズがなんだか少し恥ずかしい。

 

恥ずかしさは突然に

ひょっとしたら、先日駅で感じた恥ずかしさはなんかの勘違いだったんじゃないだろうか。そう思ってそのまま駅に来てみると


急に恥ずかしくなってきた!

そして電車が来たらより一層恥ずかしくなる

よく考えたら、先日電車に乗った時に充分恥ずかしかったわけで、それを確認しているという動機も相当恥ずかしい。

なんで恥ずかしいことを二度やるのか。恥ずかしいのが好きなのか。そんな風に頭の中でぶつぶつ言っていると何も考えられなくなってくる。じっとりと汗をかいてきた。


ネギ臭い
たまらず乗り換え(した先もやっぱりネギ臭くなるんだけれど)

気づいたことが一つあって、山手線の車体のラインカラーとネギの青い部分の色は一緒だ(右上画像)。

でも山手線がネギと親和性があるかというと、全然そんなことはなくて、むしろ最初に乗った京浜東北線よりも恥ずかしかったような気がします。

 

明確に恥ずかしい

在来線でこれだけ恥ずかしいのなら、新幹線のホームでは一層恥ずかしいんじゃないか。ドキドキしながら行ってみると


これがほとんど全く予想通り恥ずかしい

驚くべきことに、ネギ持ってるとみんな判で押したようにジロジロ見てくるのだ。ネギがそんなに珍しいか。

確かに新幹線のホームでスーパーの袋持ち歩いている人はあまりいない。でもよく考えて欲しい、これはただのネギなんだよ!一々見るほどのモンか!そんな風に騒いでやりたいが、騒いだら余計恥ずかしいので騒がない。

ところで、読者の方には「ネギ持っているだけで普通のカッコでしょ?デイリーポータルって、もっと恥ずかしいカッコして外に出るようなことたくさんやっているよね」って思っている人もいるかと思う。


私もウェットスーツを来て近所を歩き回るというのをやったことがありますよ

しかしそんな極端な目立つことをやるよりも、この「ちょっとだけヘン」な方がずっと恥ずかしい。自分の頭の中で吹っ切れるタイミングが、どうしても見つからないのだ。


ウェットスーツの時はこのように自分の中で吹っ切れたけれども

今回は内なる自分のの目線もなんか冷たいんですよね

 

それじゃ街の中はどうなんだ

このさい、思い切って繁華街に出てしまえば恥ずかしくないんじゃないだろうか。例えば渋谷を行き交う人たちは手持ちののネギなんか一々見ないに違いない。

そう思って渋谷のスクランブル交差点の所まで来てみたのだが


どうしようもなく恥ずかしい

ここなら、みんなネギなんて見ていない…と思いきや、視界の端でしっかりビニール袋のネギを追っている。

露骨にジロジロ見るような人こそいないが、チラチラ見ている人があっちにもこっちにも数多くいて、すごく恥ずかしい。


念のために来てみた109前も、同様の理由により恥ずかしい

 


内なる自分もギブアップを求めてきた

渋谷には色々と目立つ人がたくさんいるのに、しっかりと買い物袋とネギを人が見ているのは不条理だと思う。謝って僕を見ないで貰えるのなら、そうしたい。でも往来で謝りはじめたらみんな余計にこっちを見ますよね。

ここでここまで恥ずかしいのなら、もっともっと人通りの多いところに行ったら、僕はどうなってしまうのか。そして一駅電車に乗って原宿は竹下通りに来てみると


もうカメラを見れない

内なる自分が全く役に立たない

原宿に来たらもうどうしようもなく恥ずかしい。カメラと買い物袋をまともに見れない。うつむきがちな撮影となってしまった。

 

都庁でネギをまさぐられる

しかしこの話、恥ずかしい恥ずかしいと言っているだけで、一体どこでどう区切りをつけたら良いのか、わからなくなってきた。そんな「何がなんだかわからなくなっている状況」の一環で来てしまった、新宿の都庁で意外なことが起きた。


今までとは全く質の違う恥ずかしさが来ました

都庁の展望台。

ここに行ってみようと思ったら、エレベーター手前で荷物の検査をしていたのだ。気づいた時には小さく悲鳴が出た。恥ずかしい。

検査台にスーパーの買い物袋を置く。

袋の中の、ネギとか大根とかコンニャクとか豚小間とか、そういうものをいたって事務的に調べる守衛さん。今までの電車とか繁華街では、表層しか見られていなかったのに。どうしよう。

「はい良いですよー」と守衛さんの声がした。
ん?そうか。べつに良いのか。

見られている最中は、「ネギと大根とコンニャクで豚汁を作る気でいた」ということがバレた!と思って気が気じゃなかったのだが。

そこまで見せて、たぶん僕は吹っ切れたのだ。展望台に向かうエレベーターの中では、もうそんなにネギが気にならなくなっていた。


地上200メートルからお送りする買い物袋。そしてその表情はどこか落ち着いていた

都庁の展望台だけにさ

買い物袋の中身ってパーソナル過ぎませんか

季節はもう晩秋。この日、僕は家であったかい豚汁を作る気でいたのだ。そういう極めてパーソナルな欲望が、ネギを通して生活感のない場所にいる人たちに伝わってしまうようで、それが恥ずかしかったのだと思う。都庁では完全に守衛さんにバレてしまった(と自分で思った)ので、その後どうでもよくなった。

しかし、豚汁を作る事自体はよく考えたら別に恥ずかしくないのだ。こういう気持のアヤって、やっぱり何だかわからない。

大根の葉っぱも弱り切っていた

 
 

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation