デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


フェティッシュの火曜日
 
「イリオモテヤマネコ注意」看板コレクション


 

イリオモテヤマネコといえば、西表島にしか生息しない絶滅危惧種として世界的にも知られている。日本人ならまっさきに浮かぶ特別天然記念物と言ってもいいかもしれない。

西表島では、ヤマネコが車にひかれる事故が増えている。対策として設置された「とびだし注意」の看板を集めてみた。

ほそいあや



共生したい。
あとを絶たない交通事故

西表島には今、約100匹のヤマネコがいると推定されている。記録されてから今まで交通事故の犠牲となったのは49匹だそうだ。
ただでさえ稀少なのに車にひかれて死ぬケースが多いなんて…やるせない話だ。

島ではバリエーションに富んだ標識やポスターなどでドライバーに注意喚起している。

あえて無残な姿を写すポスター。
レンタカー屋に新聞記事が貼ってあった。

 

ヤマネコ注意看板

西表島は7割が山林で、県道は一本しかない。県道沿いでは多くの目撃情報がある。県道にはどの交通標識よりもヤマネコ注意の表示が多い。


オフィシャル標識はちょっと中華風(と思うのは私だけですかね)。
ネコ注意。字面だけでかわいい。
写真バージョンはわき見運転してしまうのでかえって危険。
目撃された場所に随時移している移動式看板はパトランプつき。

カメラ目線バージョン

まずこれらの標識の中から、ヤマネコと目が合うタイプのものを紹介したい。リアルなイラストが多く、実際遭遇したらこんな表情を浮かべるんだろうな、とわくわくする。


猫背、警戒した目、たまらない。

上のものは私の一番すきなデザインで、島内で一番よく見るタイプだった。はっと振り返るネコの顔と、ヒョウの子かと思うくらいに強めに描かれた体の斑点が実にいいですわ。
帰り際、同じデザインのステッカーがお土産として売っているのを見つけて沢山買ってしまった。

文章が何パターンかあるタイプ。
子猫!
文章ちがい。子猫は消えちゃってるけど。
文章ちがい。子猫も文章も消えちゃってるけど。
お、あるある。と思って近づくと、
めっさ怒ってるやん
子育て中ならしかたない。

威嚇萌え

威嚇バージョンも実にいいですな。イリオモテヤマネコに遭遇する確率は低いけど、看板だけでもこんなに豊かな表情をみせてくれるなんてとても楽しい。


ファンシー系

のぼりタイプのものは柔らかめのイラストだった。そんなに堅苦しく描かなくてもよいのだろう。


これはひとつしか発見しなかった。レアか。
キャラクター系もレア。
ちょっと通りますよ風に。
おまえ車の怖さを知らないな。

本当にたくさんいた。
ハンドメイド系

小学生の手づくりの看板が集中しているポイントがある。公民館の近くだったので、そこで作っているんだろう。

普通の注意看板は同じものが等間隔に現れるけど、このタイプは全部違う文句が書かれているのでじっくり見てしまう。いや、じっくり見たら危ないけど。

内容のわりにポップな印象。島の子供のヤマネコ愛を感じる。直筆のちからか。

ニャーじゃないよかわいいから…
これも注意喚起なのか。
ヤマネコかどうか判断はつかないけど猫。

 

ヤマネコ探して島をぐるぐる

雨の日が多かったので、ほとんどレンタカーで県道を走っていた。それなりにいろんな動物が見られて楽しかったけど、やっぱりヤマネコをこの目で見てみたい。


一番ドキっとした瞬間。
イエネコでした。この猫、ぜったい何度も間違われてるな。
道路を横断するのはセマルハコガメばかりなり。
車を降りて路肩に避難させる作業、3回やった(うれしい)。

 

モニター越しにヤマネコを見られる施設

西表島には、絶滅危惧種の動物などを守るために設けられた「野生生物保護センター」がある。


西表の動物について何でも知れるよいところ。
事故死したヤマネコのはく製。イリオモテヤマネコの大きさは3〜5キロでイエネコと変わらない。
動物目撃情報マップ。
オレンジ色がヤマネコ。見られた人全員におめでとうを言いたい。

 

ヤマネコ「よん」

「よん」は事故に遭って保護され、このセンターで人工飼育されている。このよんの姿をライブカメラで見ることができる。


平均寿命は10歳くらいらしいが、よんは現在14歳。
「ウピャーー」という声だった(伝わらなくてすみません)。
リアルタイムでヤマネコ見てる、私、と思うと興奮する。写っていない時は係員さんに言うとカメラの切り替えをしてくれます。
雨の中、屋根にも入らずそわそわしていた。餌を待っているのか。しぐさはイエネコをあまり変わらない。
センターではヤマネコの写真が沢山展示されている。それだけでも行く価値がある。
撮影者がうらやましすぎるでしょう。
イリオモテヤマネコ検定実施中。全問正解すると認定証がもらえるよ。

稀少というだけではない引力

今日は何してるだろう?と、滞在中数回よんを見に行った。もうすっかりヤマネコのとりこになってしまった。

絶滅危惧種だからというわけでなく、川に潜って上手に魚を捕ったり、カエルや蛇を頭からボリボリ食べちゃったり、名前の通りワイルドキャットなのに小さい体、丸っこい耳。ふらふらと車道に出てきていちいち危なっかしい。ギャップ萌えとも言いましょうか。

看板コレクションのつもりがヤマネコへの恋文になった

あえなかったけれど、次こそはあいたい。帰宅してから、飼い猫をヤマネコと思って今過ごしています(…なんていう事もなく、猫ならそれで充分なのだが)。
何はともあれ、西表島に行く際は「ヤマネコ飛び出し注意!」ですね。

同じく絶滅危惧種の特別天然記念物、カンムリワシは見ることができました。


 
 

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation