デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


ひらめきの月曜日
 
厳戒警備のAPECと、カエルの会議


カエルと経済との関係やいかに。

エイペック(アジア太平洋経済協力会議)を目前に控え、開催地の横浜はいまものすごい警備体制になっている。まさに針の穴も通さないといった感じだ。

そんな中、同じ横浜でカエルばかりを集めたシーペックという展示が行われていた。

安藤 昌教



まさに厳戒態勢です

各国の首脳が集まって経済について議論する(そのくらいの認識ですみません)APEC(エイペック)という会議が11月に横浜で開催される。

これに向け、いま会議場付近では厳戒態勢といっても過言ではないほどの警備がしかれているのだ。

まずはその様子を見てもらいたい。


エイペックは11月7日から14日まで。パシフィコ横浜にて。

横浜駅で降りたことがある人は、今みなとみらい地区へ向かうといつもとちがった空気を感じることだろう。

とにかくものすごい緊張感があたりを占めているのだ。


やたらと警官が多い。コインロッカーに何か入れようものならすぐにやってきて何入れるのか聞いてくる。
会場付近の道路はくまなく検問がしかれ。

その先は一般車両よりも警察車両の方が多くなってくる。というかほとんどパトカーしか走っていない。
このぐらぐらした石畳をさっき警官が3人でほじくり返していた。

道には50mおきくらいに警官がいる。こちらは北海道の警官。
こちらは熊本県警。日本中の警察官がいま横浜にいるんじゃないかとすら思う。

会場付近はUターンできないよう防御壁ができていた。

とにかくえらいことになっているのだ。

背負っていたリュックを道端に置いてデジカメを取りだそうとすると後ろに警官が立っているぞ。

警備は9月くらいから徐々に厳しくなってきている。工藤さんはよくこんな中で粘土細工なんてやったもんだ。今なら連行されるぞ。

そんな横浜で、今まったく別の国際会議が開かれているという。そんな情報を聞いてやってきたのはここ。


水族館だ。写真が限りなく不審者っぽいのは別問題。

シーペックは水族館で

横浜市金沢区にある八景島シーパラダイス。その中にある水族館では、現在APECならぬseaPEC(シーペック)という展示が行われているのだ。


シーペックもエイペックと同じく11月14日まで。

シーペックは、エイペックにちなんで世界各国のカエルを集めた展示なのだとか。経済会議からいきなりカエルまで飛んだわけだが、その間を埋める説明は特にない。

なんのことやらだと思うので、まあ見てほしい。たとえばこんな感じだ。


会議。

水槽の中に会議机が設置されている。

これがシーペックだ。この場合どこにカエルがいるかわかるか。


ここだ。

横浜のあの厳戒態勢からは想像もつかないフリーダムかつピースフルな空間がここにはある。


シーペックメイン会場。

こちらはエイペック会場前。完全バリケード。

水族館はカップルばかりが目に付くが。
シーペックには子供ばっかいるぞ。カエルだからな。

エイペック同様、各国からやってきたカエルたちは別の国のカエル数種類と一緒に一つの水槽に入れられている。まさに国際会議状態だ。話し合うかどうかわからんけど。


忠実にエイペック参加国のカエルを集めてきています。
でもカエルだからさ。

どこにいるのかわかんないんだよね。
出没スポットって書いてあるけどいないし。

いたとしても動かないし(キンメツブハダキガエル=マレーシア代表)。

確かにこの静けさはエイペック会場付近の緊張感に通ずるところがある(強引につなげた)。


エイペックでは周辺のショッピングモールも厳戒態勢。

カエルにはカエルのよさがある

カエルだから周りに同化していてなかなか見つけることができないのもシーペックの特徴だ。

子供たちもしばらく探して見つからないと「いないじゃん」ってジンベイザメとか見に行ってしまう。


大人の根気で探すと確かにいるんだけどね(ミツヅノコノハガエル=シンガポール代表)。

しかしカエルは長時間見ているのに向いていると思う。

ほとんど動かないが、まったく動かないというわけではないのだ。たまにのどをぴくぴくさせたりすると、妙にうれしくなる。本気で飼おうかと思ってしまう。


おい、経済の話しようぜ(チョウセンスズガエル=韓国代表)。
しねえよ、おれカエルだし(モリアオガエル=日本代表)。

なあ、いちおう貿易の話とかした方がいいんじゃねえの(モリアオガエルたち=日本代表団)。

しなくていいよ、カエルなんだから(コケガエル=ベトナム代表。真ん中のコケみたいなのです)。

虫はタダだしな(アジアウキガエル=タイ代表)。

かれこれ1時間くらいカエルの水槽に張り付いていた。カエルも中から(物好きなおっさんが見とるな)くらい思っていただろう。サメを見終えて帰ってきた子供にも(あの大人、まだいる)って親にささやかれてしまった。

シーペックにはエイペックのような緊張感があるわけではないが、カエルはカエルで絶滅したりとかいろいろ問題を抱えているに違いない。でもそんなそぶりをまったく見せないのはえらいと思う。自分でも何を言っているのかわからないですが。

シーパラダイスにはもちろんカエル以外にもたくさんの動物がいるので行くといいと思います。最近ジンベイザメもやってきましたよ。


特に白クマはものすごいフレンドリーで人気。

シーペックはここでしか見られないぞ

11月のエイペックに向け、横浜はさらに緊張感が増すことだろう。会期中は交通規制がなされて会場付近には近づけなくなるらしい。

そんな時にはシーペックを見に来たらいい。帰りに水槽でも買って帰れば経済の循環にも役立つと思います。

マリノスの選手を魚に例えた精力的な展示もある。

 
 

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation