デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


土曜ワイド工場
 
東西ぐるぐる橋対決


ぐるぐるぐる

遠く関西から、ぐるぐるしてる橋の噂が聞こえてきた。しかも、同じ川に、競うように3つのぐるぐるが存在するらしい。東京でゆりかもめに乗ると、レインボーブリッジのぐるぐるで常に大興奮の私、これは東西で比べてみないわけにはいかないのではないか。
いろんなところから眺めてみた。

田村 美葉



第一のぐるぐる、レインボーブリッジ

まず、かませ犬となってもらうのは我らが東京代表、レインボーブリッジ。
ゆりかもめで上からいくのももちろん楽しいが、ここはやっぱり、ループの真ん中に入ってみたい。しかし真ん中は海だ、どうする。じつは、このループの真ん中に入る、というクルーズに乗せてもらったことがある。2回くらい。


やっぱり、あの中に入りたい。
やおら全員立ち上がる格好良さ。

そしてここをくぐる!

ループの中は船だまり。2回目のクルーズでは広角レンズを持っていったんだけど、ループ具合がまったくおさまりきらない。

そして橋脚ひとつひとつがこんなにおっきいのだ。ずーん!
どーん!

レインボーブリッジ寸評
ループ : 1重だがじつは3重かも
特徴  : すごいでかい、橋脚かっこいい
総合評価: ★★★★☆

レインボーブリッジ、ループつってもたかが1重だし、と思っていたが、一般道が上下で2本、そして真ん中にゆりかもめと、3重ループといえなくもないんじゃないか。あ、意外と負けてないかも。
さぁこれに対する大阪のぐるぐる、どれだけすごいのかみせてもらおうじゃないですか。

 

「めがね」が特徴、千本松大橋

というわけで大阪でも船に乗ってきた。というわけでもなにも、じつをいうと、先週の大山さんの記事にちゃっかり登場していたとおり、その問題のぐるぐるが存在する木津川をゆくクルーズに私も乗せてもらったのである。
まず見えてきたのは、千本松大橋。


かっこいい橋。「めがね橋」という愛称です、との船長さんの解説に、全然ぴんと来なかったのだが


より大きな地図で 2010年10月16日大阪ドボククルーズ01 大正区をぐるっと を表示
大山さんの地図をみて納得!左岸、右岸に両方ぐるぐるが存在するのだ。大阪のひとたちってば、贅沢。

翌日、今度はひとりでもっと近くから眺めてみようと木津川左岸の住宅街を地図を頼りに歩いていったのだが


迷いようのない存在感。

どーん!

このぐるぐる、徒歩でも自転車でもわたることができ、しかも渡し舟もあり、さらにバス停も近くにあり、どうしようか迷った挙句バスを選んだのだけど、おもしろすぎたので渡し舟で戻ってきてもう一度バスに乗った。


渡し舟より、左岸

右岸

左岸

右岸

なんか色合いとか、オシャレだな、千本松大橋。さてはオシャレ眼鏡か。


千本松大橋寸評
ループ : 2重
特徴  : 2つあるっていうのはいいことだ。
総合評価: ★★★★☆

バスより。ぐるぐるのぼって、ぐるぐるおりる。これは楽しいぞ、やっぱり。


第三のループ、新木津川大橋

そして向かうは新木津川大橋だ。千本松大橋からすこし下流にいったところに、文字通り輪をかけて3重の橋が誕生したというのだ。大阪のひとっていうのは、どうしてこうもデフォルトで対抗心を身に着けているのか。

そしてこの新木津川大橋、立地もすばらしい。



大きな地図で見る
工場地区どまんなか

はたして、一般人も入っていけるのかしら?と思ったが、ずんずん入っていけちゃった。


まるいものってかっこいいナァ

こっちのはまるくてかわいいナァ

例によってあまりに楽しいのでここまでくるのに1時間くらい要している。夢中になっていたら背後に既にあいつが現れていた。


あ、あった。

3度目のどーん!

こちらの新木津川大橋は、工場地区にあることもあって自由気まま、ありのままの姿って感じだ。眼鏡でいうなら(これ眼鏡橋じゃないけど)自然な黒縁。そういう自然体も好きよ、私。
ここも渡し舟があるんだけど、やっぱりせっかくなので徒歩でのぼってみよう。


いちばん下は公園

1重目

2重目

3重目、頂上。めちゃくちゃ高い!

新木津川大橋寸評
ループ : 3重
特徴  : 3重ループってことは、のぼると4階ってことなんだ、高い。
総合評価: ★★★★★

 

こういうおもちゃ、むかし兄がもってたな。

ぜったい意識しての3重ループだとおもう

こんな勝手なイメージ怒られるかもしれないが、大阪のエスカレーターを観に行っても思うことに、関西のひとって本性として皆「あいつと同じことはしてられへん」っていう意識が備わってる気がする。ごくあたりまえに「千本松大橋が2重なら3重にしないわけにはいかんですよね」「そうですよね」と考えてこうなった、そんな人間っぽさを勝手に感じ、私はうれしくなった。あとやっぱり、高いところ好き。

帰りに枚方市に寄ってスパイラルエスカレーターを観たのでこの日の写真は一貫してぐるぐるしていました。

 
 

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation