デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


ひらめきの月曜日
 
竿でなく、芋で魚を釣る


で魚、釣りたい。

友人に釣りに誘われ、言われるがままに参加を決めた。
そして送られてきたメールが「竿持ってますか?」それを見た僕は竿(さお)を芋(いも)と勘違いした。

なに、釣りって芋使うの?意味わかんないと思って気付いた。芋じゃない、竿だ。だが待てよ、名は体を表すように、漢字はそのもの自体を表す。これだけ似てるんだ、芋でも魚釣れんじゃないかな。

(※編集部注:以下、どんどん紛らわしくなってくるため竿を青文字、を赤文字で表示します。間違えないようご注意ください。)

尾張 由晃



界の竿はサツマイモと長

竿代わりにして魚を釣ろう。そう思いを買いにスーパーへ。
竿になりそうな、ふさわしそうなを買ってきた。

まだ書き出しだけれども、現時点ですでに竿が紛らわしくて しょうがない。ちょくちょく竿を入れ替えて使ってみようかなと思ったが、そうなると収集が付かなくなるのでやめた。


竿候補筆頭。中国語みたいになった。

それで買ってきたのがこの二つの。サツマイモと長だ。 と言われてパッと思いつく、らしい、と竿になりそうな。という事でこの二つのを選んだ。

さて、この竿にする。これに釣り糸結んで「はい、竿」としてもいいが、それではどうも釈然としない。ちゃんと竿にしなければ。

 

リールを付ければ竿っぽい

竿らしさとはなんだろう、多分リールだ。あの手元で糸巻くやつだ。


中古で200円。そんな値段であるんだねー。

と、言う事でリールを買ってきた。余談だが、今回の記事で一番苦労したのがリールの糸巻き。それだけで2ページは書きた けれどまぁ、冷静になればどうでも良い。


秋の味覚のが、竿に!
ネバネバヌルヌルのが、竿に!

リールが現れると急に高まる釣り感。これ、本当に竿になるぞ。自らやりながら半信半疑だった僕をも引っ張るリールの釣り力。

竿に糸通す所が必要なんだね。
これで良いですか?

あと竿に必要なのは糸を通す穴。いや、もっと必要な部分があるんだろうけど、素人から見たらそれだけだ。リールと糸通す所。竿としての条件は満たした。竿になった。

 

竿を干した物


買ってきた。

竿の漢字が似ている、漢字はそのものを表すと言うのなら、もう一つ試したい物がある。だ。竿という漢字はを干すと書く。ならばでもイケるだろ。干してるし。

ホントに竿だ。
完璧。

同様にリールと糸を通す所を作る。するとどうだ、まるで本物の竿のよう。竿だ!と言って喜んでいたのがどうかと思われる完成度。

だが竿は見た目じゃない、性能だ。この竿達を持って、実際に釣りに行ってみた。


つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation