デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


フェティッシュの火曜日
 
石を割って中を見よう


 

ここでいう石とは道端に落ちているそのへんの石のことである。

ふだんは気にも留めないが、パカっと割れて断面をさらしている石のなかに「おや」と思うものがたまにあり、眺めると地味に楽しいのだ。とりわけ、断面が地層状態になっているものにそそられる。

というわけで石を集めて割り、中を眺めてみよう。

榎並 紀行



街の石を集める

ご承知の通り、石はそのへんにいくらでも落ちている。


さあ出発! と自宅を出たらマンションの植え込みにさっそく石があった

さっそく本日のファースト石を自宅マンションの植え込みで採取。綺麗で手触りもつるつるしており、思いのほかいい石だった。足元にありながらこれまで気づかなかった。

意外とうちのマンションいい石使ってるな

もしかしたら勝手に持ち出していいレベルの石じゃないかもしれないが、住人だから許してもらえるだろう。家賃も滞納したことないし。

この調子で、ざくざく石を集めていこう。


石の写真ばかりで恐縮ですが、この先もほぼ石しか出てきません

ふだんそれほど興味がなくても、いったん始めると夢中になる石集め。振り返ったら、まだスタートして50mくらいしか進んでいなかった。

少しペースを上げていこう。


まだ家の近所でした

街中だけでも石は採取できるのだが、もっと自然に近い石もほしいところだ。

 

近所の海へ

葛西臨海公園(東京都江戸川区)の奥に「葛西海浜公園」という東京湾に面した公園がある。ここには浜辺が広がっていて、石を採るにはなかなかいい雰囲気なのだ。


地元で海といえばこの「葛西海浜公園」
むかしオーバーオールで対談した海

この日は幸いにも冬の海の冷たさを感じさせない素晴らしい陽気。ただ、いい陽気ゆえバーベキューを楽しむ若者や水遊びに興じるファミリーが多いのは、孤独な石集めニストにはあまり幸いじゃない状況だ。


石を採取

さすが海。街以上に多くのタイプの石が採れる。波にもまれた傷跡がまだ生々しい荒削りの石から、すっかり角がとれてつるつるになった石まで多様だ。


そしてかなりの石が集まった

では、割ります

ハンマーを振り下ろすと、拍子抜けするほど簡単に石は割れた。

石がパカっと割れるとけっこう嬉しい。でもたぶん浜辺イチ地味な喜びだ。


バーベキューなんてぜんぜんやりたいと思わない

まずはひとしきり街で集めた石を割った。
印象に残った断面を紹介しよう。

採取場所:駐車場
ごつごつしてる石も断面は意外に滑らかだ

採取場所:駐車場
こんなお菓子ありそう。中までしっかりナッツ感

採取場所:自宅マンション
いい石は外見だけじゃなく中身もキラキラ

採取場所:歩道わきの植え込み
「おれは石」そんな声が聞こえそうなほど石まるだしの断面

ご覧の通り、どいつもこいつも地味なのであまり大それた感想はない。
この先も、いろんな石の断面を見て「へえ」とか「ほお」とか言うだけであるが、せっかくなのでもう少しお付き合いいただきたい。

次は浜辺の石を割ります

波にもまれてやわらかくなっているからか、海の石は比較的簡単に割れる。石の中身はもっとスカスカしているかと思ったけど、意外に密度が高かった。

…という感想くらいしか浮かばないほど、しばらく凡庸な断面が続く。


凡庸
はい凡庸

やれ凡庸
これまた凡庸。で、凡庸四天王

あははは。ぼんよー。ここまで凡庸だと逆に笑けてくるくらい凡庸なやつらである。

そのどうしようもない地味さ加減。人事とは思えませんな。


気づいたら背後に波が迫っていた

夢中で石を割っていたら背後に波が迫っていた。潮が満ちているのだ。企画が地味なので、背景だけでも明るくしたい気持ちが裏目に出た。

ちなみに2時間前

波にのまれる前に、なんとか派手にかっこいい断面に出合いたいもの。トンカチを持つ手に力が入る。

ついに、素敵な断面に遭遇

背後に容赦なく打ちつける波の恐怖と、素敵な断面になかなか出合えない焦りからイライラしてきたころ、カントリーマアムみたいな石を割ったら求めていた素敵な断面が表れた。


地層

そう、こういうのが見たかったのだ。まるで崖を思わせる見事な地層ではないだろうか。

…というほどのことではないかもしれないが、浜辺で2時間ハンマーを振り続けたつもりで断面をを見てもらうと、当時の僕の興奮が少しは伝わるかと思う。


まあ2時間あれば崖に行って地層みれますけどね

これが今日イチの断面。見事な層を成している

限界。退散します

本文とはまったく関係ないが、浜辺にわら人形が落ちていたので載せておきます

ふと地層が見たくなったら、崖を探す前に石を割るといい。小規模な地球のダイナミズムを感じることができる。

大自然の前では人間はちっぽけだなんてよく言うが、石が相手ならそんな劣等感を抱く必要はない。なぜなら石はそれ以上にちっぽけだからだ。


 
 

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation