デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


チャレンジの日曜日
 
 
閉店間際の100均が壮絶すぎる


00TOPHEITEN.JPG - 131,433BYTES

多摩に
僕もたまに行く
とても素敵な100均が
あるのですが、

なんとそこが近日
閉店することに
なってしまったのでした。

あの100均が
つぶれてしまうだなんて…

大打撃です。

では100均って、
閉店する間際には
一体どんなことになるものなのか
気になったので行ってみたところ、

それが想像以上に
壮絶なことになっていた
ので、

思い出を刻み込むためにも
その一部始終を
レポしてしまいたいと思います!

ヨシダプロ


 

いまや全国のいたるところで勢力を拡大し
永遠に栄華を極め続けるような気さえする
100円ショップこと100均ですが、

僕らが大好きなそんな100均も
ときには
閉店して
潰れてしまうことも
あるようなのでした。

100均激萌えな
僕としても
その事実を受け入れられずに

100円硬貨を持つ手も震えてしまうほど
動揺しきってしまっております

このたび
閉店してしまう
そんな100均が
こちらでございました。

 

いやぁ
落ち着きます。

まるで実家に帰ってきたかのような安堵感です。

僕も常日頃たいへんお世話になっていた
とっても素敵な100均でございます。

まぁ
よく見てみたら、
なんだか

謎の
家族っぽいキャラが!!

いたりいたしまして、
100均的にも
これは激レアかと思いますが、
そんな家族が棲んでいるからこそ
当100均には
ますますもって
萌えてしまったわけなのでございます。


そしてこのたびは
その店外にて
このように
閉店という
悲しすぎる現実が

 

 

掲げられていたのでした

あぁぁぁあぁ…
なんてこったい……。


でも
そんな現実を受け入れつつも
なんとか気を奮い立たせて


閉店間際の100均とは
一体どんな感じになっているというのか、

不安と期待を胸に
そんな店内に
足を踏み入れていきたいと思います!!



踏み入れた最初は
まぁ
いつもとかわらず

我々を歓迎してくれるかのように現れてくる
さまざまな商品たちで
わきあいあいとした店内
だったのでした


ちょっと
お店の

その奥の方へと

歩みを進めて
いきました
ところ


ん!


 

 

 

 

!!!!

がらんどう!!

 

急に
店内が
がらんどう!!

 

 

店の半分
チョー
撤去済み!!

閉店準備
もろ進行中!

って
ちょっとこれ
気早くないこれ!

今はまだ普通に
お店営業しているんですけどっ!!

 

って、

閉店間際の100均は
こんな壮絶なことになってしまうものなのですね

まぁお店によっても違うかと思いますが、
流通から何から全てのサイクルが高速な業界ですので
お店の入れ替えも
たとえ営業中でも
前倒しで実行していかなければならない
ということなのでしょう。
さすがでございます。

そのおかげで
100均ではおなじみの
「ザ・布」
のところも

 


皆無
になってしまっていたのでした。

まさに
閉店の壮絶さを
物語っていると言えるでしょう。



でも
急に
お店の半分が
あまりに
廃墟のようにがらんどうなので、
まるで
北斗の拳のような世界
なってしまっているように思えます。

悪党でも出てきそうでございます。

でも
多摩市民に
悪党はおりません。

 

そのおかげで、

そんな廃墟のなかに
ぽつねんとたたずむ

 

この一画は、
今なお
商品であってくれているのかどうなのか
判断に苦しむところではありました。


そういや
この100均なのですが、
先ほどその店外にても
謎の家族っぽいキャラが
謎の登場を果たしていたかと思いますが、

その
がらんどうになった
天井部に
目をやってみたら

 

各キャラの紹介ボードたちが!

閉店間際でありながらも
まだなお
そこに掲示され続けていたのでした!!

さすがだぜ
この家族愛!!

 

まずは男子!
僕と違ってアウトドア!

そして女子!
会社によくいるタイプ!

そして老夫婦!
高齢化社会!

そして犬!
モモの方が可愛い!

って
紹介をしてあらためて思いますが

何この家族!
他の100均にはこんなの棲みついてないわよ!
これはまさに
当100均ならではの特典だと言えるだわね!!
と、
そんなかわいらしくも温かみのある家族キャラたち
だったわけですが、

このたびは閉店により
家族の終了、
つまりは
一家離散ということで

KAZOKU.JPG - 167,698BYTES 

そんな当100均特有のこの家族キャラが
このたびの別れの壮絶さを
より演出してくれる結果となってしまったのでした。
ただただ無念です。


では
このたびは
こんな閉店という有事だからこそ
目にすることができた、
今まで知らなかった100均の壮絶な事実を
紹介してしまいたいと思います!!


まずはそこにあった
この箱!

 

 

閉店作業の仕分けゆえにこのたび
日の目に出てきた箱かと思われますが、
100均の各商品は
普段は
こんな箱で
管理されていたのですね
素晴らしいカテゴライズかと思います。さすがです。

そして
なんか

カゴの棚!

一見
きらきらした商品の棚
のようにも見えますが
よく見てみましたら

鉄!

鉄たち!

鉄っていうか
おそらくディスプレイ時に使用された
器具なのかと思いまして
ちゃんと機能ごとに
ジャンル分けされていたのでございました。

よくわからない名称の
ジャンル分けもグッときまして
さすがでございます。


そして
陶器などの
割れモノ関係の商品におきましては、

一つずつ丁重に梱包されて
しまわれているようでして、
その商品愛には
ただただ感動いたしました。


そんな店内にて

たまに
目にした
この張り紙

橋本サティ


そこに書かれておりまして

これ
どこかのB級タレントの名前
とかのようにも思えますが、

おそらくこちら

 

この多摩の近所に橋本という街がございまして、
そこにサティというスーパーがございまして、
おそらくそちらに
この一画は移動して持っていく
ということを
意味しているのではないかと思われます。
閉店間際には
このような壮絶な引き継ぎも
行われているようなのでございました。
業務において引き継ぎは欠かせませんので
素晴らしいことかと思います。


そんな撤去済みの個所には
このような張り紙がちゃんと
貼られておりまして、

そこには
店長からの
最後の熱いメッセージが
刻み込まれていたのでした。

それによると、
  ここは閉店してしまいますが
  これからは他のお近くのお店に行ってください
とのことで、

マンガなどでよくある
「ここは俺がなんとかする!おまえらは先にいけ!!」
と我が身を犠牲にして仲間たちを先へと続けさせるムーブ

匹敵するほどの
店長の壮絶な心意気に
ただ胸が熱くなりました。


そしてさらには
100均には欠かせない
店内を彩る
あの手描き度の高いポップたちが

まとめられて
今まさに撤去させられんとしていたのでした。
僕もあれらポップ大好きゆえに
このような壮絶なまでの別れの形に
ただ泣けてきました。


 

そんななか、
文房具売り場には
クリアファイルも
まだ売られてはいたのですが、

 

閉店の余波を受けてか
なかなか壮絶な並びっぷり
となっているようなのでした。


というわけで
お店の奥の方においては

振り返って店を一望してみたら、

こんなにも
向こうがほぼ別世界のように思えるほどに
閉店作業絶賛進行中
だったわけですが、

一方
つまり
入り口手前の方の売り場スペースにおいては
まだ100均として
一応
以前どおりに
きらびやかに機能していたのでした。

が、

そちらのスペースでも
よく見たら
まさにこのときも

店員さんが
閉店のための
撤去作業を
遂行中でおられました。

買おうかなと気になっていた台所用品が
次々箱にしまわれていって
なかなかに壮絶だったのでした。


ってことで

ついに別れが差し迫ってきた
そんな
我が愛しの100均
だったわけですが、

では
ここで、
今まで100円でいろいろ買い漁ってきた当店に
今までたくさん世話になった感謝と惜別の意を込めて、

Y02.JPG - 55,302BYTES

最後に
何か買い物を
してしまいたいと思います!!

Y01.JPG - 28,731BYTES

ってことで
僕が最後に
当100均で買った
100円の商品が
こちらだったのでした!!

 

 

つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
 
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation