デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


ひらめきの月曜日
 
爪楊枝は茹でたらツルリと旨い!


Starch Toothpick。日本語でデンプン爪楊枝。大久保で探したのですが見つからなかった。日本では木製の安い爪楊枝が使えるから当然か。楽天で購入。

「韓国の爪楊枝は食べることが出来る」。以前そんな話を聞きました。

調べてみると、韓国では1992年に出来た法律により、飲食店で割り箸や紙コップなどの使い捨ての物が原則使えなくなったのだとか。その影響で1999年ころからトウモロコシなどのデンプンで作られた爪楊枝が飲食店で使われるようになったそうです。

食べられるなら一度食べてみたい。取寄せてみました。

馬場 吉成



本当に食えるのか?

届いた爪楊枝の箱を早速開けてみると中には大量の爪楊枝。その色が凄い。


緑・・・

爪楊枝が緑色です。プラスチックのようにも見えます。


読めない。

原材料を確認しようと箱を見たのですが、ハングルで全く分かりません。とりあえず、上に「Starch Toothpick」と英語で書かれているのでデンプンを使っているのだろうということだけはなんとなく理解できます。


先の尖り具合は正に爪楊枝。
硬さも申し分なく爪楊枝。木というよりプラスチックの硬さ。

韓国の動画サイトにこの爪楊枝をラーメンに入れて食べている映像があったので、多分食べても大丈夫と思われます。とりあえずかじってみました。


プラモデルの外側の枠を短く切って先を尖らせたみたいだよな。食って大丈夫なのか凄い不安。
硬い!

硬すぎてとても食えるような代物ではありません。先端部分など無理矢理食べたら喉に刺さりそうです。このままでは食べられそうもないので少し柔らかくしてみましょう。

 

水に浸けると柔らかくなるそうな

購入したお店にあった注意書きでは、水分の多い物への長時間の使用は、ふやけて柔らかくなるので注意するように記載されていました。


水に浸けてふやかす。海草のように見えなくもない。

柔らかくするため1日水に浸けてみます。1日浸けたものがこちら。


膨らんだ?
水が緑色になった・・・

水を吸ったのか全体的に爪楊枝が太くなり、色が若干抜けて白っぽくなっています。購入時の説明書きによると、爪楊枝の緑色は海草由来の着色料とのことで、特に問題ないそうです。とはいえ、この緑色はちょっと引く。現地では着色していないものもあるらしい。そっちを入手すればよかったか。


しなる程度に柔らかくなりました。
曲げると簡単に折れる。

とりあえず、食べるのには問題ないレベルに柔らかくなったので食べてみます。


こういう海草か何か食べられる物と思えば大丈夫。
なんだ!このボソボソとして味の無い変な食い物は。

噛むとボソボソと崩れてきます。しかも味が無い。物凄く硬い寒天か何か。それこそ食べたことは無いがプラスチックとかを食べたらこんな感じかもしれない。ハッキリ言って不味い。とても食べられたものじゃありません。もしかして、食べてはいけない物だったかもしれない。

 

調理してみよう

いや、そもそもこれはデンプンの塊のはず。水で戻しただけではボソボソして味がなくて当然。加熱して味付けすれば春雨風になると思われます。調理して爪楊枝スープにしてみます。


材料は水で戻した爪楊枝、シイタケ、ニンジン、小ネギ、卵、鶏ガラダシの素、塩、胡椒、醤油。あと、トッピングで自家製具沢山ラー油。

春雨風になるかもということで、中華風のスープを作ります。鶏ガラダシに塩、胡椒、醤油でシンプルに味付け。最後に具沢山のラー油を乗せて辛味をつけます。


まず鶏ガラダシでシイタケ、ニンジンを煮る。
煮えて調味料で味付けしたら水で戻した爪楊枝を投入。

何か異物が入ったようにも見えるが気にしない。
爪楊枝に火が通ったらネギを入れて溶いた卵を流し入れる。器に盛ってラー油を乗せたら出来上がり。

出来上がった爪楊枝スープがこちら。


中華風爪楊枝スープ。ラー油はお好みの量乗せてお召し上がりください。

では、食べてみましょう。


さっきよりも柔らかくなってはいるけどねえ。やっぱりこの緑色が・・・

そういう所は目をつぶって。いただきます!

おおっ!こりゃツルッとして旨い!

加熱調理したデンプン爪楊枝は弾力があり、ツルンとした食感がとても美味しかった。くずきりやマロニーを食べているようです。

くずきり、マロニーはそれぞれ葛、ジャガイモのデンプンで作られています。トウモロコシのデンプンから出来ているこの爪楊枝がくずきりやマロニーと同じようになるのは当然といえば当然。美味しいはずです。


ただ、この色と形状がねー。それと、爪楊枝という先入観が捨てきれない。

普通に使っておこう

デンプン爪楊枝は確かに食べられました。しかも、加熱調理すると美味しかったです。しかし、どうしても爪楊枝という先入観が捨てきれず、食べていて引っかかるものがありました。

緑色な点は「これは茶蕎麦だ!」と思い込めばなんとかなるかと思います。しかし、鋭く尖る形状はどうにもならない。先端を全部切って食べればいいのですが、そこまでして食べなくても普通にくずきりやマロニーを買ってきた方がいいです。物は試しということで今回は食べてみましたが、あまり食べる事はおススメしません。普通に爪楊枝として使うのがいいでしょう。

物にはそれに合った用途がある。爪楊枝は爪楊枝として使うのがいい。

 
 

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation