デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


はっけんの水曜日
 
京成立石立ち呑みツアー


11月11日はポッキーの日。

ツイッターを眺めていたら、11月11日は「立ち呑みの日」なのだそうで、京成立石駅周辺の飲み屋を舞台にしたイベントがおこなわれるという書きこみをリプライのリプライで見かけた。

2000円の四枚つづりチケットを買って、立石の飲み屋をまわるという大人のオリエンテーリング、楽しそうである。

玉置 豊



個人サイトが主催のイベント

ツイッターを遡ってこのイベントの詳細情報にたどり着いたところ、「酔わせて下町」という立石の飲み屋を紹介している個人サイトが主催ということがわかった。サイトのアドレスが「~」なのに年季を感じる。

立石には友人が一人住んでいるので、何年か前に飲み歩いたことがあり、またいつかうろうろしてみたいと思っていた街。家からちょっと遠いので、飲みに来る理由を探していたところだったので好都合なイベントである。


一件目にやってきたW4(正しくはウホと読むが、ずっとワオと読んでいた)。

僕が前に通っていた新小岩の立ち飲み屋とはだいぶ違う店内。

こういうあえて読みづらくするメニューの様式美ってありますね。 置いてある小物にいちいち反応するのは、立ち呑み初心者の証拠。

最初にきたのはW4というお店。立石の立ち呑み屋というからには、赤ら顔したおっさん多数のディープなところかとおもったら、店員もきれいなお姉さん達で、勝手にイメージしていたものとはだいぶ違う店だった。

この店をプロデュースしたという人の話だと、「銀座にあったら普通だけど、立石にあるのがおもしろいでしょ」ということなので、あえて立石らしさをはずしたところがコンセプトっぽい。



イベントのルール

このイベントでは、まず2000円で4枚つづりのチケットを購入するところから始まる。このチケットは参加している6店で使えて、店ごとに異なるサービスを受けることができる。

特徴は一店舗あたり30分の制限時間があることと、追加オーダーができないこと。これは多くの店をまわってもらうことが目的のためだが、立ち飲み屋が長居をする場所でないということを教えるためかもしれない。


チケットは参加店舗で購入可能。 チケットが4枚あるから、4軒はしごをする訳だな。あまったら後日金券として使えるらしいけれど、今日使い切る。

この店でのチケットサービスは、お好きなドリンク一杯とツマミの盛り合わせ一皿。500円相当のチケットなのでかなりお得だ。

立ち呑みらしく一杯目は酎ハイに決めていたけれど、どうせチケットだからとせっかくなので50円高い焼酎ボールを注文。しかし焼酎ボールって初めてみる酒だな。


左が私の焼酎ボール。右の同行者のジンジャーハイより大きいコップで来たので勝った気分になった。 気の効いた小料理屋みたいなツマミがうれしい。穂紫蘇も食べる派だ。


イベント参加者が続々と集まってきた

頼んだ酒が届いた頃には、まだ六時だというのに早くも店内は満員。しかもみんな例のチケットを持っている。

このイベントはツイッターやらブログやらで広まったらしく、立石を舞台にした大規模な同時多発オフ会みたいになっているようだ。そういえば飲みながら携帯いじっている人が多い。

あくまで個人サイト発のイベントなので、それほど参加者は多くないかなと思っていたのだが、予想以上の大盛況。居酒屋系の雑誌やネットの有名人がそこらじゅうにうろうろしている、ある意味贅沢な空間だ。


立ち飲み屋はこのくらい混雑しているくらいのほうが好き。 すでに外にも人があふれていた。外で飲むのもいいよね。

大阪一人酒の日々」のやなちゃん。めずらしくスーツを着ていたらしく、「どこのバリットさんですか」といわれていた。 「古典酒場」という本の倉嶋編集長。やなちゃんをバリットさんと呼んだ人。すでに二時間前から別の店でビールを飲んでいたらしい。さすが。

たまたま居合わせたツイッターのフォロワー同士。ひと昔前だったら、「○○高校の△△だったら知り合いだよ」みたいな会話なのにね。 三脚持参で撮影をする読売新聞記者。翌日の地域版朝刊にでたらしいよ。このイベントを飲まずに取材するなんて偉いなあ。

そんな感じで一件目はバタバタしているうちに制限時間の30分が経過。いい店なのでここでだらだらしたいのに。


つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation