デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


チャレンジの日曜日
 
 
日本に数軒しかない驚異のブックオフ


00TOPBOOKKYOUI.JPG - 143,792BYTES

ブックオフが
大好きな私ですが
なんと、

日本にまだ
数軒しかないと言われている
驚異のブックオフ
多摩にある
とのことだったので、

実際に
行ってきて
しまいました!! 

ヨシダプロ


 

その噂のブックオフは
多摩のとある
永山という街にございまして、

この駅から
ちょっと離れたところに位置しているのですが、

ふと見ると
駅前のロータリーに

ちょっとした人の列が。

そう
その列は
何かといいますと、
その噂のブックオフへ我々を導いてくれる
シャトルバスを
待っている列だったのでした!

シャトルバス!だなんて
ブックオフのはずなのに
もはやちょっとした
健康ランド並みの格になっているっ!!
と興奮しておりましたら、

いかにもなシャトルバスが
あっさりとやって来たのでした。

あらまぁ
超シャトル。

そして
行列がバスの中にさーっと流れていくと、
車内ではさっそく
居合わせた乗客による

レクリエーションのスタートです。


嘘です。

多摩市民
そこまで
開放的ではありません。


そんなバスは
目的の地に向かって

多摩の街を
駆け抜けていくわけですが

そのとき、

!!

あっ!!

「本」って!!



見えてきましたが、
あれが
もしや

噂のブックオフでは!!



胸が高鳴まっていく中、
ついにバスが本丸に到着!

そうして着くやいなや、
さっそくバスを飛び降り、

待ちに待った
念願のブックオフを
見上げてみましたら、

 

デカッ!!


デカッ!!!!!

 


もはや
1カットじゃ全貌を捉えきれないほどの
このデカさ!!

って、たいていのブックオフって
赤&青&黄な印象的な色合いですが、
当ブックオフは
オレンジ&紺という
なんともビビッとな色合いからして
すでにもう驚異なのですが、

あらためて、
付近を走る交差点の真ん中まで下がって
ある程度距離をとったうえで
その全貌を捉えてみましたら

 

ブックオフ どーん!!

 


ビックリしてしまうほどのこのデカさ。

たいていのブックオフは
まぁ古本屋として適度な大きさなところが多いのですが
このブックオフの常識をとっくに越えたこの大きさ、
もはや
ジャスコ!
と言っても
過言ではないでしょう。

そしてなんと
駐車場にいたっては

103台!!

多っ!!

ブックオフなのに
ブックオフらしからぬ駐車台数!!

自転車置き場だけなんて店もあるくらいなのに、
こんな大量の車だなんて一体どんだけ集客力あるというの!!

というわけで
その外観からして
すでに驚異的だったわけですが
じつは当ブックオフ、

どうやらこちら
ブックオフが新たに展開している
「ブックオフスーパーバザー」という
次世代のブックオフのようでございまして、
そんな旗艦店として誕生することになったのが
この多摩の当店とのことだったのでした!
     多摩っ子としては誇らしいことだぜ!


では
そんな驚異のブックオフの
その店内は
一体どれだけ驚異的だというのか、

さっそく進入して
調べていってしまいたいと思いますっ!!


そんな噂の店内に
足を踏み入れてみましたところ
まず最初に
現れたのがこちら、



売り場!
でございます。

…まぁ
ブックオフですからね。
そういうもんでしょう。


パッと見は
一般的なブックオフのような感じで、
たくさんの本の棚があって

適度にお客さんが立ち読みしているような
僕的には実家的な安心感を感じられるビジョンなわけですが、

ふと
このブックオフの
フロアMAPを
見てみましたら!

広っ!!
ていうか
多っ!!

本ジャンル
チョー細分化!
これ一体
ここに何冊の本が売られているというのっ!!


あまりの本売り場っぷりに
すっかり動揺してしまったわけですが、
とりあえず

ポッターが大特価
とのことだったので
なんとか気を取り直すことができました
ありがとうポッター。
ありがとうロン。

つづいて
そんなフロアの片隅には
本のみならず

ビデオ!
までも売られていたのでした。

しかもよく見たら105円ですって。

安っ!!

まぁVHSですからね。
もはやハードが必要と言う意味では
ある意味高いかもしれません。

すでにブックオフの領域を超えておりますが、
まあビデオくらいは他のブックオフでもありうることですので
まあヨシとしたいと思いますが、
このブックオフ、
さすがチョー巨大で驚異的なだけに、
そのビデオの品揃えが
驚異的なことになっていたのでした!

まず僕が驚いてしまった一品がこちら!

ミスチルの「es」!
これ
ミスチルがずっと昔につくった
映画のビデオでございまして、
ミスチルFANにおいては
もはや伝説の一品とされている
ブツなのでございます。
ミスチル萌え〜。


そしてさらには

TUBEの「世界の果てまで夏だった’96」までも!
これ
TUBEがずっと昔につくった
ビデオでございまして、
確かに96年は
世界の果てまで夏でしたが
その模様が納められた
伝説の一品なのでございました。
ミスチル萌え〜。

 

そしてさらには

「ビバリーヒルズコップ2」までも!
エディマーフィ!!
まさに全盛期のエディ!
エディ世代以降の
若い世代の方には
ぜひ一度見ていただきたい
一作でございます。
             (そんな世代、ないよね)

 


そしてさらには

Mr.ビーン!
までも
もちろん揃っていたのでした。

ビーン
ドジですよね。

 

そしてさらには

「借王(シャッキング)」までも!
借りたら大変なことになりそうなので
今まで借りられずにいたあの一品と
こんなところで出会えるだなんて!!

どうしたら
今さらこんなに揃うというのっ!!


ってことで
当ブックオフ、
ビデオ売り場においても
このように
驚異的な品揃えになっていたのでした!!

 


ブックオフには
CDも売られているものですが


当ブックオフにも
もちろん売られていたのですが、
やはりその点数は
ハンパないことになっていたのでした。



そんな中には

ワケありCDもちゃんとあったのでした。

ワケありのまで売ってくれるのは
さすがでございます。

そんな
ワケありの中には

きゃっ!
ビーゼットの
TAK松本が昔出したソロアルバムが!

これ実家にあるよ!!一体どんなワケがあるというの!

TAK松本って呼び方してるのがちゃんとFANっぽいですよね。
でもビーゼットって呼び方はどうかとは思います。


さらに
そんな中のCDでは

こちらのも
ワケありとのことだったのでした。
彼が泣いた理由に
きっと何かワケがあったのでしょう。


一方
こちらのバンドのは

確かに
なんかワケありな感じはしました。
雰囲気だけで判断してすみません。

 

ってことで
当ブックオフ、
CD売り場においても
総じて
そこにJポップの歴史があったと言えるほどの
驚異的な品揃えになっていたのでした!!

 

そして
ブックオフには
ゲームも売られているものですが、
当ブックオフにも
もちろん売られていたのですが

やはりまた
その点数は
驚異的なことになっていたのでした。

このOLDSOFTという棚には、
過去から現在に至るまでの
各ハードでの各ソフトが
ビックリするほどの見事な網羅っぷりで
売られていたのでございました。


その中で特にグッと来たものを
見させていただくと

まずはファミコンでの名作

「ドラクエ3」でしょうかね。

350円というのが
なんとも複雑ですが
まぁ世に出回りまくったので
まぁこんなもんなのでしょう。


そんなドラクエ3ですが、
その裏面を
見てみましたら

「内 なんとか る」
ということで
きちんと名前が
刻まれてくれていたようなのでした。
ファミコンあるあるで
大変助かります。
やや大胆過ぎな気もいたしますが。


つづいて
かの名作

「燃えろプロ野球」
つまりは
燃えプロも
あったのでした。
あの
ホーナー選手はバントだけでホームランになってしまっていた
あの名作ですね。
ドラクエ3と同じ値段350円というのも
また複雑な気持ちになります。



つづいて懐かしの
ファミコンのディスクシステムもたくさんございまして、

そのなかでも名作

「ファミコン探偵倶楽部」
もあったりしたのでした。
倶楽部としてはあまり入部したくはないですが
いいゲームでした。


さらには

「迷宮寺院ダババ」もあったりしたのでした。

って

知らねぇ!
このゲーム知らねぇ!!

何このゲーム
どなたか書き換えてみていただけたらと思います。

 


つづいて
DSの元祖とも言える
ゲームボーイのソフトも
たくさん売っていたのですが、
そのなかでも
名作としまして

オー!「SaGa」!
スクエアの名作RPGでございまして、
ラスボスが変な武器で一撃で倒せてしまうという
一品でございますね!


さらには

オー!「ポケモン緑」!
言うまでもない
一品でございますね!

 

そしてさらには


オー!「LOCKN’CHASE」!

って
知らねぇ!
このゲーム知らねぇ!!

何このゲーム!
でも楽しそうなのでいいかと思います。

 


ソフトはこのように驚異的なことになっていたのですが、
それのみならず
ゲームのコントローラーまでも
売られていたのですが

これらはすべて売られたもの
ということで、

みんな友達がいなくて
別に友達とゲームやることもないがために
コントローラーそんな要らないから
売り払ってしまった
のでしょうか。
いいことだと思います。

 

ってことで
当ブックオフ、
ゲーム売り場においても
総じて
そこに日本ゲームの歴史があったと言えるほどの
驚異的な品揃えになっていたのでした!!

 


ブックオフな割には
だいぶブックでなくなってきてはおりますが、
つづいて
そんなフロアの片隅には
本のみならず

ホビー!
までも売られていたのでした。


たとえば
そんなホビーの象徴とも言える、
このような

遊戯王カードが!! 中古にて!!


そしてさらには

レアカードまでもっ! 中古にて!!

遊戯王、
連載当初の迷走期しか読んでないけど
これは見てるだけで欲しくなってしまうってものでございます!


そんな
多種多様なカードのみならず
普通に

プラモや

立派な

ワンピのフィギュアなど
までも売られてたりして、

もはやちょっとしたただのおもちゃ屋
のようになってしまっていたのでした。


さらにはこんな

コミックのフィギュアまでも!
ものすごく
たくさん
売られておりまして、

孫悟空が!
欲しいっ!!


ドラゴンボール好きとしては
大興奮でございますが、

グルドが!
いらねぇっ!!

ってことでこれ
ギニュー特戦隊にて
ベジータに一瞬でやられたヤツですね。
ドラゴン史上でも有数のかませでして、
そういう意味では
価値のあるフィギュアでございまして
こんなものまで普通に売っているだなんて
さすがとしか言いようがないでしょう。


ってことで
当ブックオフ、
ホビー売り場においても
このように
驚異的な品揃えになっていたのでした!!


とりあえず
そんなフロアだったわけですが
普通のお店でしたらこれだけで終わりなものですが、
当ブックオフは
なんと4階建て!!

ということで
当然のように

2階へと続く立派なエスカレーターが
ございましたので、

ではつづいては
そんな驚異のブックオフの
2階へと
足を踏み入れてしまうことにいたしましょう!!

 

つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
 
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation