デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


フェティッシュの火曜日
 
主(あるじ)がいない動物園


 

なんで引っ越しの時って、荷物が無くなったからっぽの部屋を撮りたくなるんでしょうね?確かに「あるべきものがなくなった状態」ってどこか心がぞわぞわさせるものがある。そしてそのぞわぞわ感はヒトの部屋だけじゃない。動物園にもけっこうあるんです。

大坪ケムタ



カワウソ宅だってうらさびしい

動物園は言うまでもなく動物がいるところ。しかし常に全ての動物がスタメンバッチコイ状態なわけではない。時に何らかの事情で不在となった獣舎、いわば「主なき住まい」がある。これが引っ越し中の部屋のような妙な哀愁や寂寥感があるのですよ。

たとえば上野動物園。さすが秋の行楽シーズンてやつですごい親子連れの数。小学生以下無料だしね。


お弁当持参ファミリーが多いです。


動物園といえば!なゾウやサル山、ライオンやゴリラといったメジャー動物ならずとも、どこも列がずらりずらり。やっぱり行楽の王道ですなあ。しかし、そんな中に人はいれどさほど賑わってない檻も。


ユーラシアカワウソの檻はどこか閑散。


入院かあ…。それは仕方ない。


遠目に見ても中に動物がいないのは分かっていても、親子連れが目の前まで来ては「いないねー」「入院してるんだってー」と子供に教えてる様子は他人事ながら「次は見れるといいね!」という気分になる。ま、「カワウソ見たい見たい!」ってギャン泣きされるほどのスターじゃないのが幸いか。

透明パイプ通って皆に笑顔を振りまいてたはずなのに…。

引っ越し部屋写真みたいな寂寥感、ありません?


透明ボックスみたいな派手展示がある分「いるべきものがいない」感が強く漂ってくる。うらさびしい感じ。カワウソ見に来たワケじゃないけど逆にこれで印象深くなった。入り口に近いのもあって、次来た時「いる?」と気にしてしまいそう。別のゾーンに代わってたらさらにせつない。

また「いない理由」もいろいろ。続くこちらはゴリラが見れる獣舎一帯。ジャングルを模した広々としたこの空間、「ゴリラゾーン」「ゴリラ房」って言うとかっこいい。


こちらもいないねー、の声が。森の中だしなあ。

向かい側からもおそらく「どこ?」のまなざし。その先にいるはずの…

モモタロウくんは京都に行ってしまいました。


実際は見えづらかっただけで他に数頭ゴリラはいたようだけど、この表記を見ると転校していった生徒の机がぽっかり空いてるような空気を感じる。在校(在ゴリラゾーン)時見てたわけではないけども。

 

板橋もうらさびしい。吉祥寺はそうでもない。

さてそんなぽっかりした檻は上野だけではない。たとえば板橋区にも。というか板橋に動物園があることすらなかなか知られてないでしょうが、東京都民でも。


板橋のこども動物園にも来てみました。
時間によっては羊や山羊に触り放題。羊ふかふか。

その一角にこんな主なき館が。主人はどこに?

カメさんでした。カミングスーン!(半年くらいで)

檻の中には黄色いアヒル人形だけが残されていた…。

アイルビーバック!そんな誓いを残しカメは池へ。ぽつねんと檻の中に残された人形がものさびしい。ちなみに他園でもこの時期は「冬眠中」ってのがちらほら。動物側からすると閑散(になりたい)期なのね。

檻や獣舎じゃなくても、こういうのもなんかさびしい。


この手の水槽のさびしさはどこか「面倒みきれなかったんだね…」という雰囲気がにおう、てのもあるけど。さすがに動物園でそれはないと思いますが。だよね?

しかし、もっと一時的な主なき住まいもある。たとえばこんなの。今度は吉祥寺へ。


今度は吉祥寺の「井の頭自然文化園」。
ゾウやサル山もある中規模動物園です。


しかしモルモットのコーナーは誰もいず…。

と思ったら触れるコーナーで超・人気でした。

ちなみにこちらモルモットの子供生まれたてゾーン。
左の「お見合い中(ハート)」のハートが気になる。


しかし、こういう獣舎や檻の前まで行ければ「残念だねえ」と思いつつ、中の遊具なんかで遊ぶ姿に思いを馳せれるけれど、檻まですらいけないものもある。たとえば上野公園のホッキョクグマ。


ツキノワグマやマレークマのゾーン。奥に行くと…。

ホッキョクグマの展示ゾーンが遮られてる!

展示ルームを改修中だそうで封鎖中。ざんねーん。

そして所々にこんな表示が。ホッキョクグマも「何で俺だけ…」と思ってるだろう。

封鎖!て感じの塀ですら重々しいのに、この表示。ヒトで例えるなら「吉田と西川はいるけど、佐藤はいないよ?」みたいな感じでちょっとせつない。佐藤、いやホッキョクグマも早く帰ってこれますように。

ちなみに同じクマの一種、ジャイアントパンダも今は不在。パンダ舎も施設改修中で白い壁に覆われてます。先のような「檻はあるけど、誰もいない」だと不在感に寂しさを覚えるけど、工事の壁だとつまんねーな、としか思えないですね。思いが募らない。


ちなみにパンダ舎も改修中で今はこんな。
レッサーパンダは頑張ってます。

ここまで来ると「部屋がぽっかり」ではなく「マンションに建てかわっちゃった…」って感じですな。

一時はいなくてもまたその空間に動物は帰ってくる。それは引っ越し物件よりも確実な話で。んじゃその時また見に行ってみようか、と思わせるのが動物の愛玩パワーですな。見れるものなら自分が住んでた昔の部屋の現状も見てみたいけどね。

「まけないでね!」てのが対抗戦感覚。

引っ越ししても元気です

ちなみに上野動物園のカピバラは大宮のこども動物自然公園から移ってきたものらしく、檻には大宮の人たちからのメッセージが書かれた色紙が展示されてました。まだ大宮のカピバラ舎はうらさびしいままなんでしょうか…。


 
 

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation