デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


チャレンジの日曜日
 
変な日本語のおしゃれ製品


クラシックァ最前線

安い商品の大量生産地、中国。いろんな商品が作られる中で、「これ日本っぽいよね、日本で売れるかもね!?」とか思いそうな商品も作られる。

日本と中国の関係が悪くなかろうが良くなかろうが、毎年のように作られては中国限定で売られる微妙な日本語の製品はもはや伝統芸能。

タイトル通り日本人が見たら「これは日本人は買わないだろ」と笑ってしまいそうな変な日本語が含まれた、中国のおしゃれさん御用達の商品を集めてみました。

ライスマウンテン



体に日本をとりいれましょう

日本製品は健康的というイメージがあるのだろう、日本語が書かれた商品のコレクションを見てみれば、一番多いのはちょっとしたおかしだったり、化粧品だったり、体に取り入れるものだ。

安全神話から来るひらがなカタカナへの崇高。しかしまさかそこにも魔の手が伸びるとは。結局日本語をかなり勉強しないとそれが実はなんちゃって日本製なのかは気がつかないのだった。日本商品鑑定士みたいなキャリアがあってもいいのにと思う。


コラーゲンペプチド配合により150チワンものスリミソグ食品で体な形に!

「いつ何時誰の挑戦でも受ける」という言葉はあるが、
あらゆる場所のあらゆるタイミングで変な日本語が出るから侮れない

「この冬注目の”美脚”ジーンズスタイリングの掟」
このアンバランスこそファッションの掟だと思う。

パリりょこう。塔もうさぎも字も味がある。

「ふたえクセをつくる水、汗に強い!」なんか句点の違いがちょっとおかしいが…

「従つこいます。」こっちでアウトー!

「ふたえのクセを深く!くっさリ!」

「大事なことは2度言おう、くっさリ!」
「入つこいゐ説明書をよくお読みになリ正しくお使いくだい。」

「安全にカシトできゐ毛抜き・マユ毛抜きヤツト」
安全性のアピールがこれほど説得力のない文言は見事。

まゆげ剃りにも変な日本語の魔の手。

「直たたんでコソパクトにめ納」

「足メロン浴」で、なぜ牛?

熱い繊ボ浴?中国語の漢字からいうとやせるらしい。
なんとなく唐辛子の成分が体に染みこみそうだが謎。

「新ぐすごげ素つど」。当然「ぐすごげ素つど」のリニューアルバージョンなんだろう、
「新ぐすごげ素つど」は。

「きれいなボデ洗インチの」。「洗インチ」って日本人ウケしそうだ。
「汚れすごくがスツキリ」の「すごく」の場所も面白インチ。

洗インチの後は乾かそう。そう、これはどうみても丸ハンガー

変な日本語の商品だけで生きていけるかもしれない

変な日本語が入ったものは服から日用品まで、ついでにおかしまでなんでも揃う中国。

でも食べ物はちょっと勘弁、食材から綺麗に洗って消毒して自分で作らせてください、なんだけど、でも女性限定のものはさておき、他のものはどうにか捨てずにちゃんと使っている。謎の入浴剤も足湯目的で一応使っている。日用品は開封したらきっと100円ショップで売っているものと変わりないと思うんだ、きっと。僕はまだ生きてるよ。

100円ショップの工場が中国から別の国にシフトするらしいという話を聞くけれど、それとは関係なく変な日本語の商品は作り続けられるので、今後もがんばって変な日本語の製品を買って、変な日本語の製品を作る会社を陰ながらサポートしつつ、パッケージを撮り貯めていきたいと思う。

赤ちゃんも「ヌうヒヘえ」と笑う。

 
 

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation