デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


はっけんの水曜日
 
いろんなカニとじゃんけんをする


僕はじゃんけんが弱い。

いや、実際には弱くないのかもしれないが、いつも負けているような気がする。
たとえば、給食の残りを誰が食べるかをじゃんけんで決める時に勝った記憶がない。

じゃんけんに勝ちたい。

工藤 考浩



じゃんけんの強い弱い

いきなり小学校時代の話から始めて恐縮だが、給食の時間、誰かが休んだりした時に残った給食を誰が食べるか、じゃんけんで決めていた。
希望者数名でじゃんけんをするのだが、これに勝ったという記憶がほとんどない。
いつも負けていたのでくやしくて、食べたくもない残り物にも手を挙げてじゃんけんをしたこともある。
そういう時に限って勝ってしまったりする。


じゃんけんぽん

じゃんけんというのは確率の問題だから、強い弱いなんてないだろう、負けてばかりいるように感じるのは気のせいだと思っていた。
しかし以前テレビで、「じゃんけんの強い人」が紹介されていた。
ちゃんと実験をして統計学的に有意な差で「強い」と認められていた。
その人は、どうも相手の手の動きを瞬間的に見極めて、出す"手"を決めていたようだ。
ようするに「おそだし」なわけだが、僕の場合、おそだしを心がけても負けてしまう。

負けてばかりな気がする

勝ちたい

去年、アイドルグループがじゃんけんでメンバーを決めていたが、そのニュースを「僕なら初戦敗退だな」と思いながらみていた。
こういう「じゃんけん弱いかも」というような、微妙かつ根拠のあいまいなコンプレックスというのは、精神衛生上よくない。
克服することはできないだろうか。


おや、こんなところに

カニだ

と思っていたところ、カニの存在に気づいた。
上の写真は、もちろんヤラセであるが、「カニってチョキしかだせないよね」という、非常によく知れ渡った常識に気づいたのである。


カニがいる

カニ買いにゆこう

カニにならじゃんけんで勝てる、というころで、アメ横にカニを買いに出かけた。


「とりあえずアメ横」という東京在住の地方出身者らしい選択

全種類ください

商店街を歩き、カニの品揃えがよい店で、売ってるカニを全種類欲しいと伝えた。
「はいよ、カニ全種類ね」
と、最初はびっくりするような値段を言われたが、ディスカウントしてもらい、ボイル冷凍の花咲ガニ・ズワイガニ・タラバガニ・毛ガニの4種類を全部で5500円で購入した。


ザ・かに

重いほど購入

渡されたカニたちはずっしり重かった。
指に袋が食い込むほどで、それはまるで焼酎の4リットルペットボトルを買った時のようだ、といえばわかりやすいだろうか。


ずっしり重く、そして冷たい

カニじゃんけん大会開催

帰宅して解凍し、準備万端整った。
カニと僕がじゃんけんをして、勝った方が食べる権利を得る、という勝負だ。
まさに食うか食われるかである。
僕にとって有利な勝負ととらえる向きも多いかもしれないが、そういうルールなのだから仕方がない。


いざ、じゃんけん

つぎへ>
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation