デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


はっけんの水曜日
 
逃げ出した鬼、全員集合! 鬼恋節分祭


 

毎年、節分になると全国各地で豆がまかれて家から鬼が追い出されていますが、その追い出された鬼たちは一体どこに行ってるんでしょう? その辺で体育座りしてガタガタ震えながら節分が過ぎるのを待っているんでしょうか。

群馬県には「そんな不憫な鬼たち、みんないらっしゃい!」と、ウェルカムしてくれる町があるらしいのです。

(絵と文:北村ヂン



鬼のユートピアが群馬県に!?

クリスマスやお正月、バレンタインといったハデなイベントに挟まれ、年間行事の中でも比較的ジミなポジションにおかれている“節分”。最近やたらと恵方巻がプッシュされていますが、節分の主役といえばやはり豆まきでしょう。

そんな豆まきのかけ声は「鬼は外、福は内」あたりがスタンダードなものですが、場所によっては「福は内、鬼も内」なんていう博愛主義なかけ声を使用しているところもあります。

「ミミズだってオケラだって鬼だって、みんなみんな生きているんだ友達なんだ」的ポリシーなんですかね。

しかし世の中には「鬼も内」どころじゃなく「他の地域で追い出された鬼、みんなおいで!」……という、超・鬼フレンドリーな節分祭が行われている町もあるそうです。確かに、節分で全国各地のご家庭から追い出された鬼たちがどこに行ってるのか気になっていましたが、この町に行ってたんですねぇ。今回はそんな鬼の集いに行ってきました。


町のイメージキャラ(?)「鬼の石丸」いきなりイイ味出しています


さっそく節分で追い出された鬼が集うという群馬県にある鬼石町にやって来ました!(2006年に藤岡市に合併され「鬼石町」という名称はなくなってるみたいですが)

この町はその昔、弘法大師の念仏におどろいた鬼が放り投げた石の上に出来たという伝説があるそうです。

ま、そんな感じで古くから鬼と縁があるため「節分で鬼たちがいじめられているのはかわいそうだ!」的な祭りが開催されているんでしょうね。


バス停からお祭りの会場に向かう途中。イイ感じにさびれた田舎町


お祭り会場の「おまつり広場」発見。専用の常設広場があるんですねぇ


うおっ、スゴイ人!


バス停からここに来る間、自動車が時々走っているくらいで歩行者はまったく見かけなかったんですが、お祭り会場にはすごい人数が! 町の住人の大半がココに集中してるんじゃないかというイキオイです。

さっそくメイン・イベントの豆まきをやってる!

「福は内! 鬼も内! 悪魔は外!」……あ、鬼はウェルカムだけど悪魔はノーサンキューなんだ。


鬼石からも追い出されてしまった悪魔はどこへ行けば!?

それにしても気になるのがステージ後ろの看板。「鬼恋節分祭」(おそらく「鬼、来い!」と「鬼恋」がかかってるんでしょうな)ってのは分かりますが、2月3日って節分であって、別に「鬼の日」なわけじゃないでしょ? いくらなんでもその認識は鬼びいき過ぎるんじゃ……。

そして、さらに気になる看板「鬼トピア in ONISHI」!

湯布院にある「ふゆトピア」や健康ランドチェーンの「湯〜トピア」、広島ガスのショールーム「ガストピア」など、世の中には色んな「トピア」がありますが、未だかつて「鬼トピア」ほど胸を熱くさせてくれる「トピア」があったでしょうか!?

鬼たちのユートピア(理想郷)・鬼トピア! ビバ・鬼トピア!


つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation