デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


はっけんの水曜日
 
重曹でスパゲティがラーメンになる


こういうパスタが中華麺になるらしい。重曹で。

何年も家族で外国に転勤していた友人が教えてくれた話。ニューヨークにいた頃どうしてもラーメンを食べたくなったのだけど、中華麺が手に入らなかったのでスパゲティでラーメンを作っていたのだそうな。

それはラーメンではなく中華風スープスパなのでは?と思ったら、どうもそうじゃないらしい。聞いてみると、お湯に重曹を入れてスパゲティを茹でると中華麺になるのだという。

ホントだろうか。なんかエイプリルフールのネタみたいな話だけど、あんまり真剣に言うのでやってみました。半信半疑で。

松本 圭司



このスパゲティがねぇ・・・ラーメンにねぇ・・・。

原理的には確かに中華麺になる気もする

中華麺は小麦粉に「かん水」を混ぜ作る。普通に小麦粉を練って麺を作るとウドンになってしまうが、かん水を混ぜることでコシがあって黄色い中華麺になるのだ。

かん水は炭酸ナトリウムが主成分で、それが良い具合に化学反応を起こして小麦粉を中華麺にするらしい。

一方、重曹は炭酸水素ナトリウム。水素が余計だが、重曹を加熱すると炭酸ナトリウムと水と二酸化炭素に分解するのだとWikipediaに書かれていた。

つまり、重曹でスパゲティを茹でる中華麺になるという理屈なのだ。


1リットルのお湯に大さじ1杯の重曹と塩。

やってみよう

まず鍋に1リットルくらいのお湯を沸かし、そこに食塩大さじ1と重曹大さじ1を溶かす。ラーメンにするんだから食塩は要らない気もしたが、なんか習慣で入れてしまった。

ラーメンでアルデンテもあるまい、と、スパゲティの指定ゆで時間通りに茹でた。茹でてる最中から、明らかに中華麺独特の匂いがした。

あれ、これ本当にラーメンになるんじゃない?


すぐ溶けるです。
こころなしかグニャッとした感触。

 

いつもよりやや黄色い。ホントなんだって。

見た目もやや黄色い

茹で上がったスパゲティはいつものパツンとした感じではなく、ぐにゃっとしていてヌルッとしていて、なんだか黄色くて、こもったような匂いで完全に中華麺だった。

なにこれすごい。ホントにラーメンになっちゃうよ。


写真だとあんまりラーメンに見えないかも。

醤油スパゲティラーメン完成

スープは市販のラーメンスープ。小分けの液体スープです。チャーシューとか味付け玉子も作っておいたのでそれらをトッピングして出来上がり。

スパゲティを元にした醤油ラーメンが出来上がった。

食べてみよう。


味はどうだ、ラーメンが出来たのか?

ズ、ズズーッ

うーん

アハ ッ

ラーメンですよ!

 

笑っちゃうほどラーメンです。

ジャジャーン!これはラーメンです

写真だとスープスパゲティにしか見えないと思うけど、食べてみると全然ラーメン。まったくもってラーメン。すっかりラーメン。

ラーメンなんですよ!

麺は弾力があって、スパゲティ独特のパツッとした歯ごたえはない。少し表面にぬめりがあって中華麺臭くて、目をつぶって食べたら太麺のラーメンそのものです。

いや、凄い。確かに外国で中華麺が手に入らなかったらやる価値あります。


とんこつラーメンも作りました。ストレート麺なのでとんこつスープとの相性も良かったよ。

 

果たして冷や麦でラーメンは作れるのか?

スパゲティでは出来た。では冷や麦はどうか?

重曹が小麦粉の麺を中華麺に変えてしまうのはわかった。しかも、予想以上にしっかり中華麺になってしまう。

では、スパゲティ以外の麺はどうだろう。例えば冷や麦とか。

やってみました。

野菜と肉を炒めて味噌ラーメンのスープを作るよ。
スパティと同じように重曹湯で茹でました。茹でたお湯がちょっと黄色くてラーメン臭い。

冷や麦味噌ラーメン完成。コーンが立体的だったのでプルプル立体写真にしてみたよ。

普通に美味しい味噌ラーメンが出来ました。冷や麦で。

ラーメンになった

ゆで時間よりちょっと長めに茹でたせいで伸びてしまったが、しっかり中華麺っぽい弾力とぬめりと匂いになった。冷や麦の麺が中華麺になった!

ちぢれは無いので強く縮れたラーメンを好きな人には物足りないかもしれないが、これはこれで十分ラーメンとして美味い。

ただ、そもそもの「海外で中華麺が手に入らない状況」では冷や麦も手に入らないと思うのでそういった意味では意味がない。

でもまだこの方向に走っていくのだ。

 

今度は塩ラーメンにするよ。

蕎麦は中華麺になるのか?

冷や麦は小麦粉が主原料だけど、蕎麦はそば粉が混じっている。左の写真に写っている蕎麦は5割がそば粉。これも重曹湯で茹でると中華麺っぽくなるのだろうか。

引き続きやってみました。麺ばっか食べてお腹が苦しいけど。

茹でてるときの中華麺臭が弱い気がする。
見た目は普通の蕎麦と変わらない。

 

美味しそうな塩ラーメンが出来ました。果たして味はどうか。

アップでもう1枚、どーん。

 

わからない。全然判らない味。

言葉に出来ない

食べてビックリ、そばでもラーメンでもありません。僕はこの麺の名前を知らない。敢えて言うならなんだ、ラーそば?

美味いのか不味いのかと問われても、それもよくわからない。食べて嫌な味ではないけど、凄く美味しいというものでもない。よく言う、美味からず不味からずである。

ライターとして「言葉にならない」と言っちゃうのもどうかと思うけど、どうにも言語化できない。知恵の泉が枯渇した。

では、このよくわからない麺を普通に蕎麦として食べてみたらどうだろう?


曲げわっぱに盛り付けましたよっと。

見た目は、まぁ、蕎麦ですね。

食べても食べてもそれがなにか判定できない。

言葉に出来ない2

なんだこりゃ。またしても判らない。

そばつゆは普通にそばつゆの味で、それにつけた麺は蕎麦でもないし中華麺でもないし、得体が知れない。

多分、脳の中には「それがなにか」を判断する回路があるのだろうが、その回路が答えをくれないのだ。こうなったら、僕がこれに名前を付けなくてはなるまい。

うーん。

うーん。

ポクポクポク、チーン!

整いました!

命名「中華蕎麦」。

だ、だめだぁ・・・・。

 

はい、おしまい。


ウソみたいだけどホントに中華麺

初めは半信半疑でスパゲティを茹でてみたら、本当に中華麺っぽくなってラーメンが出来たのでビックリでした。

日本にいると中華麺が手に入らないという事もなかなかないかも知れませんが、真夜中にスパゲティと重曹しか無くて、でもラーメンを食べたい時は試してみてください。

あ、騙された、って思うかも知れないけど結構ラーメンっぽいものが出来ます。


 
 

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation