デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


フェティッシュの火曜日
 
よく飛ぶクラッカーほどおめでたい
クラッカーの景気のよさはすごい。未だバブルの最中。

よく飛ぶクラッカーとよく飛ばないクラッカーがあれば、一体どちらがおめでたいのだろうか?

それはよく飛ぶ方なんじゃないか。

私はそう思うがこれはなんなのだろう。なぜそんなことを思うのだろう。

よく飛ぶクラッカーを調べてみて、実際におめでたいのか検証してみよう。

大北 栄人



クラッカーを鳴らす実験は高架下で行うことにした。おめでたさの演出としてパーティーグッズも着用した。

No.1 ドハデクラッカー


DoHade!ド派手を英語で言って、ドゥーヘイデ!

英語で言われてもな

極彩色のパッケージに「ド派手」「幅広メタルテープ10本入!」の景気の良い文言が躍る。

「ド派手」に至ってはDoHade!ローマ字である。その発想はなかった。

だけどもこの高揚感はすごい。楽しそうさが半端じゃない。

近頃の子供は外に出ないで、家でクラッカー三昧で‥‥そんな声まで聞こえてきそうだ。

クラッカーといってもかなりの種類がある

実験するクラッカーは問屋街の浅草橋に出かけて買った。結局シモジマのクラッカー売り場に入ったのだがなんだこの充実ぶりは。

棚一面金ピカだし「派手」「華麗」「祝」など景気の良い文言が躍る。高度経済成長がまだこんなところにある。


クラッカーってこんな種類あるのか!
全体的に景気が良いのだ

パンッ!乾いた大きな音と申し訳なさそうに飛び出すテープ。そうか、これがおめでたさか。

結果


No.1 ドハデクラッカー 3m80cm 第3位

ビュルっと飛び出るテープに驚く。思ったよりも勢いよく飛んだ。いそいそと測り、記録3m80。よく飛んだなあ。おめでたいなあ。

で、これでいいのだっけ?おめでたさってこんなビュルっとしたテープなんだっけ?と戸惑う本日一発目。

地面に横たわるおめでたさ

No.2 ハデに散らかるクラッカー


DoHadeの次はGorgeous。おお、急にふつうだ。

ドハデの「ド」は何cm?

先ほどは「ドハデ」であったが、今回は「ハデ」。二つの差とはもちろん「ド」である。

ドハデとハデの距離の差がわかれば、どけち、ど根性など接頭辞としての「ド」の効果がわかる。

ちなみに超弩級という言葉があるが、これは超ド級であってこれは1906年の英海軍戦艦「ドレッドノート」の「ド」。別物なのだそうだ。


こちらドハデクラッカーのパッケージ裏面左上
こちらはハデクラッカーの裏面左上

クラッカーはたった2社で作られている

ドハデを作るのはフジカでハデを作るのはカネコ。

カネコとフジカ。あれだけのクラッカーを見たが、フジカ製かカネコ製しかなかった。

調べてみるとクラッカーメーカーはこのニ社しかないらしい。

「日本では、愛媛県にある潟Jネコ(本社:宇和島市)と潟tジカ(本社:愛媛県北宇和郡鬼北町)の 2社で国産の100%製造している。」 (wikipedia「クラッカー(パーティーグッズ)」の頁より)

どちらも愛媛。ポンジュースの国でクラッカー作ってたのだ。調べたところ、宇和島のある南予は高知に近い「陽気で豪気な県民性」であるらしい。

陽気で豪気でクラッカーを鳴らす男を想像する。南予の男である。


こちらがハデ。たしかにドハデより飛ばなくなったのでなるほどという気分に。

結果


No.2 ハデに散らかるクラッカー 2m60cm 第9位

ハデが260でドハデが380。「ド」とは「46%増」のことなのである。

ど根性ガエルは根性ガエルに比べて46%ほど根性がある。

根性ガエルというのは多分アスファルト突き破ってくるカエルのことで(今考えた)、ど根性ガエルはシャツの中のあれだ。

さっぱりわからなかった両者の違いも数量化することで見えてくる。科学バンザイ!

ちなみにこの鼻メガネはすぐに落ちるのでつけなかったりもしてる

No.3 踊れ!ニョロふわサンバクラッカー


ニョロふわはいいが「サンバ」はなんだ?

サンバ?

ニョロとふわは具のことである。具のテープがニョロっとふわっと飛び出すようである。

だが果たしてそれがなぜ「サンバ」であるのか?そもそも「サンバ」とはなんであったか?

ブラジルの奴隷制度が生んだ反逆の歌、サンバ。現在ではカーニバル化し、世界最大の祝祭へと発展した。

そして今や、ニョロっとふわっとしたものがサンバである。いや、そうなのか?


ぬめっとした動き。「今日のクラッカーはニョロっとしてたね」と賛辞を浴びる二次会は少ないだろう。

結果


No.3 踊れ!ニョロふわサンバクラッカー 3m45cm 第6位

ニョロとかふわを評価する前に、意外と飛んだ。345cmはド派手に迫る勢いでなかなかおめでたい。

肝心のニョロも感じた。たしかにぬるぬるぬるっとテープが飛び出してきた。

「いや〜、二次会のクラッカーはニョロっとしててよかったよ〜」「そうそう、ふわっとしてて良かったわ」

結婚式の三次会の居酒屋が、そんな話題でもちきりになったりするのだろうか。よくわからないが、たしかにニョロっとはしていたのだ。

幅広のテープがニョロの正体。うどんみたいな世界だ。

No.4 キラッカー


小さいクラッカー代表

小さいのはどうなのか?

小さな魔術師というコピーがつけられている。そういえば、アルゼンチンのサッカー選手、ベロンの愛称も「小さな魔法使い」だ。

クラッカー界のベロンといってもいいだろうが、それが何のことかわかる人は少ないだろう。

なのでここはクラッカー界のカズだといっておこう。

カズの要素はまるでなく、事実と反するが、みんながが分かるということが肝要だ。


小さい割によく飛んだ。受験会場で隠れてクラッカー鳴らすならこれだろう。

結果


No.4 キラッカー 3m60cm 第4位

クラッカーに大きさは関係ないのだろうか?小さいわりによく飛んだ。

かつての舞の海のように、小兵が活躍するのは見ていて気持ちがいいものである。

そして小さいことで携帯性も上がるのでいい。

ポケットに忍ばせて、大学の受験会場で教官の目を盗んでこっそりパンとやる。やりたいところだが、クラッカーには「ポケットに入れない」という注意書きがあるので断念しよう。

「駅のホームで使うな」という注意書きもなぜか多い。なんだろう、出征祝いとかか?

No.5 プレミアムクラッカー


150円でこのプレミアム感(他も大体それくらいの値段)

全て2倍らしい高級派

プレミアムクラッカーってチーズのせて食べるやつじゃないの?

いや、花火のクラッカー界のプレミアムはすごい。「テープ、飛距離、太さ、豪華さ」すべて「2倍」なのだ。

注目は飛距離が2倍。今まで3m前後だった飛距離が2倍に。

これは本命といってもいいのではないか。チーズのせてもいいかもしれないぞ。


うっ‥‥。

結果


No.5 プレミアムクラッカー 2m70cm 第8位

が、なんだこれは。具を豪華に作ったために飛距離が思ったほど出てないのではないだろうか。

何かの間違いかと思って二回やってしまった。一体私はどれだけ「プレミアム」に心躍らせていたのだ。

だが実際に体感できたプレミアムさとは「メタリックブルーのテープは落ち着いた輝き」ということくらいだろうか。

だがそれもおばあちゃんの紫に髪を染める上品さとどこが違うのか分からなくなってきてしまった。

何かのまちがいだと思って二回やってしまった

No.6 華麗にちらかるクラッカー


余計なデザインがなく金一色なのは太閤さんみたいだ

「華麗」とはなんだろう?

ドハデ、ハデ、ときて華麗がでてきた。クラッカーには色々な褒め言葉があるが今度は「華麗」だ。

「華麗」ってなんだろう。軽井沢でテニスに興じる社長令嬢とかだろうか。

それがクラッカーでどう表現されるのか。


高原でテニスを今から説明します。はい、こんな感じです。

結果


No.6 華麗にちらかるクラッカー 2m50cm 第7位

華麗ってなんだっけ?と軽井沢に来てテニスラケットを持ったはいいが、どうしたらいいのかわからなくなった成金が今の私。

それもそうだろう、軽井沢かと思ってここは沼袋で、テニスラケットかと思ってたそれは酢イカの串だった。

どうするんだっけ‥‥とわきの下に汗をかきつつ、一生懸命酢イカをねぶっていると目が覚めた。

なんだ、夢か‥‥。いや、今は記事か。

ゴミの散らかり方が華麗なのかもしれない

つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation