デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


土曜ワイド工場
 
神田川の桜の良さを僕が伝えたい
 

フォークソングで有名な神田川。
東京の都心の排水を一手に担う、宿命的な川だ。
河川界のなかで、一番の貧乏くじを引いているかもしれない。
しかし、神田川の桜はいい。
普段は陰気な排水河川が、ぱっと華やぐのだ。
今日は地元出身の僕が、神田川の桜のことを全国に伝えたいと思う。

加藤まさゆき



神田川はドブ川だ

地元出身なので遠慮なく言わせてもらうと、神田川はドブ川だ。
そこらじゅうに自転車が沈んでるし、水の臭いもちょっと臭い。


よく分からない漂着物の島。
自転車は普通。

川沿いを走っている人もいるが、臭いのこともあって、僕はあまり走る気にならない。


2,3度走ってみたが、臭かったので僕はダメだった。

都心の雨水を排出するために、両岸は切り立った崖になっており、暗く、深い。
隅田川のような、のどかな空気はなく、沈んだ雰囲気の川である。


最後にはこんな状態になる。川というか、完全な排水路。

 

神田川が華やぐ季節、桜の季節。

しかし神田川にも、年に一回だけ驚くほど輝く瞬間がやってくる。
桜の季節だ。


つまり今ですね。

神田川の近くには、千鳥ヶ淵・靖国神社と、国民的な桜の名所があるため、いまいち目立たない存在だ。
しかし僕は、神田川の桜がどこよりも大好きだ。
ふだん陰鬱な雰囲気のドブ川へ、桜が一面に咲き誇るというギャップがたまらないのだ。


ドブ川と思わせておいて……

見上げると桜。ギャップに萌える。

また、千鳥ヶ淵や靖国神社みたいに、「桜」を前面に押し出す気が無いのも非常にそそる。
どこまで行っても実用性の町の中に、気取らずに桜並木が咲いている。


フトンを干しつつの、花見。どこまでも日常。

千鳥ヶ淵がモデル事務所の女の子だとすれば、神田川はホームセンターのレジ打ちの女の子のような魅力がある。
今日はみなさんに、そんな神田川のお花見コースを案内したい。


つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation