デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


ひらめきの月曜日
 
うどん餃子は本当に高槻名物か
これがうどん餃子。餃子に全く見えないルックス。

大阪の高槻市にうどん餃子という名物があるらしい。うどん餃子…?一体なんだそれは…。

餃子にうどんが入ったもの?うどんに餃子が乗ってるもの?色々想像しながら調べてみると、餃子のタネとうどんを混ぜて皮に包まず焼いたもの。らしい…

なんだそれはそれは果たして餃子なのか!?そしてそれは本当に高槻名物なのか!?

尾張 由晃



うどん餃子が見あたらない

料理の内容を聞いてもどんな物か想像が付かない、名物だといっても聞いた事がない。ぼんやりとした名物うどん餃子。その正体を知るために高槻市にやってきた。名物ならそこら辺にあるだろう。


セールの内容が、アバウト。
ナイスガイ!それを掲げてどうしろと。

駅を出て商店街を歩いても、うどん餃子は見あたらない。売り出し中の名物はのぼりとかが出ていて商店街を歩くと大体すぐ見つかるのだが、お菓子屋さんだらけだった。


うどん屋にうどん餃子は無し。
温泉湧出おめでとう。

そう言えばうどん餃子はうどん屋にあるのか、ラーメン屋なのか。実際はそのどちらにも見あたらなかったのだけれど。


なう!!

うどん餃子自体が本当にあるのか怪しくなって来た。

 

うどん餃子は外で食べるもんじゃない

闇雲に探していたが、見つかる予感は無し。ちょっと現地の人に話を聞いてみよう。


たい焼きやさんで聞いてみた。

僕「すいませーん、うどん餃子を食べてみたいんですが、どこかオススメのお店とか有りますか?」

店員さん「ええっ、うどん餃子の店…ですか…!?ちょっとー、わからないですね」

絵に描いたような戸惑いのリアクション。えっ、何、聞いちゃダメだった?

僕「あっ、そうですか。ちなみにうどん餃子は食べた事はありますか?」

店員さん「あぁ、友人から聞いて作ってみた事はありますが、外では食べた事無いですねぇ。家で食べる物かなぁ」


おぉ、本当にうどん餃子はあるんだ!ちょっと存在自体を疑い始めてたよ。家では食べるけれど外では中々食べられない料理、クリームシチュー位の立ち位置か。さて、どうしよう。

 

家庭用ならスーパーに有るのでは


日曜日30分だけ開店時間早いの気になる。

うどん餃子が食卓に上がる専門なのならば、と、スーパーにやってきた。うどん餃子が浸透しているならば、どこかにそれが見えるはずだ。


うどんはうどんだけ。
ひき肉と餃子の皮は一緒に並べてある。

と、うどん売り場を見るとうどんが並び、ひき肉の横には餃子の皮が並んでいる。至って普通の状況だった。そうだよね、うどんとひき肉で自由に料理していいなら、うどんと餃子別々で作るよね。

 

うどん餃子提供店情報が

未だ見えてこないうどん餃子の姿。この手応えの無さは相当だ。


あれっ、塊から細長い物がニョロって出てる総菜が!うどん餃子!?
かき揚げです。

総菜売り場にもやはり無し。かき揚げをうどん餃子に見間違える程にうどん餃子ノイローゼみたいになってきている。

店員さんに聞いてみたらひょろっと出てきたりしないかな。

僕「すいませーん、うどん餃子ってありませんか?」

店員さん「あー、無い、ですねぇ。そもそも、テレビでやってたって事で話題になってたけど、実際はホントに一部だけで食べられてたみたいですよ」

僕「えっ、そうなんですか!じゃあ、食べた事は?」

店員さん「無いです」

ええっ、無いの!?そんなにメジャーじゃないけど、実は地元の人は超食べてたよ。みたいなのがこの名物の肝じゃないのか。

店員さん「そう言えば、すぐ近くのお店でうどん餃子出してた と思いますよ。今は分かりませんけど」

僕「本当ですか!行ってみます、ありがとうございます!」

あっ、でも店にはあるのか。人によってかなり扱いが違う感じだ、うどん餃子。何だ、一体なんなんだ。


つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation