デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


はっけんの水曜日
 
豚の足一本分のハムを買ってしまった

帰宅

電車を乗り継いで帰宅したのだが、いざ家の中にハムを入れてみると、それはとても巨大だ。


玄関を塞ぐほどのサイズ

このでかさはただものではない。
これが食べ物だというのだからすごい話だなあと、他人ごとにしてしまうほどの大きさだ。

ソファーに置いたところ
ハムだけで8s以上ある

少なくともこんな大きさの食品を僕は買ったことがない。
でかいなーと思いつつも、それがまた幸せでもある。
これを毎日食べ続けることができるんだというよろこびが、そのサイズに比例するようにこみ上げてくる。

ギターと比較するとこのサイズ

生ハム生活

パッケージの中には「骨付き生ハムの手引き書」なる冊子が入っていた。
サブタイトルに「生ハム生活を美味しく過ごす〜」とある。
これだけ大きなものが家にあると、いっしょに生活していると言っていいかもしれない。


この小冊子にも保存方法やカット法が記載されている

開封してはいけない

さっそく生ハムをカットして味見したいところだが、まだ開封してはいけないと説明を受けた。
生ハムは倉庫で冷蔵保存されているのだが、真空パックを開封してしまうと、その温度差で生ハムが結露してしまうので、二晩おいてから開封するように説明を受けた。
半年間美味しく食べるために必要なことだそうだ。
一刻も早く食べたいが、我慢だ。


やっと開封できる

翌々日、開封

楽しみでほぼ仕事が手につかない状況で二日間過ごし、いよいよ生ハムをパックから取り出し、カット台「ハモネロ」にセッティングする。


こんなでかい真空パックははじめてだ
わずかに生ハムの香りが漂いはじめた

慎重に「ハモネロ」にセット
ラベルもかっこいい

まだ食えないぞ

イエーイとふだんは発しない言葉を声にしながらハモネロへのセッティングを終えたが、まだカットしてはいけない。
もう一晩、開封した生ハムを空気になじませる行程が必要なのだ。
生ハムは乳酸菌が生きている発酵食品なので、冷蔵保存で休眠している乳酸菌が活性化するまで待たなければいけないとのことだ。
セットに付属のオリーブオイルでハムの表面をていねいに拭いて、もう一日我慢する。


乾燥を防ぐためのオリーブオイル
全体を念入りに拭く

明日はカット

ここまで丸三日、目の前にこんなうまそうなものがあるのに食えないというのはかなりの拷問状態であるが、我慢すればするほど、生ハムへの期待はふくらむ。


目で愛でながらビールを飲んでじっと我慢の子であった

< もどる ▽この記事のトップへ つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation