デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


ロマンの木曜日
 
衣を味わうクラスターカツ&フライ
ふつうのトンカツ(右)とクラスタートンカツ(左)

揚げ物の神髄は衣にあると思う。

先日、いろんなスーパーの惣菜唐揚げを食べ比べたときに、大きい唐揚げも美味しいけど、小さい唐揚げは単位体積当たりの表面積が増えるから衣が多くなってうまい、と思った。

それならば、もっと肉を小さく切れば、衣好きにはたまらない揚げ物ができるのではないか。つまりクラスターカツ、クラスターフライだ。

萩原 雅紀



生涯現役揚げ物好き

30代になると食の好みも変わる、という人がいる。最近脂っこいものがダメで...なんて話も聞く。僕も昔に比べて魚や野菜を好んで食べるようになったけど、未だに揚げ物には目がない。

今回はその中でも特に食べたいトンカツ、鶏の唐揚げ、あと肉ではないけどエビフライをクラスター化してみることにした。


豚のロース肉を買ってきた
このまま揚げて食べたらうまいだろうなー

若干罪悪感を覚えながら1cm四方くらいに切った
ふつうの状態とクラスター状態

 

とても手間がかかるぞこれは

ふつうに衣つけて揚げたり、ソテーにしたらうまそうな豚肉を買ってきた。このまま食べたら何の不満もないだろうけど、昔からこういう挑戦があったから今のような豊かな食生活が生まれたのだ、と思って包丁を握った。

まあ、いいかげん僕も30代半ばを過ぎているので、こんなところで料理の新しい進歩が起こるとは思っていないけど。


鶏肉も大きいのを少し残してクラスター化
海老をこま切れにするのはなんだか申し訳なかった

それぞれに下味をつけたら、ふつうに衣をからめて揚げる。...のだけど、こま切れにした肉にいちいち粉をはたいて卵に浸して衣をまぶす、という作業はものすごく面倒だった。これは手間がかかる。

もしお店で出すとしたら、山のようなこま切れ肉を前に「未来の巨匠」が黙々と作業することになるのだろう。あのコーナー見ていつも思うけど、もっと楽に巨匠になれる方法ないものだろうか。みんな大変そうすぎる。


こんな小さい粒にひとつひとつ粉はたいて卵つけて...
パン粉はほとんどもみ込む感じに

 

誰かやったことないのか

ところで今回クラスターカツを思いついたとき、衣を味わうために表面積を増やすなんて、既に誰かがやってるだろうと思っていた。

そこでネットで調べたら、揚げ物で表面積を増やすことはイコール油を吸う面積を増やす、つまりカロリーを増やすことになるとして、ダイエット的にはもっとも避けなければならないように書かれていた。一口カツには要注意!なんてサイトもあった。

カロリーなんて関係ねえ!

どうせ歳とったら嗜好的にも健康的にも食べられなくなるのだ。食べられるうちは気にせず食べておこう。


クラスターエビをフライ
きれいに揚がった(上は比較用ふつうのエビフライ)

クラスター豚肉も揚げる
どっちもうまそう(と思う)

それにしても細かくて面倒だ

細かくて鍋に投入するのに時間がかかったけど、ようやくすべての食材が揚がった。


いざ実食!


クラスターエビフライ
クラスター鶏の唐揚げ
クラスタートンカツ

クラスター化すると見た目はどれも似た感じ。さっそく、ソースをたっぷりつけたクラスタートンカツを2、3個、口の中に入れた。

おお、衣ばっかり!噛んでも噛んでも衣!ソースが染みてる!

肉の食感もちゃんとあって、少しだけど肉汁の味もあって、確かにかなり脂っぽいけど、けっこうおいしい。


ごはんが進む進む

クラスター唐揚げは、味の濃い衣がカリッとしててスナック菓子のよう。ビール(僕の場合はコーラ)によく合う。

クラスターエビフライは、...個人的には大きなエビのエビフライの方が好きだ。しかも揚げに失敗したらしく、中まで火が通ってないのがあった。このあとちょっとお腹が痛くなったのはこれのせいじゃないと信じたい。

なかなかおいしくて衣好きには堪らないクラスターフライ。でも、ひとつ大きな問題があった。

一つ一つが小さいせいか、何個食べても満足感がないのだ。衣が多くて脂っぽいし、それなりにお腹一杯になってもまだ食べ足りない。結果、気持ち悪くなる。

試しに、トンカツも唐揚げもふつうの大きさのものを食べてみたら、食べ応えがあってすごく満足した。

モノには見合った大きさがあるのだろう。

たまにはいい、のかも

「アリと言えばアリだけど、ふつうの方がいい」という予想通りの結果になったクラスターフライ。

こういうとき「○○に飽きたら、たまにはイイね」などと、ありきたりなまとめをしがちだけど、ふつうのトンカツも唐揚げも飽きないから、もう2度と登場することはないかも知れない。

きっと、こうして日の目を見ずに消えていった料理は歴史上にいくつもあるのだろうと思う。

固まりにして「肉のかき揚げ」にした方が良かっただろうか

 
 

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation