デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


ちしきの金曜日
 
ここに出して大丈夫?って感じの郵便ポスト
 

日本全国、どのポストに出しても郵便物は届く…はずなのだが、いざ投函しようとする時、ふと
「ここに出して本当に大丈夫だろうか…」
と思ったことはないだろうか。

・ひょっとしてこれは放置ポスト(撤去することすら忘れられている)だったりしないか?
・郵便局の人はこのポストにもちゃんと集めに来てくれるだろうか?

そんな疑念を抱きかねない雰囲気を持ったポストを集めてみた。

T・斎藤



たとえばコレだ。

不安になるロケーション

まずはロケーションが不安なタイプを見ていこう。
上の写真のポスト、道端に唐突に立っているのが大変不安だ。

中の郵便物がちゃんと回収されるか、という点はもとより自転車や車がポストにぶつかりやしないかという点でも心配になる。

ポストの前に置かれた、役に立ってるのか立ってないのかわからないカラーコーン(タイヤ付き)がまた存在の危うさを際立たせている。


どこにも取りに来るって書いてないし・・・

その上、回収時間が書いてない。

これが今回の主旨、「ここに手紙を出してもいいものか迷うポスト」である。

こういうポストはわりとたくさんある。


あんなところにポストが。

続いては、元々コンビニが在ったところに立っているポスト。


ここに出したら逆に怒られないかな…?

これまた、投函していいものかどうか大変悩ましい。

いやむしろ、ここに投函して「送ったつもり」になっている方が社会人として常識を疑われるような気さえしてくる。

が・・・


取集時間が書いてある!

驚くべき事に、ちゃんと毎日11:30に取集に来ると書いてあった!

感慨深い。


ホテルの横にあるポスト。これは一見普通に見えるが・・・

こちらはホテルの横に併設されたポストで、
一見何の変哲もない普通のポストのようだが、


そのホテルがやってない。

妙に人気がないな、と思って見たらホテルがつぶれていた。

途端に、このポストの存在がものすごく儚げなものに思えてくる。大丈夫だろうか…?


ぽつりと取り残されたポスト。こっちは営業中?


休業中の雰囲気

一見して休業中っぽい雰囲気を漂わせているポストもある。


休業中?

なぜそう見えるのかはハッキリとはわからない。
逆に「営業中!」と書いてあるポストもない。しかし、この写真のポストからは、そこはかとなく「やってません」という臭いがしてくる。

(バックの木だろうか?)


これは休業中だろう!?

と思ったらちゃんと取りに来るとな。


ボロくなってるという要素

年季が入ってボロくなってるタイプも、大丈夫だろうか?という気持ちが沸き起こるパターン。


自販機の横に並べられたこのポスト。

だいぶボロがきてる。

ボロがきてる。
   ↓
メンテナンスされてない。
   ↓
ひょっとして役目を終えたポスト?
   ↓
それがたまたま自販機の横に置いてあって、そんなところに手紙を入れちゃう自分って人としてどうなの?

みたいな思考が浮かんだり消えたりして、
なかなか投函できない。


こちらもけっこうな年季が入っている一品。

穴も空いている。雨が降った時どうなるかがやや心配だ(濡れない構造となってると信じたい)。


ふさがれる、という技

こんなパターンで揺さぶられることもある。


手前に柵が。

ポスト自体は口が2つある立派なものだが、手前に柵があるおかげで、「かつて使われていたポスト」という風情を醸し出されている。


埋まってる。

こちらはなんと、周囲をすっぽりとフェンスに覆われている。

どうしてこういうことになっているのか?
何か特別な事情でもあるような気がして、手紙を出そうとする手がグラグラと揺れる。


シュールな光景。

ゴミ箱もフェンスの向こう側に。


ポストとは何かが、だんだんわからなくなる

いったんポストに対して疑念を抱き始めると、
次第にだんだん、どのポストを見てもどこか違うような気がしてくるようになる。


家の横、微妙に敷地内っぽいところにあるポスト。

ポストってこれで合ってたっけ…?と、答え合わせを始めたくなる。

こちらも答え合わせをしたくなるパターン。

箱と棒のバランスだろうか? 違和感を感じるのは。

間違ってニセモノのポストに出してしまったらやはり郵便物は届かないので、間違えず本物のポストに出さなければならない。


こんな感じのたたずまい。(だったっけ?)

こんな何の変哲もないポストまでどこか違うように見えてくる。

こちらは懐かしの丸ポスト。(本当は懐かしさを感じる世代ではないけど、そういう修飾語を付けたくなるフォルム)

見てるとだんだん「これ本物?」という疑念が沸いてくる。

仮面ライダーとかで、敵が化けているポストのようだ。
(横から手が生えてくる)


ペンキの厚塗りっぷりがすごい。

根本のどっしりっぷりもすごい。


ポストとは何か?

・手紙を入れる口があって
・赤または朱色の箱
であればそれはポストである。


赤ければなんでもいい?

そういう結論に至ろうとか思うと、
またそれを打ち消すポストが現れる。


赤くないポストも。

郵便の歴史が書かれていた。

郵便ってすごい

普段から自分が利用していて、相手に届いた実績のあるポストなら、たとえどんなルックスのポストでも安心して投函できる。

しかしこれが初めて投函するポストとなると、頭では「どのポストに入れても届く」とわかってはいても、どこからともなく「本当に大丈夫だろうか?」という気持ちが沸いてくる(場合がある)。気をつけよう。


 
 

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation