デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


はっけんの水曜日
 
ステレオ3Dバーチャル紙メガネ花見のお誘い
それは楽しいのか、楽しくないのか?

今年も桜の季節はやってきた。

そしてすぐに過ぎていったのだった。

毎年だ。なぜ毎年こうなんだ。花見をしたい、と毎年切望しているのだが、ここ何年もタイミングがつかめない。エスカレーターにいつまでも乗れないお婆ちゃんか。自分の反射神経、こんなとこでも鈍さを発揮だ。

迅速な動的反応ができないなら、いっそ静的に対応することにした。

乙幡 啓子



桜、いとしくも憎きもの

覚えているだろうか4月上旬の頃を。今年もこんなに見事に咲いていたのが、まるで去年のことのようだ。今は東京あたりじゃすっかり花は落ちた。


桜のトンネルになっている。というか、なっていた。
市民の憩う花見にあつらえむきの1本もあり。というか、あった。

ちょっと暖かくなってきたと油断すると、いっせいに見ごろを迎えてしまうあいつら。当方はその景観に焦りつつもなかなかスケジュールが合わせられず、足踏みするうちいつしかシーズンオフに…毎年その繰り返しだ。その焦りも込みで「桜」なのかと思う。

きっちり週末に咲くとか、せめて見ごろを1週間持続させるとか臨機応変に対応してくれればいいと思うが、彼らはおかまいなしである。こっちが合わせなければならないとは、なんと鷹揚なことだ。育ちがいいに違いない。

ああ花見したい。花なんてほとんど見ちゃいないようなもんだろうが、桜がまだモコモコしているうちにその下で宴会を、ぜひとも、したいのだ!

ステレオ、わくわくする響き

そんなとき、ふと一冊の蔵書を思い出した。「ポケットに仏像」(新潮社)という本。「3D STEREO MUSEUM」とある。


編集部・安藤さんから教えられた、まことに良い本。
表紙の裏にレンズがはめてあり、こうやって立てて仏を拝む。

ステレオ写真とレンズが一体化した3Dビューワーが、そのまま本になったというものだが、これが実にいい。レンズから覗けば、目の前に立体化された仏像がどんと鎮座している。陳腐な言い方であるが、まさに「そこに仏像がある!」という興奮。ポケットに仏像、とはよく言った。

至福の覗き穴。しかし片手がふさがるのはいかんともし難い。

この「すぐそこにある!」というシステムを、タイミング外した花見に使えないだろうか。上のような装置を、手ぶらで頭に装着できれば、両手が使えて宴会ができる。さっそく、作ってみよう。

ところで当然のことながら、ステレオ写真が必要になる。ステレオカメラを持ってないので、今回とりあえずはタカラトミーの「3Dショットカム」というお手頃デジタルステレオカメラを買ってみた。ビューワーも2つついている。さてどんなものだろう。


ステレオカメラが5000円弱で!ちなみにタイアップ記事ではない。自腹だ。
昔から、ビューワーには心躍るものがある。

何かいる!立体でお見せできないのが残念。

このカメラで、見頃の桜を撮っておく。そしてビューワーをちょっと改造して、3D花見の道具がそろうわけだ。

申し訳ないがさっそくビューワーを解体させていただこう。買ったばかりの品にハサミを入れた。


つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation