デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


土曜ワイド工場
 
焼津の深海サメカレーがやってきた
がんばれ長谷川さん。

以前、深海サメ漁を取材させていただいた長谷川さんの息子さんから、「よこすかカレーフェスティバル」というイベントに、「焼津深海さめカレー」というメニューで出店するという連絡をいただいた。

深海サメとカレーという、イベントありきと思われる唐突な組み合わせ。それってカレーにうるさい横須賀の人達に受け入れてもらえるのだろうか。

→深海サメ漁の記事はこちら
→当サイトライター北村さんが書いた去年のカレーフェスの記事はこちら

玉置 豊



深海さめカレーはやっぱりこのイベントのために考えたメニューだそうです

二日間かけておこなわれるカレーイベントの初日、オープンを一時間後に控えた会場では、長谷川さんがテント内での導線をどうするべきか悩んでいた。


準備を進める長谷川さん。今ここで決めていることが多い感じ。

深海さめカレーというのは、ルーの中にサメの身や肝が入ったカレーなのかと思ったらそうではなくて、普通のカレーにサメのフライを乗せたものなのらしい。

カツカレーのカツがサメのフライになったものということか。

長谷川さんとしては、深海サメの食材としての魅力を全国に広めるための第一歩だそうで、とても気合が入っている。ちなみに深海サメを獲っているのは焼津でも長谷川さん家族くらいで、焼津の人が日常的に深海サメを食べているという訳でもない。


深海サメって、こういうやつです。

イベントありきで考えられた深海サメカレーだが、これで評判がよければ、次はルーに深海サメを入れたサメカレー、さらには深海サメの肝が入ったスクワランたっぷりの美容によいプレミアムサメカレーの販売も考えたいと、長谷川さんの野望は大きい。

 

カレーはレトルト、フライは手作り

今回はカレーのイベントということで、お手伝いとしてタマネギを飴色になるまで炒めたり、隠し味にリンゴをすりおろしたりする気マンマンで来たのだが、カレーはすでに焼津で業者の手によってレトルトパックになっていた。この狭いテントで何百人前も作るのだから、そりゃそうか。

カレーはレトルトといっても、何度も(正確には二回)業者と試食を繰り返した深海サメ専用のカレー。具はタマネギだけとシンプルにすることで、サメの存在感を引き立たせている。

その味は、長谷川さんが頭に描いていた、サメフライとの相性ばっちりのカレーに仕上がっているらしい。

「サメフライに合うカレー」という注文に答えた業者、えらい。


業務用サイズのオリジナルレトルトカレー登場。
手作りのサメフライ。良くも悪くも、いわれないとサメとまったくわからない。

深海サメのフライは、当然この場で揚げたてを提供。これは長谷川さんが父親と獲ってきたサメを自分で捌き、卵とパン粉をつけた完全手作り。

このサメフライは焼津あたりのイベントで何度も売っており、地元では認知度も上がってきていて、出店すれば常に行列ができる人気商品なのだそうだ。


ヤフオクで買ったというフライヤーでサメフライを揚げる長谷川さん。
うん、やっぱりなんだかわからない。サメの種類はヘラツノザメだそうです。ああ、あれね(知らない)。

運営側が手配してくれた業者よりご飯が20キロ到着。
せっかくなのでサメっぽい服を着てきました。だれも気がついてくれませんでしたが。

これが焼津深海さめカレーだ

ご飯を盛り、カレーをよそい、サメフライを乗せて、福神漬けを添えて、長谷川さんが夜なべして作った旗を立てたら、焼津深海さめカレーの完成だ。

その実態は深海サメが乗ったここでしか食べられない珍カレーなのだが、見た目のインパクトが一切ない。立ち食いうどん屋のカレーのようだ。


野球のスタンドで売っているカツカレーみたいでもある。がんばれ焼津ブルーシャーク(きっと独立リーグ)。

オープン前に一つ試食させていただくと、まずルーの南国っぽい濃い目の甘さが口いっぱいに広がって、それからちょっと遅れて程良くスパイシーな辛さがやってきた。

フライにされたサメはまったくクセのない白身で、とても柔らかくて独特のきめ細かい脂の乗りがある。焼津のイベントではタルタルソースを添えて出されているそうだが、人気が出るのもうなづける味。このフライがオリジナルカレーと相性ばっちり。いけるかも。


長谷川さんとその友人の鈴木さんで切り盛りします。二人ともでかい。「焼津のサンドウィッチマン」と、私は心の中で呼んでいる。

ひいき目なしに、食べればみんなにおいしいといってもらえると思うのだが、問題は深海サメを食べてみたいというお客さんが、どれだけいるかということだろう。

サメだもんなあ。


同じブースでは鰹節屋さんが中心となって、焼津式カレーうどんを販売。スタッフの方がどことなく春風亭昇太に似ていて、さすが静岡と思った。
これが焼津式カレーうどん。鰹節とカレー粉の相性がいい。家でマネしよう。

つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation