デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


ひらめきの月曜日
 
ホントに三分クッキング
 

みんな大好きなお昼にある3分クッキングの番組、アレが3分 ではないと気付いたのはいつだっただろうか。

「ここに煮込んだ物があります」とか出してくるから、調理時間は 3分を超えていても、放送時間は3分なんだと思い込んでいた。

見てたら時間の感覚で分かるだろ。って話だが、思っていたのだ。 実際の番組枠は10分。調理時間も放送時間も3分じゃない。何が3分? と思って調べてみたら 「元々この番組の放送時間が正味3分だった名残と、“3分で 出来るぐらい簡単な料理”という意味」 らしい。じゃあ、本当に3分ならどんな料理が作れるんだろう。

3分で何が作れるかやってみようか。

尾張 由晃



3分クッキング便利

まず気になったのが、3分クッキングの料理を作ったら何分かかるんだろう。という事だ。3分間で料理を作る前にそれを確かめてみたい。

そう思って、レシピ載ってないかなと思って検索してみたら3分クッキングのHPに載ってた。というか、載ってたどころか、動画も見れる。凄い。


文章ばっかりになったので全く関係ない画像を載せておきます。

その日放送された番組がネットですぐに見れる。凄い。次の日放送されるレシピとかも載ってた。凄い。これで詳細に3分クッキングの料理を作れるぞ!

喜んで動画を見て気付いた。番組の実際の放送時間は7分前後だ。それに調理の説明、レシピの説明が加わっている。これ、料理だけに集中したら、もしかして本当に3分で出来るんじゃないか。

 

3分で作れそうな気がしてきた

と、いう事で、この記事を書いているその日に放映された料理 「えびと豆腐の炒め煮」というのを作ってみたいと思う。

動画はこちら

簡単に手順を書くとこうだ。

  1. 豆腐を切る
  2. エビに下味を付ける
  3. 調味料を合わせる
  4. ネギとしょうがを炒める
  5. 豆とエビを炒める
  6. 調味料を入れる
  7. 豆腐を入れて炒め煮にする
  8. 水溶き片栗粉でとろみを付ける

番組と同じ下準備しておいた。

これは番組中で「煮込んだ物がここにあります」などという手品なしに全編ちゃんと調理していた。他の料理と比べても比較的簡単そうな部類。これは、3分で出来るぞ!

 

それでは、いざ、3分クッキング!!


ストップウォッチスタート!

第一工程、豆腐を切るは20秒で達成。これはどうなのか、遅いか。

エビの下味付けは42秒。予想よりも時間が短い。ヤバイ。

調味料を合わせ始める。

塩を取ろうとしたら、焦りすぎて味の素を落とす。この時点で1/3終了。

更に焦ってごま油も落とす。双方とも特に問題なかったのが幸い。

下準備が終わり、フライパンに火を入れる。油を入れる前に、どうして良いかワタワタした。

ネギとしょうが投入した所で半分経過。ここが手順の半分だが、ここから終わるのか。

フライパンが熱くならず、中々火が通らない。ベランダから風が吹いてきてたので、体で遮断。頑張れコンロ、頑張ってフライパン!

ネギに火が通りきっていないが、時間がないのでしょうがない、エビと豆を投入。いっぺんに炒まれ!

火が通らない、炒まりきらない。ヤバイヤバイ。

あああああ、って所で3分経過。

残念ながら3分で料理を作りきる事は出来なかった。

 

結局5分かかった


調味料投入が3:23
やっと豆腐が登場。もう遅い。

水溶き片栗粉を投入。
しばらく火を入れて、完成!時間切れ!!

出来た。美味い。エビと豆が主に美味い。春の豆は美味い。

結局5分以上かかってしまった。3分クッキングで料理の先生が解説をしながら調理して5分位だから、全力でやれば3分イケる!と意気込んで始めて使った時間はほぼ同じ。

ゆったりとした動きなのに俺の全速力と同じなんて、料理の先生って凄い。拳法の達人みたいだ。


下準備の時間も含めなきゃねー。

5分なら、色々工夫したら3分イケるか…?と思ったが、実際は下準備でかなり時間がかかっている。むしろ下準備が主な作業だ。

これではいかん。ちゃんと全行程を3分で終わらせたい。

 

1分クッキング

3分で作りたいのならば、3分で出来そうな料理を選べばよい。 無数にある3分クッキングのレシピの中から一番早く出来そうな料理を選び抜いた。これで3分で料理を作りきる!


トマトです。

洗います。

適当に切ります。

塩を振ります。

混ぜる。

ごま油入れる。

混ぜる。

調味料取ろうとして、コーヒーメーカー落とす。

チューブニンニク入れる。

混ぜる。

完成。トマトのナムル。

出来た。出来た、で良いのか。切って混ぜただけだ。これで良いのか。1分ちょいで出来たが、これで番組は持ったのか。調理の合間に先生のトマトに関する思い出とか語ってたのか。

和える、という調理項目で検索したら、こういうメニューが結構でる。和えるは早い。3分を名乗ろうと思ったら、主に和える事になる、和えるクッキングになりそうだ。

でも、こういうのって、他の料理と一緒に紹介される物で、一回の放送でメインを張れるものでは無い。脇だ、脇。

自分の出来る、最高の3分料理を目指そう。

 

これが俺の3分クッキングだ

下準備から全部三分で出来る物は何だ。
そう考えると、これだ。と思った。三分で出来るだろうか。
多分出来るだろ。


スタート。

油を入れたフライパンにウインナーを入れる。そのまま放置。

そしておにぎりを握り始める。サランラップで包むより、直接手で握った方が美味しいような気がする派。具は昆布。

二個目を握り終える。昔、ご飯時におかずが無いと母が「しょうがない、おにぎり握ったろ」 っておにぎり握ってくれたんですが、おにぎりならおかず無しでも良いっていう信頼感おかしい。

そして卵を割って、溶く。

放って置いたウインナーが焼けた。

そしてそのまま卵を焼く。

出来た!

俺の3分クッキング完成!

完成!見事3分以内に全て作り上げる事が出来た。ウインナーと卵とおにぎりだ。男は肉じゃがが好き。って良く聞くけど、こっちのセットの方が喜ぶ人多いと思う。夜1時半くらいにこれ出てきたら。むさぼるね。

この感動夜食セットが俺の3分クッキングだ。最初にして最高の物を作ってしまったような気がする。

何かを作ろうと思うと予想以上に短い3分。だけれどもおにぎりセットを作れた事で、今後、3分あればこれを食べられると思うと、3分に対する意識が変わる。

あぁ、時間が無い!って思っても、3分でおにぎり、ウインナー、卵焼きが出来るなんて。凄い、3分凄い。

いつか3分クッキングにでる事があれば、これを作って、後の時間はイグアナの真似でもして過ごそうと思う。


 
 

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation