デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


ひらめきの月曜日
 
250km走るマラソン大会は、やはり楽しい
今年で23回目の大会です。幻覚見たり、眠りながら走って転んだり、胃腸がおかしくなったりしますが、出る度に楽しい大会です。

毎年5月に山口県で250km走るマラソン大会が開催されています。「山口100萩往還マラニック大会」と言われる大会です。48時間の制限時間で、250kmの距離を走ります。

今まで何回が出場したことがありまして、今年久しぶりに走ってきました。今回はその時の様子をレポートします。

馬場 吉成



山口県をグルッと一周

先ずは萩往還250kmマラニックのコースをザックリと説明します。スタートは山口県庁裏の瑠璃光寺です。そこを5月2日の18時にスタートしてまず山口駅方面へ向かいます。

川沿いを暫く走ったら北へ向かい山を越えて日本海側まで走ります。日本海側沿いを走って、途中山を越えつつ萩に出ます。萩を少し越えて戻ってきたら萩往還道を南下してまた山口に戻ればゴール。制限時間は48時間です。


ランナーには事前にコース地図が配られます。地図が無くてもそんなにコースを間違えることはありません。
全体地図で見るとこんな感じ。右下の矢印の所が瑠璃光寺。とにかく坂の多いコース。

詳しい通過ポイントなどは大会オフィシャルページに出ているのでそちらを見てください。

>マラニックの部 A250km コース 

昨年出場した「さくら道270kmウルトラ遠足(とおあし)」は名古屋から金沢までの1本道でしたが、今回はグルッと1周になります。上り下りが激しく急な箇所も多いので、かなり厳しいコースです。

 

エントリーは429人


スタート待機中。後ろまでランナーが続いています。2日間ほど寝ないで走ろうなんて物好きが世の中には沢山いるのです。ちなみにエントリー料は3万円。高いが充実サポートでこの費用は安いと思う。

萩往還マラニック大会は3つの部門が開催されます。250km、140km、70km。あと、35kmの徒歩の部門がありますが、これは子供も参加出来るイベントです。

そして、今回の250km部門は定員が増やされたので、最終的に429人がエントリーしていました。一応制限時間はあるものの、競技性は無い大会なので順位の表彰などはありません。それぞれのペースでゴールを目指します。


通常ゼッケンの下にデイリーのロゴと友の会の2次元バーコード入れてみました。勝手に宣伝。

ちなみに、背負って走るザック内には着替え、防寒着、雨具、代えのタオル、摩擦防止クリーム、サプリメント類、応急処置用医薬品、ポケッティッシュ、バッテリー類、ライト、点滅灯、財布、音楽プレーヤー、方位磁石、地図、コップ、水、食料などが入っています。結構重い。


今回は雨の予報も出ていたし、前回これを抜いて痛い目を見たので忘れずに入れる。雨具のレインポンチョ。三脚を抜いてこちらを選択。

いよいよスタート

前泊して山口に入ったので、当日はギリギリまで宿で寝ていて受付会場に移動しました。受付を済ませ、スタート3時間前の説明会まで荷物預かり所で更に仮眠。スタートしたら2日間ほぼ寝ないで走るのでなるべく体を休めておきます。


コース途中に搬送される荷物を預けてスタート準備完了。さあ、250km走りますよ!

スタートは50人程度が2、3分毎にスタートするウェーブスタート形式です。後からスタートしてもゴール制限時間がスタート時間から計算されるので問題ありません。しかし、途中の関門時間は時刻通り。参加人数も多く、途中のエイドの混雑を考慮して第1ウェーブでスタートしました。


スタート直後。ゴールまで戻ってこられるのは全体の半分ぐらい。

ということで、これから48時間ほぼ寝ないで走ります。幻覚あり。寝ながら走っての転倒あり。胃腸不良、酒の誘惑、寒さ、暑さ、眠さ、出会い等々。色々ある楽しい大会でした。

まずは初日の夜間走行。川沿いを走った後、山を越えて日本海を目指します。


つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation