デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


ちしきの金曜日
 
「いいゴミ」を集める
飾っておきたくなるゴミたち。

ひとくくりに「ゴミ」と言ってしてしまうにはもったいないゴミがある。ゴミだけど捨てられない、ゴミだけどなんかいい、そんな「いいゴミ」と呼ばれるゴミたちである。

ゴミなのに「いい」とはこれいかに。見ていきたい。

安藤 昌教



いいゴミとはなにか

子どもの頃、鉛筆削りから出てくる薄くてくるっとカールした木の削り屑が大好きだった。

ゴミだと認識はしていたが、捨てるのがなんだかしのびなくて、お菓子の缶にためていつかそこでハムスターを飼おうと思っていた(結局親にばれて捨てられた)。

そんな思い出を胸に大人になった今考えてみる。ゴミはゴミでも「いいゴミ」というのも存在するんじゃないか、と。大人だから親に捨てられることもないはずだ。


今でも捨てる前に躊躇する。

たとえばこれはどうだろう。道に落ちていたみかんである。しかも腐ってる。


ゴミ。

これはどう見てもゴミである。しかも「いいゴミ」ではない。持ってかえりたくならないからだ。

ではこれはどうだ。


ほとんど芸術品。

金属の削り屑である。屑というくらいだから、まあゴミと言って間違いないだろう。

だけど見てくれこの「いいもの感」。会社にあった簡易スタジオ使って撮ったから、というのもあるかと思うが、それ以前にゴミとしての育ちのよさ、ごまかしきれない「いいもの」具合が透けて見えはしないか。 こんなの落ちてたらまず拾うだろう。ゴミなのに、持ってかえるだろう。

そう、これは「いいゴミ」だからだ。

実はこのいいゴミ、スカイツリーのふもとでもらってきた。


日常に突然高い塔があらわれる違和感。

スカイツリーを臨む墨田区。このあたりには昔ながらの町工場がたくさんある。

オートメーション化された大規模工場よりも、こういうところで長年培われた職人の技が産み出すゴミの方が、魂のこもった「いいゴミ」な気がする。


どこにいいゴミがあるかわからなかったので町をうろつきながら探しました。

こちら昭和金属さんは、このあたりの工場から出た金属ゴミを一手に回収している。

お願いしてゴミの一部を見せてもらった。


どちゃー。

…宝の山である。

この工場では主にしんちゅうの切削屑を集めているという。しんちゅうはゴミであっても1キロ500円以上するらしく、そうなってくるとすでにゴミではないのかもしれない。

しかしその割りに「少しでいいので売ってもらえませんか」と聞くと「いいよ、勝手に持ってって!」と太っ腹にビニール袋までくれた。やっぱりゴミなのかもしれない。


これを輪切りにして中にネジを切るとナットになるのだとか。

ここでいただいたのが先に載せたしんちゅうのらせんである。金属を削った時に出る「いいゴミ」だ。

ゴミに見とれていると、今でも職人さんが手で削っているという工場を紹介してくれた。そこではまさに「いいゴミ」が産み出されているはずである。

さあ、いいゴミ誕生の瞬間を見に行ってみよう。


つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation