デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


ひらめきの月曜日
 
王道観光vs穴場観光
どちらの観光派でしょうか。

遠くの友人を観光案内する場合、穴場へ連れて行ってあげたいな。などと考えながら、どこ行きたい?って聞くと、道頓堀や通天閣とベタな答えが返ってくる。

折角地元に来てくれるんだから、地元の人だからこそ出来る案内を!って思うけれど、それよりも王道の、ベタな観光名所を案内した方がいいのか。

僕自身なら王道か、穴場か。どっちが楽しいだろう。いつも適当な所をフラフラしてるだけだから分からない。実際に王道と穴場を案内してもらってみて試してみよう。

尾張 由晃



案内してもらうだけだから、嬉しい

東京に行く機会があったので、編集部古賀さんと土曜ライター西村まさゆきさんが王道と穴場、両方の観光を案内して下さる事になった。

穴場に行って通ぶりたい気持ちもある、ベタな所に行って、あぁここがあの有名なー。って言いたくもある。今回はその両方を案内されるだけ。自分で考えておいて、なんていい仕事だろう。


まずは王道観光担当、古賀さんから。何か見えてる!

古賀さんには観光と言えばここでしょ!っていう所に案内してください。とお願いした。一体どこに連れて行ってもらえるのかなー。と、お客様気分。案内されるがままについて行くと。

あっ!あれ、見たことある!

王道観光は浅草


観光らしく、記念写真。ダブルピースアンドダブルピース。

うんこだ!金のうんこだ!これか、ここか!とテンションがあがる。実際はアサヒビールのビルで、炎らしいのだが、うんこだよな、これ。

「これって、東京の人もうんこって呼んでるんですか?」と、古賀さんに聞いてみると「そりゃあ、もちろんうんこですよぉ!」との答え。

やっぱりそうだよな!有名なものが地方と都心の心を繋ぐ。そうか、王道に関しては話題を共有しやすいぞ。

王道のメリット
みんな知ってるから話題を共有しやすい。

王道にあふれる非日常間


こんなポーズとっても恥ずかしくない。古賀さんの伸びっぷり。手がピーンッ。

雷門が見えてきた。見たことある、デカイ!嬉しくなって写真を撮る。再度炸裂ダブルピース。

旅の恥は掻き捨てと言うがここではダブルピース自体が恥ずかしくない。ダブルピースの腕がピーンッてなってても恥ずかしい、じゃなくて楽しそう!だ。王道の観光地はうかれる事が許される、歓迎される。


見えないドラムセットのシンバルをジャーンッ!!って鳴り響かせてる。

場にも押されてうかれ気分は加速していく。

「もう、今からサビが来るからね、今までがAメロ、Bメロと来てたからサビよ、大丈夫!?歌う準備できてますか!?」と古賀さんは見えない楽器を鳴り響かせた。

なんだ、サビって。大人をここまでうかれさせるとは、王道の力は物凄い。と、思ったけれど、古賀さんは元からこういう人だったかも。

王道のメリット
うかれてても許される

浅草現る


楽しそうなものが一杯あって目移りする。

参道は本当にお祭りみたい。人が多いのはマイナスのように思いがちだが、人がいるからこその活気だ。この雰囲気は王道観光地ならではだ。

そんな商店街で、古賀さんが「あっ、浅草だ!」といってお店に駆け寄った。浅草…?


これが浅草らしい。

「どうぞ、こちらが浅草です」と指さしたのは犬のおもちゃ。えっ、なに…。なにが…?と、思っていたら、撮影係の土曜ライター西村さんも「あー、これ、浅草ですよねぇ!」と言い出した。


浅草・・・?(浅草だよ。とか、あそばんか?とか言ったりしない。)

どういうことだ…東京の方には、これが浅草。関西人が「とーれとっれぴーっちぴっち」と言われたら必ず「カニ料理〜」って返すみたいな事か(そういう関西限定CMがある)。

浅草ではこの犬のおもちゃが昔からずっと売られており、そのイメージが強いらしい。東京の方にしか分からない浅草像。訳を聞いてみてもよく分からない感じが面白い。


つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation