デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


土曜ワイド工場
 
3秒で東京都を横断できる場所
東京都の最西端と最東端(島嶼部を除く)

島嶼部を除くと、東京都はわりと東西に長い、そんな東京都を東西に横断しようと思ったらどれぐらい時間がかかるだろうか? 最西端の雲取山のあたりから、最東端の江戸川区の東篠崎まで、道を無視してほぼまっすぐに歩いたとしても90キロメートル以上ある。たぶん、ぼくの足では2日ぐらいはかかる。

しかし、そんな距離いちいち歩いてられないし、そもそも体力がもたない。もっとカジュアルに、子供連れでも気軽に東京都を横断する方法は無いだろうか? そうだ、東京都のいちばんくびれているところを、西から東に(逆でもいいけど)歩き通せば、東京都を横断したことになるのではないか?

※以下、都県境は県境と表記します。

西村まさゆき



すでにやってた

東京都のいちばんくびれている場所を地図で探すと、小田急線柿生駅と鶴川駅の間に東京都が200メートルぐらいまでくびれている場所がある。この200メートルぐらいの場所を東西に歩けば、見事、東京都を横断したことになる……はずだ。

おぉ! 本来なら2日もかかる(たぶん)東京都東西横断がここなら十数分で終わるっ! 住宅街なので子連れでもOKっ! 素晴らしいっ! 鼻息を荒くしつつ、念のためデイリーのサイト内検索で検索してみたところ、すでに林さんがやってた


珍しいものを見た気分ツアー」より

デイリーポータルZではこういうことがよくあるのだ……。

 

もっとすごいところを発見!

しかし、諦めきれないので、東京都の都県境をひとまわり調べてみた。すると、東京都を簡単に横断できそうな場所を見つけてしまった! 言葉で説明するより実際に見てもらったほうが早いので、まずは下の地図を見ていただきたい。



より大きな地図で 東京都埼玉県県境 二本木 を表示


赤い部分が東京都で、青い部分が埼玉県だ。場所は東京都西多摩郡瑞穂町二本木と埼玉県入間市駒形富士山の間で、なぜか住宅一軒分の敷地が東京都になっている。そしてその住宅につながるように歩道一本分が細長く東京都に繋がっているのだ。

この歩道部分を西から東に横断すれば3秒ほどで東京都を横断できるんじゃないか! すごい! これは嫁を質に入れても行かねばならない!

 

瑞穂町にやってきた

東京都を3秒で横断するため、1時間ほど電車を乗り継いて瑞穂町へやってきた。なんだかランニングマシーンで走るために自動車でジムに通うみたいな感じがしないでもないけれど、最寄りの箱根ヶ崎駅からタクシーで県境近くの交差点まで向かう。


せいいっぱいの興奮の表現(ものすごく興奮しています)

あ、あれは! 埼玉県のカントリーサイン!

ここが! くびれた県境かっ!

ここが、東京一くびれてて、東京一セクシーな東京都だ! といっても分かりにくいと思うので、写真に県境を色分けしてみた。


うぉー! セクシィー!!

3秒もかからずに東京横断完了

ではさっそく、東京を西から東に横断しようと思う。


いくぞー(マウスオーバーで県境表示)

やー (マウスオーバーで県境表示)

ったー(マウスオーバーで県境表示)

あっという間に東京横断完了。3秒というか、2秒ぐらいだったかもしれない。ぼくはついに東京都を横断しきった!! ちなみに、カメラで撮影してくれている妻は終始無言で無表情だった。

 

実際の県境はちょっと違う!?

撮影をしていると、目の前の商店からご主人が出てきたので、話を伺ってみた。


埼玉・東京・埼玉の順番でならんでるんだよ

−−「あの、県境を見に来たんですが、こちらの商店の前の歩道だけ東京都なんですよね?」
−−「あーそうそう、ここ県境なんだよ。だけどねホントはもうちょっと中の方だよ」

なに!? もうちょっと中の方?

−−「本当の県境は店の中にあるんだよ」

これは聞き捨てならない……ご主人はこの記事の趣旨を根底から揺るがしかねない重大な発言をサラリと言う。

どうやら話を総合すると、ぼくが地図を見て細いと思っていた部分が、ご主人の認識ではもうちょっと太くなっているということらしい。



より大きな地図で 東京都西多摩郡瑞穂町二本木本当の県境 を表示

ということは、さっきの東京都横断、本当は横断してなかったということか……。


ぬか喜び

県境らしいポイントを教えてもらう

青ざめるぼくを尻目に、ご主人はいろいろ説明をしてくれた。
−−「あそこ、道路の真ん中の線が途中できれてるでしょ、あそこが県境で東京都の管理が終わってるから、線が切れてるんだよ」


東京都の管理が終わっている証拠

あ、本当だ! 道路の途中で追い越し禁止のセンターラインがぷっつり切れてる! これは実に県境らしい風景だ。こういう分かりやすい県境があると、はるばる電車を乗り継いでやってきた甲斐があるというものだ……。


県境上でお茶を飲むご主人(マウスオーバーで店内県境表示)

−−「ところで、どうしてこのへんはこんないりくんだ県境になってるんですか?」
−−「このへんは昭和33年に越境合併したときにこういうふうに決まったんだよ。それ以来ずーっとそうだからなあ、詳しくはわからないね」
−−「不便はないですか」
−−「いや、特にはないねー」
−−「そうですか」

とりあえず「3秒で東京横断」という目的が、果たせたのか、果たせなかったのか、よくわからなかったものの、道路の途中でぷっつり切れるセンターラインという珍しい物を見れたのでよしとしたい……。

 

やっぱり地元の人は詳しい

帰りの道すがら、野菜直売所にいた地元のおばちゃんにも話をちょっと聞いてみた。


おもわず買ってしまうやすさ 

−−「すみません、この辺の県境を見に来たんですけども、このあたりってけっこう県境が入り組んでますけど、どうしてですか?」
−−「あぁ、この辺はねー二本木って言うんだけど、もともと埼玉県入間郡元狭山村二本木でひとつの村だったの」

−−「埼玉県だったんですか?」
−−「そう、埼玉県だったんだけど、昭和33年に市町村合併が行われたとき、東京都に入るか、埼玉県に残るかで村が真っ二つに割れて、結局二本木の一部が東京都に編入されたのよ」
そうか!さっき、商店のご主人が「越境合併」と言っていたのはこの事だったのか。確かに地図で確認すると「二本木」という地名は入間市にも瑞穂町にもある。

−−「当時は(東京都編入に)反対派、賛成派に別れてもう大変でしたよ、青年団の人が警察に捕まったりして、私はこんなちいさい娘だったけど、ラジオで毎日報道されて大騒ぎでしたよ」
……なんだか横溝正史の小説だと、殺人事件のひとつでも起こりそうだけれども、現実に起った話だ。情報源が「ラジオ」というのもリアルに昭和ですごい。

−−「年配の人だと未だにしこりがある人もいるかもしれないけど、でも、今はほとんどの人はそういうのは関係なく普通にくらしてますよ」
はからずも、旧元狭山村の分村合併騒動について聞き取り調査をしてしまった。フィールドワークってこういう感じなんだろうか?

 

いりくんだ県境は越境合併が原因だった

後日、国会図書館で昭和時代の地図を調べたところ、確かに昭和33年より前の県境はもっと箱根ヶ崎駅に近い場所にあったらしい。


マウスオーバーで、新旧県境を表示します。昭和33年以前の県境は青色。以降は赤色。(国土地理院 1/10000 箱根ヶ崎・昭和27年、小作・昭和27年)

埼玉県に一軒だけ飛び出してる例の場所は、おそらく越境合併のさい、なんらかの事情で一軒だけ東京都に編入された敷地がそのまま残っているのだ。

「3秒で東京都を横断する」という当初の目的が大きく揺らいでしまったが、元狭山村の分村合併の興味深い昔話が聞けたので面白かった。やはり、あやしい境目にはそれなりの経緯が隠されているのだ。


 
 

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation