デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


ひらめきの月曜日
 
カスッカスのタオルの方が水を吸うと思うのだが
コイツが一番凄いと思う。の、だが、全く惹かれる所のない画像だ。

普段カスッカスのタオルを使っているのだけれど、たまにどこかに泊まった際などにフワッフワのタオルがあると、凄い、肌触り良い!
これだけフワッフワなんだから、さぞかし水も吸うんだろう!!

と、思って実際に使ってみると、アレッ?となる。肌触りはいいのだけれど、なんだかあまり水を吸わない気がする。厚みがあるのだから、水を吸う量は多いはずなのに。

貧乏くさいが、使い込んだカスッカスのタオルの方が水を吸うと思うんだ。ちょっと実際に試してみよう。

尾張 由晃



色んな種類を試してみます

カスッカスのタオルという表現を当たり前のように使ったが、通じているだろうか。フワフワじゃなくてカピカピ。それがカスッカスのタオルだ。それの、更に生地が薄い物がよく水を吸うと思うのだ。


カスッカスの薄いタオル
カスッカスの厚いタオル
新品のフワフワタオル

それが本当なのか思い込みなのか、上記の3種類とカスッカスの二つを柔軟剤で柔らかくして試してみようと思う。

 

まずは期待の薄いカスッカス


まずは通常状態で重さを量る。
52グラム。まぁ、そんなもんか。

カスカス状態からどのくらいの水を吸うことが出来るのかで吸水力を確かめてみたいと思う。

いっぱい吸えよー。
びっちゃびちゃ。

吸った、いっぱい吸った。ここから重さを量るのに絞ったのではそのときのさじ加減で結果にばらつきが出そうなので水滴が落ちないようになるまで持つことにした。

こうすりゃいいと思ったけれど予想以上に水滴は垂れ続けて5分くらいずっと持ってて手が疲れてしょうがなかった。だがそれはたくさん水を吸っている証でもある。さて、どれだけ吸ったのか。


さぁ、どうだ。
215!来たッ!!

凄い、215グラムだッ!!って、地味な記事なのでテンションを上げてみたけれど、実際この記録がいいのかどうかは分からない。自分の重さの約三倍の水を吸った。凄い、様な気もするなー。

  重さ 吸水量 吸水率
薄カス 52g 163g 313%

 

普通のタオルも長年使うとカスッカスになる

粗品のタオルのようにすぐにカスッカスになるタオルもあるが、普通のタオルも使っているとカスッカスになっていく。厚さのあるカスッカスタオルだ。


波打ち方がカピカピ感出てる。

一人暮らしを始める時に買ったこのタオル。初めはフワフワだったが俺との10年の暮らしでカスッカスになってしまった。だが、それだけに今は凄く水を吸うと思う。

体感として薄カスこそが最も吸うと思うのだけれど心情的にはこちらにも頑張って欲しい。という愛着がある。


116グラム。

厚カスの重さは116グラム。大きさは薄カスとほぼ同じだったので生地の厚み自体が二倍くらいあるようだ。さて、カスッカスっぷりは大体同じくらいだが、吸水にどんな違いが出るだろうか。

あっ、凄い、重い!って思った。
411グラム!

厚カスタオル、水につけて持ったときは凄く重い。重っ。ってつい言っちゃったほど。その結果は、411グラム。吸った水の量は295グラム。結構吸ったなーという感覚。

しかし吸水率では254%で、薄カスの313%と比べると少し遅れをとった感じ。そもそもの重さが違うがどっちの方が水を吸うか、と言うと薄カスだろう。

厚いものより薄い物のほうが水を吸う。とりあえずの感覚は当たってそうだ。


  重さ 吸水量 吸水率
薄カス 52g 163g 313%
厚カス 116g 295g 254%

さぁ、ならばカスカスとフワフワではどうなるだろう。

吸水量 295グラム
吸水率 254%

お前、柔軟剤使っただろ!?


ここに入れればいいんだよね。
晴れてよかった、ほんとに良かった。

さて、フワフワタオル編。フワフワしてても全く違うタオルを使っちゃうと比較にならないので、同じタオルを柔軟剤使ってフワフワにした。

フワフワしてるけど、厚みがないのでクニャクニャって感じ。

今回初めて柔軟剤を使ったんだけれど、凄いね、これは。あんなにカスッカスだったのがフワフワだ。

けれど、乾燥しきってカスッカスになっているものよりも水分とかを含んでいるためにフワフワなのではないだろうか。そうであればカスッカスの方が水を吸うというのも分かる。


おぉ、全く同じ重さ。

 

そう思って量ってみたらば全く同じ重さ。搾りカスのようなカスッカスのタオルと色々包み込んでそうなフワッフワタオルが同じ重さ。
全く不思議。吸水性はどうだろう。

 

吸水量じゃなくて撥水性か


あれっ、沈んでいかない。

先ほどと同じように水に浸す…が、浸らない。全く水に沈んでいかない。えっ、なにこれ。ビックリした、なに、これ、島?まさかまさか、水を吸う為のタオルとは思えないくらいに水を吸わない。

押し込んでも、浮いてくる。

あぁ、そうなんだ、柔軟剤ってそうなんだ。記事の途中ですが、結論を申し上げます。フワフワのタオルが水を吸わないと思っていたのは柔軟剤により付与される撥水性のためのようです。

知ってた?今まで柔軟剤を使ったことがなかったために知らなかった事実。世の中メリットだらけじゃない。そりゃあ「お前柔軟剤使っただろ!!」って怒る人がいてもしょうがないわ、と思った。


頑張って浸して、含む水の量はどうだろうか。
206グラム。

水を含んだ薄フワタオルの重さは206グラム。吸った水の量自体も薄カスの重さ215グラムと比べるとほんの少し減っているが、おそら 体感出来ない位、誤差の範囲だろう。やはり撥水性が問題か。

  重さ 吸水量 吸水率
薄カス 52g 163g 313%
厚カス 116g 295g 254%
薄フワ 52g 154g 296%

厚いほど撥水性も強力


厚フワタオルはカスカスのときと比べて2グラム減った。なぜ。

もうほぼ結論は出ていると思うが、続けると、柔軟剤の圧倒的な力を思い知った。

水吸わないからぎゅーって押し込んだのに
プッカーって浮いてきて全部水を撥ね退けた。

先ほどの薄いタオルよりこちらの方が撥水力がより顕著。タオルは柔軟剤で柔らかさを得て、吸水性を捨てた。筋肉をつけすぎてスピードを失い、敵に攻撃が当たらなくなった漫画のキャラを思い出す。タオル!おめぇの本質はなんだ!?

無理やり水を吸わせまして。
400グラム、こちらも微減。

厚フワの方も厚カスの吸水量295グラムと比べると286グラムと微減。誤差の範囲内かもしれないが柔軟剤を使った方が両方微減しているので水を含む力にも多少は影響があるのかも知れない。

  重さ 吸水量 吸水率
薄カス 52g 163g 313%
厚カス 116g 295g 254%
薄フワ 52g 154g 296%
厚フワ 114g 286g 250%

 

圧倒的!新品フワフワ


吸水満足!てタグに書いてある。

そうかそうか、フワフワが水吸わないと思っていたのは柔軟剤のせいだったんだな、ならば、柔軟剤使ってないフワフワ、新品のタオルならばどうなのか。タオルの名産地らしい今治製とかいうなんだかよさげなタオルを買ってきてみた。

お、厚フワと全く同じ重さだな。

今までは新品のフワフワさも柔軟剤によるフワフワさも一緒くたにして吸わないだろうと思ってきた。実はフワフワにも、質があるのか。

あっ、凄いわ。
水吸いすぎてブレた。

どうだろう、と思って水につけた瞬間違いが分かった。新品のタオル物凄い。貪欲に水を吸ってる。ジュワーってなってる、すっごいジューシー。タオルなのにジューシー。

さっきのタオルとは餃子と小龍包位の違いがある。なにこれ、凄い。


561グラム!!!

なんと、561グラム!吸水率392%!恐ろしい数字がたたき出された。吸水量は447グラム。厚カスの297グラムと比べると、同じ重さのタオルで含んだ水の量に1.5倍もの差があるのだ。

カスッカスのタオルの方が水吸うと思う。とか言っていたのがチャンチャラおかしくなるレベルの差。圧倒的だ。

 

凄すぎて凄さがわかっていなかった


  重さ 吸水量 吸水率
薄カス 52g 163g 313%
厚カス 116g 295g 254%
薄フワ 52g 154g 296%
厚フワ 114g 286g 250%
新品フワ 114g 447g 392%

こう見ると、傾向がはっきりと分かる。何よりも新品のタオルは凄く、そして柔軟剤を使ってフワフワさせているものよりはカスカスの方が
水を吸う。ということだ。

カスカスの方が水を吸うと思っていたのは新品と柔軟剤の質の違いに気がついていなかったから。というのと、新品のタオルは水を吸いすぎるのだ。

同じ事をしていても汗っかきの人のほうが必死でやってるように見える様に新品タオルだと薄カスタオルの限界レベルまで水を吸ってもまだまだ余裕、余裕過ぎて水を吸っているという実感が薄いのだ。

かなり納得のいく結果が出たが、まだ、まだ僕はカスカスを信じている。カスカス…

 

これがカッスカスなんだ!

薄カスタオルはもっといけるハズだ、他の薄カスならもっと吸えるかも。他のカスカスな布を手に取った。


うん、薄くてカスカスだ。こいつで挑戦してみよう。

凄く軽いね、薄くてカッスカスなお陰なんだ!!

ほーんとにコレが水を吸うのかなぁ、試しに水につけてみると、 おーっとぉ、グーングン水を吸っていくよ!!

なんと驚きの368グラム!10倍もの重さになっているよ、 えっ、それじゃどのくらい水を吸っているか分からない、だって!?

ほーら、こうしてみると分かるかな、こーんなに薄くて軽いのに、 こんなにたくさんの水を吸い込んでいたんだ!そしてまだまだ、 これだけじゃないよ!!

子供がジュースなんかをカーペットにこぼしちゃう、こーんな困ったこと、 良くあるよねー。

あーぁ!こうなったらもう、お手上げさ!大きなカーペットならクリーニング行き! 頭の痛い問題だね!!

だけど、シャムワウがあればもう大丈夫!

上からかぶせて叩くだけ!たったのこれだけなんだ。

これだけで水分はもちろんのこと、汚れまでもぜーんぶっ 吸い取っちゃう!

ほらっ、裏側を見てもこの通り、シャムワウ、これ一枚で 大丈夫!

もちろん、耐久性に優れているので何度でも使えるので経済的!使い道はこれだけじゃなくて バスマットや愛犬のシャンプードライに、タオルとしても使ってもらえるよ!


やっぱりシャムワウ!今だけ、特別価格で…って、何の話でしたっけ。


 
 

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation